お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い ■東京店編

 夏場は単品遣いがオススメです!

 毎日ジメジメと蒸し暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今年は各地でゲリラ豪雨があったりと、不安定なお天気が多いですが、鬱陶しい梅雨もあと数週間、気合いで乗り切っていきましょう!

さて、今回東京店でご紹介するお客様は、只今開催中の春夏物@セール でご注文頂いたリピーターのSさんです。

Sさんにはつい先日もご注文頂いたばかりですが、半期に一度のセールということで今回も早々にご来店頂くことになりました。
Sさん、いつもいつもありがとうございます!

お仕事ではベーシックなスーツが多いSさんですが、これからの季節なら明るいカラーも着やすいということで、今回は思いきって「白ジャケット」をオーダー頂くことになりました。

ちなみに、今回のご注文は白ジャケットに合わせるコットン素材のブラウンのパンツも同時にご注文頂きました。

それでは、早速ご注文内容の詳細をご案内いたします。

先ずは生地のご紹介から、、、



 ■ 生 地 ■

白ジャケット・・・2wayストレッチ 白
 (品番:90401-01)

>>>タテヨコにストレッチが利いているのでジャケットはもちろんですが、パンツ、スカートにもオススメです。
動きやすいので、かなりタイト目のシルエットもOKです。

また、白は女性にとって憧れのカラーですが、どうしても汚れやお手入れを気になって、なかなか着る機会がない×××と、いう方も多いと思いますが、今回Sさんが選ばれたこちらの生地はサラッとした肌触りで汚れも付きにくくイージーケアですので、お手入れを気にされていらっしゃる方には安心してお召し頂けます。
素材もレーヨン混紡ですのでシワにもなりにくく水に濡れても乾きが早いので、丁度この梅雨の時期には重宝すると思います。

続いて白ジャケットに合わせたコットンパンツの生地はコチラです。

 
コットンパンツ・・・
 ORMEZZANO コットン&カシミヤ混 ブラウン

 (品番:CO9138)
>>>夏の定番素材コットンと柔らな風合いのカシミヤをブレンドした、とっても上質な生地です。

夏の暑い日には天然素材の着心地は何とも良いものですよね。
色目も濃すぎず、薄すぎずで今回の白ジャケットともピッタリです。

 
Ormezzanoは、現在サンプル帳で掲載はしておりませんが東京店の店頭で現物は展示しておりますので、ご興味のある方は店頭にてご覧下さい。
夏らしい素材感とカラーをご用意しております。
(ちなみに、Sさんが選ばれた生地ですが、丁度今回のご注文で完売になってしまいました。ご紹介しておきながらすみません、、、)

続いてデザインのご紹介をいたします。



 ■ デザイン ■

基本デザイン ・・・ シングルテーラード 2つボタン
>>>今回は生地が2wayストレッチですので、タイトシルエットのパターンを使用しました。

襟型 ・・・ テーラー衿 7p

腰ポケット ・・・ 両玉フタ付き ハッキング
>>>ナナメにすることでウエストからヒップにかけてのラインが強調されます。

袖ボタン ・・・ 4つ 本切羽
>>>夏場は袖丈で着心地が変わってきますので、冷房対策には長袖として、暑い日には袖をまくって着用すると涼しくなりますね。

センターベント

ボタン ・・・ 貝ボタン
>>>今回は黒蝶貝のボタンを使用しました。
いつもは質感の良い水牛ボタンを合わせることが多いですが、今回は生地が白と明るい印象ですので、黒蝶貝で夏らしく涼しげな雰囲気にしました。
貝ボタンは高級感もあるので、仕上がりの印象も変わってくると思います。
(実際の出来上がりは次回紹介しますので今しばらくお待ち下さい。)

裏地 ・・・ キュプラ裏地 総裏
>>>白は透け感が気になる、、、という方は多いと思います。
Sさんもその部分は気にされていましたので、今回は表地に影響が出ないようにオフ白を総裏でお付けすることにしました。

夏場は背抜きが一般的ですが、裏地が途中までというのは見た目にもキレイではありませんで、表地が薄手のものや明るい色の場合は通気性の良いキュプラ裏地を総裏でお付け頂くと後ろ姿もすっきりとキレイに見えます。

パンツ ・・・ ローライズタイプ
>>>いつもブーツカットを履かれているSさんですが、今回のパンツはコットン素材ですので、仕上がりにややハリが出ることを考慮しいつもより裾口の広がりを控えめにしました。
...とはいってもシルエットはブーツカットですが、、、



☆★☆ レディース担当三谷より一言・・・ ☆★☆
女性のスーツ、ジャケットスタイルは着丈がとても重要です。
Sさんも今回はスーツではなくジャケット単品として着回しするため、スーツのジャケットよりやや長め(2〜3p)にしてどんなパンツとも併せやすい着丈にしました。

スーツの場合は上下同じ生地ですので着丈が短めでもそれ程ヒップの部分は気にならない(目立ちにくい)ですが、上下別々の生地(色)になるとジャケットの丈が短いとヒップ部分が気になってしまいます。
ですので、スーツの時よりやや長めにしておくとボトムとのバランスも良くヒップ周りも気にならず、着回しし易くなります。



。。。以上が、Sさんの白ジャケット&コットンパンツですが、いかがでしたか?

普段はスーツスタイルの方も夏場は軽装になることが多くなると思います。
そんな時、見た目にも爽やかな白ジャケットは着回し力も◎ですので、夏のコーディネートに重宝すること間違いなしです!

最後にちょっと一言・・・
実は今回Sさんからは、上述のご注文の他、セールの目玉商品メンズの短尺生地からもピックアップしていただき、黒ジャケットとストライプのパンツをご注文頂きました。
次回はそちらの出来上がりも合わせてご紹介いたしますのでどうぞお楽しみに!


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.