お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 組み合わせ色々 暖か〜いファー付きコートのご注文です!

 今年も残すところ1ヶ月を切り、あっという間に一年が過ぎようとしていますが、皆さんいかがお過ごしですか?
今年は11月の後半に入って急に冷え込みが厳しくなったので、慌てて冬支度をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうそう、冬支度と聞いて連想するのがコートですが、この冬当店ではレディース単独のコートのサービス企画を開催しましたところ、お陰様ですぐさま完売となりました。
ご入札いただいた皆さん、ページをご覧になっていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

また、今年は新たにファーの取り扱いを始めましたが、こちらも反響が大きく、たくさんのお問い合わせを頂戴しています。
(ファーのお取り扱いについてはコチラをご覧下さい。)

そこで、今回はせっかくの機会ですから、ファー付きでのコートのご注文例を幾つかご紹介したいと思います。

それでは、まず最初はレディースコートの定番ともいうべきステンカラーコート&ファーの組み合わせをご紹介いたします。



 ■□■ ステンカラーコート +α ファー ■□■

 ■ 生地 ■

◎ 生地・・・アンゴラ 黒
>>>冬場のコート地としてカシミヤに次ぐ人気を誇るアンゴラ。
昔からアンゴラは軽さはウールの1/3、暖かさはウールの3倍と言われていて、とても軽くて柔らかなのにもの凄く暖かいのが特徴です。

 ■ デザイン ■

シングルステンカラーコート ボタン打ち抜き
>>>
レディースコートでは定番中の定番デザインです。
コートは他のアイテムと違って長い年数着用するものですから、デザインも流行に左右されることのないオーソドックスなものが重宝しますね。

腰ポケット・・・シームポケット
>>>
バストからの切り替えを利用した、見た目にスッキリしたポケットです。
ちなみに、ジャケットの場合は、着用時のシルエットを重視されるという理由からポケットを使わない(必要ない)という方も結構多いですが、コートの場合は結構皆さんお使いになっているようです。
外出時寒いときには思わずポケットに手を入れて歩いていたり、電車など利用する際には切符を入れておいたり・・・と、ポケットがあると便利ですからね。


ファー付き・・・ヌートリア 黒
>>>
ヌートリアは、齧歯目(げっしもく)ヌートリア科に属する哺乳類の一種で、見た目、特性共にビーバーに良く似ています。
ヌートリアには滑らかで柔らかい褐色の綿毛と、薄茶色の硬くて太い光沢のある刺し毛が混紡しますが、当店が使用するのは「プラックド ヌートリア」と言って、刺し毛を取り除いたタイプです。
綿毛だけの感触はとっても滑らかで柔らかく、それに軽くて保温力ももの凄く抜群です。
また、黒のファーはコートの黒と馴染んで目立ちすぎず、でもファーの存在感はしっかりとアピール出来ます。



続いての組み合わせは、、、アンゴラのキャメルのコート&ファーの組み合わせです。


 ■□■ アンゴラ キャメル +α ファー ■□■

 ■ 生地 ■

◎ 生地・・・ピュアアンゴラ キャメル
>>> コートはスーツと違い着丈が長い分、仕上がりはどうしても重くなってしまいがちです。
そこで、なるべく軽いコートが欲しいという方は、生地の軽さでは申し分ないピュアアンゴラが一番のオススメです。
アンゴラは「暖かくて軽い」のが一番の特徴ですからね。
ちなみに、コチラのコートの生地は→の色目になります。

 ■ デザイン ■

シングルステンカラー 比翼仕立て
>>>
基本的には1着目のアンゴラの黒と同じデザインですが、少し違った点では前立てが比翼仕立てです。
レディースコートのご注文で比翼仕立てにされる方は全体の3〜4割くらいでしょうか。
女性のお洋服はコートに限らずスーツ、ジャケットともボタンは重要なアクセントで、前立がボタン打ち抜きか比翼にするかで出来上がりの印象も随分と違ってくるものです。

裏地・・・総裏 コート用のキュプラ裏地
>>>
通常、コート用として使用する裏地はスーツ同様キュプラですが、スーツ用と比べコート用は肉厚で地もしっかりしています。
コートは着用年数も長いですから、裏も丈夫な方が良いですね。
ちなみに、コート用のキュプラは表裏の両面使用ができ、色目の濃い方、淡い方のお好きなをお選びいただけけます。

ファー
 ・・・ブルーフォックスでベージュ系
>>>
キツネの中ではもっとも生産量が多いのがこちらのブルーフォックスです。
毛丈の分類では長毛に属し、キツネの中ではもっともシルキーな毛質を持っています。
フォックスは色が豊富で耐久性に優れ保温力が高いことから、アパレル業界でもとても需要が多い毛皮でもあります。


そして、最後はちょっとお洒落な組み合わせをご紹介!


 ■□■ トレンチコート +α ファー ■□■

 ■ 生地 ■

◎ ウールドスキン 紺(伊:ロロピアーナ社製)
>>>ドスキン(=牝鹿の革という意味です)ならではの滑らかな起毛感と素晴らしい光沢感を持ち合わせた、スーツ好きに限らずとも一見して良質なものだと分かる素材です。
その光沢感はカシミヤ以上!肌触りの良さも格別です。
そこそこ厚みのある素材ですので、ジャケットとコートのどちらにもお使いいただけます。


 ■ デザイン ■

基本デザイン・・・トレンチコート
>>>
トレンチは今シーズンも引き続き大人気のトレンドアイテムです。
春や秋は軽やかなコットン素材のトレンチが多いですが、やっぱり冬場は暖かいウール系がいちばんですね。

腰ポケット・・・ナナメ箱ポケットでボタン付き
>>>
コートで一番多いのがこのナナメポケットですが、手が入れやすく使い勝手が良いですね。

共布ベルト付き・・・ウエスト&袖口に共布のバックル付きベルト
>>>
トレンチと言えば、バックル付きの共布ベルトは必須ですね。
前を留めてベルトを締めればきちんとした印象に、また後ろで束ねて小粋で気軽に羽織れるコートにとアレンジ出来ます。

バックデザイン・・・ベンツあり
>>>
コートは着丈が長めになるので、ベンツが入っていた方が足さばきは良いですね。

ファー付き・・・ブルーフォックスの焦げ茶
>>>
こちらのファーも↑のコートと同じブルーフォックスですが、色の違いによって雰囲気もかなり違ってきますので、どんな仕上がりになるかとても楽しみですね。




....と、以上がファー付きコートのご注文でしたが、それぞれどんな仕上がりになるでしょうか?
毎シーズン人気のファーですが、特に今シーズンはメンズファッションでもファーがチラホラ話題に上がっているぐらいの超人気ぶりですから、早く仕上がりが見てみたいですね〜。
皆さんも、次回の「ありがとう!」を楽しみにしていて下さい!

 ☆★☆ お ま け ☆★☆
 今回ご紹介したファーはブルーフォックスヌートリアでしたが、当店ではそれ以外のファーの種類もご用意する事が可能です。
ミンク、シルバーフォックス、ラクーン(アライグマ)・・・etc カラーはファーの種類によって染色も可能ですのでご希望のカラーがございましたご相談下さい。
実店舗ではそれぞれのファーのサンプルをご用意しておりますので、肌触りや毛並み、カラーもご確認いただけます。


また、取り付け式のファー以外にもこんなふうにケープ状のファーも取り扱っていますので、ご興味のある方はレディース担当までお気軽にお問い合わせ下さい。
ちなみに、東京店にはケープの実物もご用意していますので、コートをお探しの方は是非実際に触れてみてくださいね。


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.