お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 白&ネイビーで爽やかなコーディネートはいかがですか?

 新緑が目に眩しい季節になってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
一年の中で今が一番過ごしやすい時期ですが、あと1ヶ月もすれば鬱陶しい梅雨になってしまいますし、お洒落を楽しむには今が絶好のシーズンです。

街中で見掛ける服装もどんどん軽快になってきて、白やピンク、ブルーなど夏を連想させるようなカラーが多くなってきましたが、白とネイビーの組み合わせなんてまさにマリン風で夏の海にピッタリのイメージですね!

。。。ということで、今月は「白ジャケットにネイビーのパンツを合わせて夏らしいお洒落を楽しもう!」という発想のもとオーダーされたリピーターのIさんをご紹介したいと思います。

Iさんはお受験スーツをオーダー頂いたのが最初のきっかけで、それ以来当店のファンになって頂けたようでスーツやジャケットなど色々とご注文をいただいています。(Iさんいつも有り難うございます。)
ご体型的にとても細くて華奢なIさんは、今までは既製品をお直ししたりしながら我慢して着られていたそうなのですが、お直しの必要もなく最初からサイズがピッタリ合った洋服を着られることや、自分の好みの生地で仕立てられるといったオーダーならではの醍醐味をとても楽しんで頂けているようです。

それでは、Iさんのご注文をご紹介いたしま〜す。

まずは白ジャケットからどうぞ!


 ■ 生地 ■

◎ 生地・・・ラメ入りアートピケ(品番:3070-1)
>>>今回Iさんは白ジャケットがご希望と言うことでしたので、私の方で数ある白生地の中からオススメ商品をいくつかピックアップしていたのですが、真っ先にコチラの生地を手に取られ「この生地で!」と即決されました。

素材はコットンですが、コートやジャケットに使用されているような固くて張りのあるコットンではなく、柔らかくて軽い肌触りのコットンなので着心地もとても滑らかです。

見た目の特徴としては、ラメが全体に施されていますが、織り(幾何学模様)と合わさるとラメだけが目立ちすぎることもなくとてもお洒落な印象です。


 ■ デザイン ■

基本デザイン・・・シングルテーラード1つボタン(プリンセスライン付き)
>>>プリンセスラインがウエストのシェイプを強調してくれて女性らしいシルエットになりますね。
短めのジャケット丈には1つボタンがスッキリします。

衿型・・・パネルノッチ (衿幅6センチ)
>>>プリセスライン特有の衿型で、通常のテーラー衿と比べ上衿が広く、衿の角の丸みがとても優しい印象のテーラー衿の1種です。

衿幅は6センチとかなり細めですが、これにもちゃんとした理由がありまして、、、。
通常、衿幅はそれぞれお客様のご体型に合わせて調整させていただいていますが、パネルノッチは元々上衿が広いため、下衿は少し細いぐらいの方がバランスが良いという訳なんです。
ちょうど画像で言うと、このような衿の形になりますね。

腰ポケット・・・両玉(フタなし)
>>>当初Iさんはスッキリした印象にしたいということで、ポケットはなしでも良いとおっしゃっていました。
でも、ポケットってハンカチや切符などちょっとした小物を入れるのにあると便利でなければないでちょっと不便ですよね。
と言うわけで、見た目が一番スッキリしているフタなしタイプをお選びになりました。

ボタン・・・くるみボタン
>>>レディースの生地はカラーも豊富な上、カラフルなプリントや織り柄など種類が多すぎて、中にはボタンを合わせるのが難しい生地もあります。
ボタン1つで出来上がりの印象も結構変わってきますので皆さんも結構慎重に選ばれていますが、今回の生地の雰囲気でいくと、くるみボタンが一番しっくり馴染むと思います。

裏地・・・キュプラ裏地 総裏(オフ白)
>>>夏用ジャケットは涼しさ重視で背抜きにされる方が多いですが、生地が薄手の場合背抜きではインナーが表から透けてしまうこともあります。
今回の生地はそれ程薄手ではありませんが、色目が白ということで念のため総裏をお勧めいたしました。

裏地の色に関しては、表地と同様真っ白をお付けしたかったのですが、白に白を合わせるとかえって目立ってしまうケースもありますので、ここは真っ白ではなくオフ白をお付けすることにいたしました。
分かりやすい例を挙げると、、、
ジャケットでもパンツでも白の洋服を着る時、インナーや下着を白にすると、結構くっきり写ってしまっていたというご経験ありませんか?
オフホワイトやナチュラルベージュなど、なるべく肌に近い色の方が肌と一体になって目立ちにくくなるということですね。



続いて、ネイビーのパンツはこのような内容でお仕立てされました。


 ■ 生地 ■

◎ 生地・・・ウール&モヘアの紺

 ■ デザイン ■

基本デザイン・・・ノータック
シルエット・・・スキニータイプ
>>>1〜2年ぐらい前からスキニータイプのパンツが流行っていますが、Iさんはスリムなご体型ですのでスキニー風の細身のパンツ姿がとてもお似合いになりそうです。
と言うわけで、今回はいつものストレートのパンツとは少し雰囲気を変えて、スキニー風のシルエットでお仕立てされることになりました。

具体的には、ヒザや裾口の幅を従来のパンツよりも狭くして、長さもも足首(くるぶし)までの少し短めの丈にされたのですが、これまでお仕立てされていたパンツのサイズと数値で比較してみるとこのような違いがあります。

  (ストレートタイプ) (スキニータイプ)
ヒザ巾 21.5センチ 20センチ
裾 口 19.5センチ 16.5センチ
股 下 72センチ 65センチ

 ヒザ巾はいつもより−5ミリとそれ程変わらないのですが、裾口が−3センチ、股下が−7センチと、結構大きな違いがありますね。
Iさんのイメージとしては、流行のレギンスとスキニーとを掛け合わせたようなスタイルでしょうか?
いずれにしても、ここ数年主流のブーツカットとは一味違ったトレンドのスキニーシルエットがどんな風に仕上がってくるのか、私もとても楽しみです。



。。。以上がIさんのご注文、夏の必須アイテムNO.1の白ジャケットとネイビーのスキニー風パンツですが、さてどんな仕上がりになるでしょうか?
皆さんも次回の「ありがとう!」をどうぞお楽しみに〜!


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.