お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い ■東京店編

 憧れの人と同じコートを!

 早いもので今年も残すところあと2ヶ月を切りましたが、読者の皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

さて、前回の更新からだいぶご無沙汰してしまった本コーナーですが、この度久々に更新するのにふさわしい、気合の入ったオーダーをいただきましたのでご紹介いたします。

遡ること、、、 数ヶ月前、1通のメールから始まりました。

■2012.05.15 件名:コートについて■
はじめまして。お忙しい中いきなりのメールで失礼いたします。
コートのオーダーについての質問なのですが、
新撰組の土方歳三が着用していたコートが欲しくてネットで調べていたところ、御社のお客様ありがとう!というページに行きつき、いいなぁと思いました。

(中略)

ベストやズボンはいらなくて、コートだけ欲しいのですがそれは可能でしょうか?
(要するに土方歳三のフロックコートをレディースにアレンジ?出来るのか?ということでしょうか・・・)


★☆★ レディース担当小原より一言・・・ ★☆★
なんと!およそ150年前に活躍したあの新撰組の土方歳三が着ていたコートを、しかもレディースにアレンジしたい!?

土方歳三って、  あの 土方歳三!?

とにかくもう少し詳しくお話を伺いたいということで、後日Aさんにご来店いただきました。
お話を伺うと、なんでもAさんは土方歳三の大ファンだそうで、Aさんのバックからおもむろに出てきたのが、、、まさに!あの土方歳三の写真でした。
その他、インターネット上で紹介されていた復元コートの写真数点も。

むむむ、この感じ、以前にもどこかで・・・
そう、当店のメンズサイトでも以前土方歳三のコートを仕立てたいというご注文をいただいたことがあったのです。

「きっとレディースでもできる!」と、当店のベテランスタッフ三谷がお客さまを向かえ撃ち(?)ました。

※興味のある方は是非メンズサイトのお客様ありがとう!「明治維新!?」もご覧ください。



 ■ 生 地 ■

 
ウールサージ
 
(品番:18156-2)
>>>こちらはサンプルには掲載していない生地ですが、シンプルなネイビーのウールサージです。
サージというのは表面にクリア加工(毛羽をなくす加工)を施した綾織の生地のことで、学校の制服などに使用されることも多く、丈夫な生地としても知られています。
こちらのウールサージは程良く毛羽を残してあることで手触りがよく、暖かそうな印象がコートにぴったりです。


 ■ デザイン ■

ダブル仕立て
セミピークドラペル
上衿別生地(ベルベット)
腰ポケット・・・ナシ
(代わりに内ポケット左右付き)
バックデザイン・・・センターベント
袖口デザイン・・・筒袖
裏仕様・・・総裏

こちらがAさんに見せていただいたイメージ画像です。
Aさんは正確に復元したいということではなく普段使いコートとしての着用が目的でしたので、デザインの要となる部分は写真に基づき、細かい仕様は普段使いしやすいものにアレンジしています。


■ デザインのポイントは・・・ ■
   
★ 巾広のセミピークドラペル ★

>>>写真で一番目に止まるのが巾の広いセミピークドラペルです。
写真から推測して13〜14cmあるでしょうか?かなり広めです。
Aさんもこの衿の感じは写真に近いものにしたいとのこと。

「鬼の副長」と恐れられた土方歳三らしい力強いデザインですね。

   
★ 上衿別生地 ★

>>>白黒の写真をよく見ると、上衿はどうやら身頃よりも色の濃い別生地を使用している様子。
写真からでは生地の素材は分かりませんが品格のある全体のイメージからベルベットをチョイスしました。

なんだか、、、らしくなってきましたね♪


★ 扱いやすい膝丈&センターベント ★

>>>写真では椅子に座っているので着丈がわからないのですが、土方歳三のコートがショート丈のはずもなく、、、
扱いやすい膝丈にしました。
また、バックデザインにはセンターベントを入れることに。
きっと刀を差すにはセンターベントが必要だったはずですから。


。。。以上が、Aさんからご注文いただいた土方歳三モデルのコートです。

皆さん、いかがでしたか?

単純にそっくりなコートを作りたいということではなく、普段使いできるようにアレンジを加えたいというのがAさんのご要望ですが、なにぶん、完成品のイメージはAさんがお持ちになった写真のみ。
工場にも「衿巾など詳細不明な点はバランスを見て調整して下さい。」とお願いして、
いざ縫製がスタート!

ヨシムラらしい手触りの良い生地を選んでいただいたので、見た目だけではなく着心地も良いものに仕上がりそうです♪

この仕上がりは次回のお客様ありがとう!をお楽しみに(^0^)/


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.