お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 オーダーできるかな?念願(?)のPコート

 めっきり秋も深まり日本列島を華やかな紅葉が南下中ですが、皆さんのお近くの紅葉はいかがですか?
紅葉が終わるとあっという間に冬がやってきますから、厳しい寒さに備えてそろそろ冬支度が必要ですね。

さて、恒例となりました「今月のお客さまコーナー」ですが、深まる秋と迫り来る冬の時期にちなんで、ジャケットとコートを一度にご注文頂いたリピーターのOさんをご紹介したいと思います。


 Oさんからは夏頃に「今年の冬はPコートを作りたいです!」というご相談を頂いていて、ちょうど秋風が吹き始め新作のコートが街中に並びだした時期に、生地選びに関するご相談を改めて頂戴いたしました。


 ■ 6.10.12  件名:藤本様 ■

こんにちは。朝晩涼しくなってから約1ヶ月、遊び疲れて少々バテ気味です。

早速サンプルを送っていただき、ありがとうございました。
昨日は夜遅くまで、あーでもない、こーでもないといろいろ考えて楽しみました。
そして、ご相談です。

Pコートの生地は、ツルニエ社の黒と濃紺の混ざったようなのはどうでしょう?
大人のPコートになりますかしら?ほかに何かお勧めはありますか?

マニッシュチェック生地で、ベストとパンツのセットを作ろうかしら!?
あと気になったのは、ツルニエ社のほぼウール地で鮮やかな青の生地です。ジャケットにいいよねー。
全部作るには予算が・・・
もう少し考えて最終的に決定します。

お忙しいところ申し訳ございませんが、コートの件一緒に考えてください。


 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
Oさん、秋冬物のご相談ありがとうございます。
大人のPコートですか〜、何だか響きがとてもカッコイイですね〜!
でも、Oさんのメールを拝見する限りでは、どうやらサンプルではこれといった決め手になるような生地が見つからないご様子です。
う〜ん、、、確かに紺やブルー系でコート地となると、数も限られてきますしね。

そこで早速こんなお返事をいたしました。

 ■ 06.10.12 件名:コートのご相談有り難うございます。 ■

さて、先程はご連絡を有り難うございました。
サンプル帳の方は早速色々と吟味して頂けているようで、有り難うございます。
Pコート用の候補の生地ですが、私もツルニエのソフトメルトンのブルー系はもの凄く素敵だと思います!
品のあるブルーがとてもこなれた感じですし、肌触りも最高に良いですから、私も個人的に凄く好きな生地です。
ただ、コートとしては少々肉が薄いので、真冬の防寒着としてはちょっと厳しいかもしれないですね。
防寒対策として、ライナーを付けるという選択肢もございますが、せっかくのソフトな風合いにわざわざライナーを付けて重みを持たせてしまうのも、せっかくの風合いが損なれそうで微妙ですし、、、。
なかなか悩ましいところですね。

ツルニエもう1つの候補のツルニエのシルクウールのツィードでしたらそこそこ厚みがありますのでコートでも問題なくOKですね。
ちなみにこちらの生地はコート地の候補として人気があります。
飽きが来ず、ベーシックで高級感のあるコートとして永く愛用できそうだからでしょうか。
何せ、今年はこの生地が結構人気があります。

その他、紺色系でお探しでしたらアンゴラヘリンボーン(1479-1)もお勧めですが、これだと少々ありきたり過ぎるというか、無難すぎますか?
(すいません、実は私この色違いの白を持っているので、ついお勧めしてしまいました。)

以上、簡単ですがご返事いたしました。

コートの生地に関しては、実際に生地の現物をご覧いただき、生地の厚みなどもご確認いただいた方が良いと思いますので、また近い内にご来店いただければと思います。

それでは、引き続きご検討の程よろしくお願いいたします。

ご連絡有り難うございました。
オーダースーツのヨシムラ レディース担当:藤本


 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
コート地と言っても、秋〜冬にかけて着る綿などの薄手の物から真冬用の獣毛素材まで色々とありますし、薄ければライナーを付ければ良いかと言えばそれが不向きなケースもありますし、、、。
コート地選びって案外難しいものですね。
Oさんの生地選びの参考に少しは役だっていれば良いのですが、、、。

すると、Oさんより早速このようなご返事を頂きました。

 ■ 0610.16  件名:藤本様 ■

こんにちは。とうとう本格的に風邪を引いてしまいました。
最初は微熱、その次に鼻水、最後はのどです。
いまほとんど声が出せません。流行っているそうなので、お気をつけください。

生地の質問です。
メンズの見本帖の最後のページにのっていた、コットン100%の5種類ですが、他の色はあるのですか?
あの生地の手触りがとてもよく、気に入っています。
ジャケットを作ろうと思います。
以前いいなあと言っていた、ソフトメルトンのブルーはいい色すぎて、どう仕立てたらいいのかさっぱりわからないので、今回はパスしようと思っています。
お忙しいところ申し訳ありません。


 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
ありゃりゃ、Oさん今回コートを作るのは諦めたのかな??
メンズのコットンでジャケットを作る方向でほぼ固まりつつあるようで。。。
いやいや、あんなに前からPコートとおっしゃっていたことだし、出来ることなら念願のPコートをオーダーをしていただきたいな。。。
「よし!ここは一つ頑張ってPコート向けの生地をお探ししてみますか!」

と言うわけで、Oさんにはこのようなご返事をお出しいたしました。

 ■06.10.18  件名:ソンドリオは私もお揃いです。 ■

Oさん、おはようございます、オーダースーツのヨシムラ(藤本)です。
一昨日はご連絡を有り難うございました。

実は私も風邪をこじらせてしまい、昨日までお休みを頂いておりましたが、Oさんはその後お加減いかがですか?
この時期、たちの悪い風邪が流行っているみたいですし、お互い早く体調万全に戻りたいところですね。

