お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い ■東京店編

 演奏会♪オーダーならではのステージスーツで

 時々限定的な目的のためのオーダーをいただくことがありますが、今回東京店でご紹介するお客様は指揮をするときのスーツをご注文頂いたGさんです。

きっかけは1本の電話からでした。

「指揮をするときのスーツをオーダーすることはできますか?」
。。。というもの。

指揮をするときの服装というのは、決まった制服があるわけではありませんが、いくつかポイントがあり

・舞台に上がるのにふさわしいフォーマル感がある生地
・指揮は上半身は激しい動作を長時間行うので、疲れないスーツ

、、、ということがポイントになります。

ひとまず、もう少し詳しくお話を伺うためGさんには実店舗までお越し頂くことになりました。

★☆★ レディース担当小原より一言・・・ ★☆★
オーダーは初めてというGさん。
お話を伺ってみると既に既製服でいくつかスーツはお持ちとのことで、今回はせっかくのオーダーなのでフォーマル感や動きやすさはもちろんのこと、オーダーならではの1着をお作りになりたいという思いを語ってくださいました。

それでは早速、そのこだわりのご注文を、ご来店時のやりとりを交えつつご紹介いたします。

小原 >>> 指揮をなさる、ということですが・・・

Gさん >>> はい。合唱団の指揮をするんですけど、もう既に何着か指揮用のスーツは持っているんです。
ただ、それももうだいぶ着てしまったし、新しくするならせっかくだからオーダーしてみようと思って!

小原 >>> ありがとうございます!
やっぱり生地はストレッチが効いているものがいいですよね?

ブラックの無地で、ストレッチの効いた生地なら気に入っていただけるかな・・・?
折角オーダーしてくださるんだから、「オーダーしてよかった」と思っていただけるような着心地でお応えしたいなぁ、、、

Gさん >>> そうですね。折角なので、いろいろ生地を見せてもらっていいですか?

オーダーに興味津々のGさんは、いろいろな生地をご覧になりましたが、生地を選ぶときに印象的だったのが

 「遠くから見たらどう見えるのか?」

ということをポイントにしていたことでした。

いくつかご覧になった結果、遠くから見ると柄物も無地のように見えるということから無地のストレッチがかなり効いている生地に決定しました!



 ■ 生地 ■

 
TEIJINコンジュンク
 
(品番:15009-5 黒)
>>>シワになりにくく、トロンとした落ち感のある生地です。
また、2way(タテ、ヨコ)のストレッチがかなり効いているのもポイント!
フォーマルな印象でこれだけ動きやすいこの生地は、まさに今回のオーダーにぴったりです。


 ■ デザイン ■

小原 >>> 次はデザインですが、、、

Gさん >>> 丈を長くしたいんです。
お客さんに背を向けて立つので、手を上げてもお尻が隠れるくらいに長く。
それから、指揮をしていても中のシャツが出てきたりしないようにしたいので、パンツスーツを考えているんですけど。

小原 >>> なるほど、、、では、丈は採寸の際に見本のジャケットを着ていただくのでそのときに細かく決めましょう。

丈が長いのでセンターベントを入れましょうか?
ボトムの方は、中のシャツが出てこないようにということでしたら、ウエスト履きのパンツが一番安心ですよ。

Gさん >>> そうですよね、ウエスト履きにします。


★☆★ レディース担当小原より一言・・・ ★☆★
当店のローライズパンツは、後ろ股上が深くなっているのでしゃがんでもシャツが出にくく安定感のある履き心地ですが、今回はウエストからお尻までジャケットですっぽり隠れてしまうので、流行のローライズよりも目的に相応しいウエスト履きをおすすめしました。

小原 >>> 裏地なんですが、、、指揮って結構身体を動かして暑くなりますよね、背抜きにしますか?

Gさん >>> そうですね。その方がいいです。

小原 >>> 素材も吸湿性のあるキュプラがおすすめですがいかがですか?

Gさん >>> キュプラにします。

小原 >>> ありがとうございます。

小原 >>> 衿はテーラー衿が定番ですが、どうなさいますか?

Gさん >>> そうですね〜。。。


衿についてはかなり悩まれたGさん。
デザインを決めていくうちに全体的にメンズライクなフォーマルウェアの印象が強くなってきていたので、紳士のフォーマルウェアのお写真をお見せしたところ・・・

小原 >>> このショール衿はどうでしょうか?ドレッシーな印象もあって素敵ですよ!

Gさん >>> いいですね、この感じ!

Gさんに気に入って頂けて良かったです

小原 >>> 衿は別生地を使ってツヤっぽくすることもできますがいかが致しますか?

Gさん >>> そうして下さい。生地はお任せします。

小原 >>> かしこまりました。


★☆★ レディース担当小原より一言・・・ ★☆★
細部に渡って、「演奏会用だからどうしたらいいのか」ということを念頭に仕様を決めていったGさん。
打ち合わせが終わる頃には、Gさんも、演奏会の舞台の上に立つGさんの姿が目に浮かんでいたと思います。

最終的なオーダー内容はのようになりました。


シングルテーラード3つボタン、ショール衿
>>>通常の3つボタンですと、ボタンの位置がバストトップ位まで上がってきますが、今回はメンズライクな印象の為、第1ボタンの位置を低めに設定しました。
また、フォーマル感を出すためにショール衿には光沢感のある別生地をお付けしています。

内ポケット
>>>ステージの上に立つときポケットがゴロゴロしていては格好悪いので、ちょっとした物を入れるための内ポケットを付けました。

胸ポケット・・・箱ポケット
>>>スーツでステージに上がるとき、華やかさをプラスするアイテムと言えばブローチやチーフ、お花です。
そうしたものを付けられる場所があると便利ですね。

腰ポケット・・・両玉フタ付き

バックデザイン・・・センターベント
>>>丈が長いのでセンターベントをアクセントとして入れました。

裏仕立て・・・背抜き
>>>ステージの上は照明で暑くなりますし、指揮はハードな作業で汗をかくので、背抜き仕様にして素材もキュプラにしました。

ボタン・・・くるみボタン
>>>フォーマル感のあるくるみボタンを選びました。

ウエスト履きパンツ
>>>シャツが出にくく、万が一お尻が見えてもシャツが見えないよう、ウエスト履きをチョイス。
ストレートライン&センタープレスですっきり!



★☆★ レディース担当小原より一言・・・ ★☆★
今回のオーダーに当たって、紳士のフォーマルウェアのようなデザインは初めての経験でした。
紳士服のスタッフにも相談して、ショール衿の別生地は光沢のあるデラックスサテン(品番:15014-6)に指定。
かなり格好良い仕上がりになると思います。私も出来上がりが楽しみです!!!

それでは、次回の「お客様ありあがとう!」を皆様お楽しみに〜


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.