お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 ジュエリーショップさんよりまたもや制服のご注文です!

 昨年、ジュエリーショップ yoshinobさんより制服のご注文をいただき、本コーナーで皆さんにも制服の出来上がりをご紹介させていただいたのが、今からちょうど1年前。
ちょうど昨年の手帳を読み返した時に「yoshinobさんへ外販」との文字が目に入り、『そういえばあの時の制服、yoshinobさんで今でも活躍しているかな〜?』なんてふと思い出していた頃、ちょうどそのyoshinobさんの店長さんからのメールが飛び込んできました。
何でも、今度は夏物の制服をご検討とのことのようで、サンプル帳をお送り下さいとの内容でした。

 yoshinobさんの制服と言えば、元々は大阪は阪急百貨店に勤務される3名の方のご注文から始まったのが最初でしたが、あまりの出来の良さに(自分で言うなって!?)その後は銀座松屋や六本木ヒルズに勤務されている方の制服までオーダーいただけたりと、とてもご贔屓にして頂いているんです。
ブランドのイメージにもろに直結する制服をお任せいただけるなんてとても光栄ですが、しかも2着目のご依頼とはなんとも嬉しい限りです。(^_^)v 
『さ〜、今回も頑張ってお洒落な制服をお仕立てするぞ〜!』

 ちなみに、前回の制服の出来上がりというのがこちらです!
さすがはyoshinobさん、繊細な感性や遊び心溢れるデザインを得意とし、物作りへ対する本物志向を貫き通している一流ショップというだけあって、とてもオリジナルティ溢れるお洒落で可愛い雰囲気の仕上がりでした。



オーダー内容の詳細についてはこちらをご覧下さい。
05.07 ジュエリーショップさんより制服のご注文です!
0508 ジュエリーショップさんの制服が出来上がりました!

それでは、早速2着目の制服の内容をご紹介していきたいと思います。

 yoshinobさんからは前回同様、今回もお手製のイラストをこんな感じでFAX頂いたのですが、前回のが結構インパクトが強かっただけに、今回は比較的ベーシックという印象を最初に受けました。


↓ちなみに、前回の時のデザインのイラストはこんな感じでした↓


前回の時は、フロントの打ち合い(ボタン)なしから始まって、共布のウエストベルト、袖はくるみボタンの本切羽で折返し仕様、腰ポケットのフタツキもちょっと変わっていたり・・・
色々とこだわりの要素が盛り込まれていたのですが、それに比べると今回のは仕様をまとめるのも比較的ラクそうかな。。。(なんてね。^_^;))
きっと今回は夏用の制服と言うことでyoshinobさんの方でもシンプルにまとめられたんでしょうね。

ん??でも、よ〜く確認してみると、やっぱりホラあそこにも ここにもこだわりの要素がしっかり盛り込まれています。
『 う〜ん、やっぱり今回気合いを入れてご注文をまとめるのに取り掛からないとダメそうだな。。。』(そんなんあたりまえやろって!?)


その後yoshinobさんの店長さんとお電話で何度か打ち合わせを重ね、今回の夏物制服の内容は最終的にこのように決まりました。



 ■□■ ジュエリーショップyoshinobさんの夏物の制服はこんな感じ! ■□■

>>>まず最初に生地ですが、宝飾品などを扱うSHOPでは宝石の輝きをより引き立たせるために、ブラックやダークグレー系の洋服を身につけるのがお約束です。
と言う訳で、今回もブラックの生地ですが、今回は夏用で希望されていましたので、春夏物の別冊サンプルの中から薄手のブラックフォーマル素材(品番:9006-3)をお選びいただきました。
こちらの生地は結構薄手で透け感もそこそこあるので、見た目 着心地共にとても涼しげです。
それに、よく見ると無地ではなくドット調の織り柄が施されていたりと、表面に立体感があってなかなか洒落た雰囲気だったりもします。


 ■ デザイン ■

そして、デザインはこのような形で決まりました。

シングルテーラード3つボタン(プリンセスライン付き)
>>>イラストのジャケットのように、ボタン同士の間隔を狭くして、やや真ん中に寄せるようにしました。
最近のトレンドの傾向として、コンパクトなシルエットの3つボタンジャケットは、こんな風にあまり胸元が詰まりすぎていないタイプが多いですが、この方がコンパクトなシルエットとのバランスも良く、それに胸元がスッキリ見えてるので、ブラックでも重たい印象にならずにすみますね。
衿型・・・パネルノッチ
パネルノッチはテーラー衿の一種で、衿全体が少し下を向いているのが特徴のとても可愛らしい雰囲気の衿型です。
テーラードと比べてシャープさにはやや欠けますが、かなりエレガントな雰囲気で、その上どことなくクラシカルです。
クラシカル&エレガントをモチーフにしているあたりが、とてもyoshinobさんらしいですね。

ちなみに、実際のパネルノッチの雰囲気はこのような感じになります。


腰ポケット・・・アウトポケットでフタツキ
イラストのポケットよりもポケットの角を丸くして、可愛いらしさを演出しました。

フロントカット・・・スクエアーカット
裏仕立て・・・背抜きで同色系
>>>今回の制服は夏用の生地で極力涼しいのが前提、、、とは言えデパート内は結構冷房がきいているので、裏地は背中の部分だけ貼らない背抜き仕立てになりました。

袖口・・・スリット&折り返し付き
袖の長さは7分袖で、折り返しても着れるようスリットを深めにお入れしました。
袖部分の見返し(ヘム)も深くとっているので、袖まくりしても裏地が見える心配もありません。
前回の制服はボタンが4ツ付いた本切羽で折り返し付きでしたが、今回はせっかくの夏物ですので7分袖スリットぐらいが涼しげでちょうど良いですね。



。。。と、イラストのジャケットを忠実に再現するとこのような内容になりましたが、イラストに記載されていない項目として、今回もウエストベルトをお付けする事で決まりました。
前回同様ベルト地はジャケットと共布で、ウエスト部分でリボン結びができるような長さになっています。
ただ、前回と違っている点として、今回のベルトには前回のような大きくて目立つベルト通し(ループ)はお付けせずに、今回はジャケットの両脇2ヶ所に糸状のループをお付けすることになりました。
これならベルトをはずしている状態でも全く違和感がありませんので、その日の気分によってウエストベルトを付けたりはずしたり両方の着方が楽しめてgoodですね。


 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
 こうして、yoshinobさんの2着目のご注文が何とか無事決まって、後は約1ヶ月後の完成を待つだけとなりました。
今回もyoshinobさんらしい可愛くて素敵な制服が出来上がれば良いですが、、、。

『 前回の制服は他のお店の方からも可愛いとよく誉めていただいています! 』との嬉しいお言葉も頂戴していることですし、それにちゃんと良い物ができれば今回もまた銀座松屋や六本木ヒルズの方の分までご注文頂けるかも知れないですので、頑張って素敵な制服をお作りしたいと思います!

『 まぁ、そういうことだから、藤本さんくれぐれも良いものを作ってね!』(by 東京店 三谷女史)
、、、ん?これってかなり責任重大?(by 藤本)


それでは、皆さんも次回の「ありがとう!」をどうぞお楽しみに〜。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.