お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い ■大阪店編

 真っ赤なハリスツィードに一目惚れ!

 はじめまして!! 大阪店レディース担当の花市です。
5月に入社し、6月は東京店での研修で三谷先生の下、愛のムチでビシビシ鍛えられ、7月から大阪店レディースを担当させていただいております。


お洒落は若い頃から(今でも若いのですが。。。)ず〜っと大好き
トレンドや流行だけでなく現実的な着こなし方など、これから皆さんからのご相談や無理難題にもお答えしていきたいと思いますので、今後とも可愛がってくださいね!
どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、前置きが長くなりましたが、この秋最初のお客様いらっしゃ〜いをご紹介したいと思います。

ご紹介するお客様は・・・
 今回Webデビュー & ファーストスーツと言うことで、私花市のオーダーをご紹介いたしま〜す!



 ■ 基本デザイン ■



お客さまに「素敵ね」とおっしゃっていただけるようなスーツを作らねばと、ちょっぴり緊張気味ながら構想を錬りました。

メンズのような英国調にするか?
素材は表面感のある濃紺がいいかな?
流行のフォークロアは私にはちょっと甘すぎるかな?
ビジネスライクにブラウンのストライプはどうかな?

、、、なんて悩みながら、あぁでもない、こうでもないと生地を選ぶために倉庫にブラブラっと足を運び物色していました。

その時目に飛び込んできた真っ赤なツィード!!
それも英国ツィードの中でも一番伝統があると言われているあのハリスツィードではないですか?!

ハリスの真っ赤なジャケット!

ピンときました。
それまでの迷いは吹っ飛び、この秋はこれで決まりだ!!とばかりに即決してしまいました!!
女性らしい赤のジャケットを颯爽と着こなして歩く私。。。
イメージは俄然湧きました。

そこでジャケットは赤で決まりと、では併せるボトムは・・・?

これは難問でした。
派手好きで赤好きな私ですが、さすがにこのボリュームある真っ赤なツイードで上下はちょっとねえ。。。
10年前なら着たかな?
イヤイヤ15年前なら迷わず飛びついていたかも!?


とりあえず真っ赤ハリスツイードはジャケット単品にしました。

今回ジャケットは英国の伝統を守って織られた生地なのでボトムも英国らしいチェックで、ジャケットに併せやすく且つ単品使いも出来る黒地の格子に決めました。
パンツだけでは寂しいので今年トレンドのベストをパンツにセットして可愛さUP!するのはどうかな?
年齢を問わず女性は可愛くありたいですものね(実感!)

それではご存知の方も多いかとは思いますが、ここでちょっとハリスツイードについてご紹介します。

 ◆ ハリスツイード ◆
 ハリスツイードとは、数あるツイードの中でもスコットランド北西部にあるハリス島で生育されたチェビオット種の羊毛を脱脂せず紡績した原毛を使い、
これをホームスパン(手織)風にザックリ織り上げた生地を言います。
ハリス島の水が羊毛の染色にも適していて発色が良く、それが独特の豊かな色合いを生み出していることと共に、原毛から油分を取り除いていないため、弱撥水性がありアウトドアのジャケット・コート地としては古くから人気があるんです。

そして、この生地の良さはそれだけではなく、エレガンスとカジュアルといった相反する要素が共存する素材で年齢を問わず着こなせる技ありの生地といえます。

だからツイードの中でも最高級の品質を誇り100年経った今でも世界中の人々に愛され続けているのでしょう。
Harris Tweedのタグは1909年より続く厳しいハリスツイード協会からの試験をパスしたものだけが英国王室から許可された上に十字を配した商標マークが付けられるのです。(もちろん当店でもこちらのタグをお付けします。)





これで赤のジャケットに合わせるアイテムも決まり、私のこの秋のオーダーはスタートです。



▼▼そこで以上をまとめてみますとこのようになりました。▼▼

 □ コンセプト □

ベストとパンツはクラシカルでパンキッシュなブリティッシュトラッド、ジャケットを羽織るとエレガントなソフトトラッドを目指してみました!

