お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い ■東京店編

 いつものスーツスタイルをアレンジすると?

 6月も半ばになるとジメジメとした陽気が続きますが、読者の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
梅雨時は気分も滅入りがちですが、気持ちを切り替えて乗り切っていきましょう!

さて、今回東京店でご紹介するお客様は、以前からpick upコーナーなどWeb掲載にご協力頂いているリピーターのSさんです。
(Sさん、いつもありがとうございます。)

今回Sさんからは「いつもと雰囲気を変えて。。。」と、いうご要望でご注文頂きました。

....が、実際 ”雰囲気を変える”といっても具体的にどこをどう変えたらい良い?、、、と悩まれる方も多いと思います。

そこで今回Sさんがこだわった部分をピックアップしながらご紹介したいと思いますので、ご参考にご覧下さい。

それでは、早速ご紹介いたしま〜す。



 □■□ いつもと雰囲気を変えるには?・・・ □■□
 
◇ 生 地 ◇
>>>Sさんの普段のファッションは、お仕事柄スーツの着用が必須ということで、メンズ素材でカッチリ系のパンツスーツが主流です

....が、今回は、、、レディース素材をお選び頂きました。

メンズとレディース、素材の違いはいくつかありますが、一番の違いは『ストレッチ性』です。
ビジネススーツでは女性もカッチリとした印象で耐久性のあるメンズ素材を着られる方が多いですが、女性のスーツはシルエットが細身ですっきりとしたタイトシルエットが好まれますので、ゆとり量も少なくサイジングします。

そこで伸縮性のあるストレッチ素材でしたらゆとり量が少なくても着心地に影響なく、すっきりとしたシルエットでお仕立出来ます。


◇ パターン ◇
>>>上述の通り今回はレディースならではのストレッチの利いた素材にしていますので、いつもよりタイトなシルエットでもお仕立可能ということで、いつもと違うパターンでお仕立することにしました。

今回は、、、使用したパターンは昨年からご紹介しているパターンオーダーです。

パターンオーダーの特徴としては、全体的にシルエットがタイトになります。



その他、特徴としては、、、

袖幅かなり細め
>>>出来上がりがすっきりして見えるポイントは、ウエスト周りをタイトにすることはもちろんですが、横から見たときのシルエットも重要です。

身幅だけタイトにしても袖がだぼっとしていてはアンバランスになってしまいNGです。

そこで身幅もタイトに、更に袖幅も細くすることで全体的に細身のすっきりとしたシルエットになります。

   
バストのゆとりはしっかりキープしつつタイトなウエストライン
>>>女性はバストとウエストの高低差があるため、ウエストを絞るとどうしても横に引かれ皺が入ってしまいますが、今回はウエストからバストにかけてナナメにダーツが入るパターンですので、バストは立体的に、ウエストは無理なく絞れ綺麗なシルエットがキープ出来ます。


◇ ボタン ◇
>>>ビジネススーツには、ボタンもあまり華美にならないように天然素材の本水牛ボタンを合わせます。

今回は、、、紺ブレなどに使用されるメタルボタンにしました。




◇ ステッチ ◇

>>>ビジネス用で一般的なのは生地と同系色の糸色でキワにポツポツと入れるステッチです。

今回は、、、糸色をグレーに、キワから6mm内側にステッチを入れました。

画像のステッチは糸色を変えていますが、キワに入れていますのでそれ程目立つ仕上がりではないです。
今回は生地が黒ということで元々ステッチは映える色ですが、更に糸色を変えて内側に入れることでステッチの存在感がUPします。



。。。と、今回は生地、ボタンetc・・・と変えてみましたが、最終的にはこのようなオーダー内容でお決め頂きました。


 ■ 生 地 ■

◎生地・・・ストレッチ ヘリンボーン 黒 (品番:35013-3)

>>>テンセル・コットン混紡のストレッチ入り生地です。
テンセルもコットンも素材の特徴としてはシワになりやすい面もありますが、どちらも春夏用にオススメの素材です。
肌触りもサラッとしていて、コットンですがシルクのような光沢感があります。
コットンの持つカジュアルなイメージとはちょっと違い、ドレッシーな印象になります。
また、よ〜く見ると細かなヘリンボーン柄になっていますので、真っ黒な無地スーツではなくシルキーでお洒落な仕上がりで、ON・OFFどちらにも使い易い生地です。
アイテムもスーツ以外にジャケットやボトムと、幅広くお使いいただけます。



(フラッシュなし)


(フラッシュあり)

 ■ デザイン ■

シングルテーラード 1つボタン
テーラー衿
腰ポケット フタ付きボタン留め
4つボタン 本切羽
タイトスカート

。。。以上がSさんのスカートスーツでしたが、ボタンやステッチなど部分的に変えるだけでも出来上がりの印象は変わってきますので、皆さんも”いつもと雰囲気を変えたい”という時は、是非参考にしてみて下さい。

次回は出来上がりの画像も交えご紹介いたしますので、お楽しみに!!


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.