さて、お問い合せいただいたソンドリオのコットンですが、あいにく色目は昨日の大阪SHOPMASTERからのご案内通り見本に掲載している色のみです。
でも、カジュアルなジャケットとしてはとても使い勝手が良いので私個人的にもお勧めです。

と申しますのも、実は私も組織違いのブラウンで1着仕立てたのですが、3年経った今でも思いっきり活躍しています。
でも、本音を言えば、併せて作ったスカートとパンツはあまり活躍の出番がなくジャケットだけでも良かったかな、、、といったところですが。
でも、ジャケットはかなり重宝すると思いますので、是非ご検討下さい。

それと、実はまだOさんが紺色系のPコートをお探しのようであればと、倉庫より大変貴重ないわゆる掘り出し物の生地を見つけてきたのですが、、、。

紺色のアンゴラウールでとても軽く毛並みも柔らかなのですが、お値段もコートで63,000円とかなりお買い得の品です。
コートにして2着分取れるかどうかのギリギリの在庫ですので、ひとまずOさんが次回ご来店されるまでお取り置きさせて頂こうと思いますが、いかがでしょうか?

もしくは、お取り置きまではちょっと気が引ける、、、と言うことでしたら次回ご来店の際まで在庫が残っていればご案内させて頂くと言うことで、是非一度は実物を手に取っていただければと思います。

ジャケットかコートか?なかなか悩ましいですが、オーダーされる時期や活用頻度も踏まえながらじっくりとご検討下さい。

以上、取り急ぎコート地のご案内とさせていただきました。
それでは、引き続きご検討の程よろしくお願いいたします。

オーダースーツのヨシムラ レディース担当:藤本


 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆

ふ〜、Pコートの生地はこれで一応は準備できたつもりなんだけど、はたしてOさんがその気になってくれるかどうかだな。。。
Oさん、Pコートへの思い入れが冷めてしまっていなければいいのですが。。。

...などと思っていた矢先、早々にOさんから「今日の午後から来店しても大丈夫でしょうか?」というご連絡がありました。
よっし!やったね〜! やっぱり「思いがけない掘り出し物」というフレーズにOさんもビビっとこられたんでしょうね。
もちろん、フレーズだけではなく肝心の生地の方も掘り出し物と呼ぶに相応しいとても質の良いアンゴラですから、Oさんには一刻も早く見て頂きたかったのです。


そして、その数時間後にOさんがご来店され、生地の確認をしていただきました。

「 Oさん、例の生地というのがコチラなんですけど。。。」とアンゴラの紺色の生地をお見せしながら、実際に手に触れて頂いたところ、「うん、この素材感とってもいいですね〜」とすぐに気に入っていただけました。
ふ〜これでOさん念願のPコートのオーダーが現実となりそうで、私もホッと一安心です。

また嬉しいことに「コートもジャケットも作るつもりなので」とのご依頼です。
↑のメールでも話題に上っていた、メンズのサンプル商品のコットン(ソンドリオ社)のベージュ。
さらには、マニッシュチェックのパンツと白の織り柄のシャツまでオーダーいただきました。
Oさん、たくさんのご注文を有り難うございます!これで秋のレジャー対策と冬支度もバッチリですね。



 ■ そして、ご注文の詳細は以下のように決まりました。 ■

■ アンゴラウールのコート
アンゴラウールのコート Pコート
ナポレオンカラー
>>>Pコートの王道といえばこのナポレオンカラーですが、主にスポーティーなコートなどに用いられます。
上衿は立ち上がってから折り返っていることと、幅広いラベル付きの衿型が特徴です。


ポケット・・・ナナメ箱
ウエストベルト、バックル付き(ハト目なし)
ショート丈

>>>Pコートは膝上のハーフ丈が主流ですが、Oさんの場合はヒップ下ぐらいのとても軽やかな着丈です。
パンツとスカートの両方に合わせやすいスタイリッシュな着丈ですね。

■ コットンジャケット
ソンドリオ生地 BL4327 ソンドリオベージュ
>>>伊ブランドのコットンで、ピーチスキンタッチ(分かりやすく言うとねっとりした感触です)で肌触りは格別です。
また、見た目に起毛感があって少しウオッシュ調の色目なんて、さすがは伊モノと思わせるほど上品な雰囲気です。
BL4327 ソンドリオベージュ
シングルテーラード3ボタン
テーラー衿
アウトポケットで切り替え付き
ベンツなし
胸ポケットなし
4ボタン重ね
総裏で茶色のタッタソールチェック柄
ナットボタン

■ チェックのパンツ
生地 1045-2 マニッシュチェック ブラウン色
>>>秋らしくダークで落ち着いた色調のチェック柄で、トラッドやブリティッシュというイメージにピッタリな素材です。

やや細身のストレート
フロント持ち出し付き
後ろポケット・・・右のみボタン留め
裾・・・ダブル


+織り柄入りの白シャツ





・・・と、こんな感じで今回は一度にたくさんのご注文を頂きましたが、出来上がりはさてどんな感じなんでしょうか?
ジャケットやパンツは出来上がった時期がちょうど着頃ですし、ベルト付きのPコートもとても楽しみですね〜。
上述のご注文内容からも察しがつくように、とってもお洒落なOさんのコートですから、きっと出来上がりも素敵に違いありませんね。
よしっ! 頑張ってお仕立てするぞ〜

それはそうと、今年の冬って暖冬?それとも厳冬?  私達のような商売をしているとこれがかなり売上げを左右するので、本音を言えば今年も昨年同様厳冬であってほしいところですが、、、。

それでは、皆さんも次回のありがとう〜をどうぞお楽しみに〜。


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.