 □ ジャケット □


生地 ・・・ 4480-7 ハリスツィードの赤
>>>ハリスツイードは他にも沢山取り揃えておりますのでご興味のある方は、実店舗またはサンプル帳にてご覧頂けます。



基本デザイン ・・・ シングルテーラード 2ボタン
>>> デザインはいたってシンプル、丈はヒップが隠れる程度に長くしました。
具体的には私の身長は163センチで、上着丈は65センチです。

衿 ・・・ 8.5センチ ハイゴージ
>>> 巾広の衿にしました。
肩巾が広いため巾広の衿で目の錯覚を利用して少しでも小さく見せたい乙女心ってやつです。

腰ポケット・・・ 斜めフタ付き
>>> ナナメポケットはエレガントで、バストとウエストの差を強調し、より女性らしく見える効果があります。
私のように自前のボンッキュボンッが望めない女性の強い味方ですよ〜。お試し下さい。


裏地 ・・・ キュプラ裏地 ストライプ
>>> これからのシーズン乾燥して静電気がおきやすくなりますが、キュプラ裏地でしたら安心ですね。
柄の方は表地の真っ赤なハリスツイードに負けない裏地を選んだつもりですが、いかがでしょうか?

袖先ボタン ・・・ 中ボタン 皮(バスケット)ボタン
>>> 通常袖先ボタンは小ボタンになりますが、ツィードのボリュームに負けないように厚みがある大きめの中ボタンを合わせました。

バックデザイン ・・・ サイドベンツ
>>> メンズライクに格好良く着たい時や、カジュアルにデニムパンツと合わせたい時などは、サイドベンツが良いですね。
なぜカジュアルかと言いますと、元々ベンツはに乗るときに便利なように割れているものだからです。

サイズ・・・ こちらは三谷さんに採寸してもらったサイズを元にオーダーです。
自分のサイズは結構難しいものなんです。
もう少しスリムに。。。もう少し格好良く見えるように。。。欲望は限りがありません。

 □ ベスト □


生地 ・・・ 4626-1 黒地に赤×青の格子柄

基本デザイン ・・・ ダブル4つボタン
>>> フロントカットのデザインはシンプルに横に真っ直ぐ。
他にはフロントがV型や丸味を帯びたデザインもお選び頂けますので詳しくはこちらを↓ご参照下さい。

詳しくはHP上のオーダーシートパターン表をご覧下さい。

衿 ・・・ ショールカラー
>>> 今回のコンセプトはクラシカルでパンキッシュトラッドなので、チェック柄+ショールカラーにしました。案外クラシックな雰囲気に仕上がりそうで、出来上がりが楽しみです。

バックデザイン ・・・ 飾りベルト丸型ボタン付き
>>> やはりここでは可愛いらしく丸型にしました。
可愛さを取り入れるのもパンキッシュトラッドのポイントです。

ボタン ・・・ くるみボタン 4つボタンダブル
>>> 通常ベストには小ボタンを合わせますが、パンキッシュなトラッドを表現するには少し大きめの中ボタンでくるみボタンにするのも効果的かも。

ポケット ・・・ 腰ポケットフタ付き、胸ポケット左のみの箱ポケット

サイズ ・・・ ジャケットは勿論なのですが、ベストのサイジングはゆとりがなくボディによりフィットしているのでなかなか厄介です。

 □ パンツ □


生地 ・・・ 4626-1 黒地に赤×青の格子柄

基本デザイン ・・・ ストレートに近いブーツカット(ヒザ巾は裾口の−0.5)かなり細身のシルエットで、裾を3.5センチ巾のダブルに拘ってみました。

前あき ・・・ ボタン止め、持ち出し付き

センタープレス ・・・ 有り

これでオーダーは完成です、ヨシッと!


あとは工場さんお願いします。
本当に自分のものひとつ作るにも大変です。
ただ今回はかねて念願の赤のジャケットが着られそうで、今から本当に楽しみです。

完成しましたら、ぜひこのコーナーでご紹介しますので、指折り数えて待ちたいと思います。


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.