お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い ■大阪店編

これから使えるキッドモヘヤ混のレディーなスーツはいかがでしょうか♪

 5月も下旬へ差し掛かり、日中は汗ばむ程の気候ですね。
少しずつですが確実にの気配を感じる今日この頃♪
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、これからの季節といえば クールビズ ですね!年々時期が早まっているようですが皆さまはどのようなスタイルで過ごされていますか?
ここ数年コットンパンツなどのカジュアルなスタイルに注目が集まっていますが、何かしらの行事や人前に出る際にはやはり、
キチッとしたスーツ姿でという方も多いのが実状。
真夏は除くにしてもボトムス単品、というよりシチュエーションに合わせてスーツで揃えておく方が実は便利だったりもしますよね。

今回のお客様いらっしゃ〜いでは、そんなクールビズスーツとしても活躍間違いなし!のU様のスカートスーツをご紹介したいと思います。

U様は今回で2着目のご注文です♪ありがとうございます!
2着目のご注文は1着目に作ったスーツが基準になるので、生地選びや仕様が前回からどのような変化があるのかそんな目線でもご注目を頂けたらと思います。

早速、今回のU様のご注文内容を見ていきましょう♪

■ ご相談内容 ■

U様:「今回は夏物スーツをお願いしたいです。冬物は紺色で作ったので春夏は気分を変えて違う色にしてみたいなと♪黒では暗いので、次はグレーが良いかなと考えています。
市販の物ではなかなか、これっ!というのが見つからなくて。。。前回作って頂いた冬物のスーツをとても気に入っているので、次は春夏用を揃えたい決めていました。
とにかく夏らしい爽やかな印象に仕上げたいです。宜しくお願いします!

というU様のお想い・・・・しっかりと受け止めました!!

そうですよね、これからどんどん暑くなる季節ですから着心地だけでなく見た目も爽やかにキメたいところ。

そう、スーツの第1印象で大事なのは、なんと言っても生地です。
リピーターのU様ですがサンプル帳だけでなく、やはり実際に生地を見て選ばれたいとのことで、今回ご来店を頂きました♪
(※実際に鏡の前で生地を当てながら思案すると、新しい発見やイメージが沸くものなのです。)

そんなU様、今回はストライプ柄が気になられたご様子♪
グレーのストライプ柄でいくつか生地をピックアップされました。

グレーといっても色味は様々。
深い色は落ち着いた雰囲気に成りますので職業柄、立場上、あえて濃いグレーをお選び頂く方もいらっしゃいますが
U様の場合はわりと自由にお選び頂ける職場とのことですので、思い切って明るいグレーをセレクト致しました!
色白の肌にぴったりはまっておられましたよ!!!

それではお選び頂いた生地をご紹介致しますね〜♪



使用した生地は?・・・

 

生地・・・葛利毛織 キッドモヘヤ混グレーストライプ
(品番:G3061) ウール78%  モヘヤ22%

>>>夏生地として人気のモヘヤ混素材です。
薄いグレーに白の太めに入ったストライプがポイントになり、おっしゃれ心をくすぐります♪黄がかったライトグレーですので、日本人の肌にも合いやすい色味です。
また、モヘヤ混の素材は光に当たると上品な光沢が出ます。
適度な厚みがあるので立体的な仕上がりを期待出来ますよ♪さらっとした着心地ですので夏生地として人気の素材です。


★☆★ レディース担当上條より一言・・・ ★☆★
モヘヤってなんだか暑いイメージ、、、夏素材に適しているの?とお客様から質問を受ける事もしばしば。ふわーとしたニットを思い浮かべる方が多いですよね!
ですが、このモヘヤ夏素材としてとても相応しい素材なのです。 モヘヤの原料はアンゴラ山羊の毛ですが、U様が選ばれた生地は子ヤギから取られるキッドモヘアで、通常の物より細く柔らかい質感のため、高級素材とされています。
ウール100%に比べ熱を逃がしやすく、ひんやりとした着心地を生み出します。元々糸の太さが違うモヘヤとウールは混紡して生地を織る際に必然的に空間が出来ます。それによって空気を取り込みやすく湿度が多い時期にも適していると言えるのですね♪

続きましてデザインです。
今回は生地に存在感がある分、デザインはシンプルで上品な印象に仕上げる意向になりました♪


デザイン

   
○○○ ジャケット ○○○

■基本デザイン・・・シングルテーラード2つ釦
>>>ビジネスシーンの定番の2釦に決定です。
ウエスト位置を高くすることで重心が上になり、バランスもよくなります。
シンプルなデザインこそシルエットやバランス感が重要となりますね!

■衿・・・ テーラード衿
>>>定番のテーラード衿は、ゴージラインを高くする指示でスタイリッシュにしていきます。


■腰ポケット・・・両玉フタ付き
>>>腰ポケットを両玉フタ付きにすることでフタを中に入れたり出したりしてお使い頂けます。
是非、デザインの変化を楽しんで頂きたいです♪

■ボタン・・・本水牛ボタン
>>>今回は生地自体にある光沢に合わせ、ツヤ有りのボタンにしました。
また色は焦げ茶をチョイス。このような濃いカラーは全体の印象をぐっと引き締めてくれます。

■ベント・・・サイドベント
>>>既製服では多く見られるセンターベントが主流なのでは!?と思われる方が多いと思いますが、サイドベンツも密かに人気です。
センターベントに比べベンツの収まりがよいので、身体にフィットしたラインを作り出せます。
また後ろ姿のウエストラインも綺麗に出る点にも注目です!



○○○ スカート ○○○
■基本デザイン・・・両サイドボックス
>>>前回U様はタイトスカートをお選び頂いておりましたが、今回はデザインを変えてボックスプリーツスカートにしてみました。
裾が広めのデザインなら夏の暑さの中でも風を取り込みやすく、生地の足へのまとわり感が軽減しますよ♪

また、前後にボックスが2本ずつ入るデザインなので足裁きも良くアクティブな動きが多い方にもオススメのデザインです。




★☆★ レディース担当上條より一言・・・ ★☆★
スカートのデザインを変えるだけでスーツ全体の印象は大きく変わります。タイトスカートは凛とした女性像、ボックスプリーツは女性らしく柔らかい雰囲気になります。
この時期のオーダーは夏のボトムとしての単品使いを視野に入れたスーツスタイ ルがオススメです♪
上着に比べ消耗する時期が早いボトムスはスーツスタイルを長く楽しむ為にも上手に付き合っていきたいところ。頻繁にお召し頂く方にはスペアのボトムを作られるのも手ですよ♪
季節や用途に合わせデザインを選び、自分ならではのTPOに合わせた着回しを楽しむのも大人の女性ならではではないでしょうか♪


と、この様にデザインが決まったU様のスーツ。。。
果たしてどう仕上がるのでしょうか。

太めのストライプが効いてハッと目を引くスーツになりそうです!!!
次回のお客様ありがとう!にてご紹介致しますので、
どうぞお楽しみに〜!


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.