お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 春の新作スーツのご注文です!

 三寒四温の今の時期は気候の変化が激しく体調管理が大変ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
でも、「暑さ寒さも彼岸まで」とさすがは昔から言われているだけあって、これでも日中はずいぶんと春らしくなってきましたね。

さて、春先と言えば女性にとってお洒落を楽しむ絶好のシーズンですが、皆さんは今年の春夏のファッション計画はもう立てられましたか?
今シーズン注目されているのは、昨年から引き続きショート丈のコンパクトジャケット、白を基調としたアイテム、それにエレガント系も注目されていますね。
素材としては、リネンやコットンの天然素材に加え、今年はシフォンやレース系にも要注目です。
このようにトレンドの要素は全て出揃ったとはいえ、まだ春夏シーズンは立ち上がったばかりです。
『う〜ん、、、いまいちどの要素を取り入れたらいいか分からない、、、』とお悩みの方、きっと多いのではないでしょうか?

 そこで、今回はいち早くこの春夏の新作素材でスーツ3着をオーダーいただいたリピーターのMさんをご紹介したいと思います。
まだ、この春のスーツスタイルの構想が固まっていない方、是非参考にしてみて下さい。

それでは早速ご紹介いたしま〜す。


 今回Mさんがオーダーされた生地は3着とも、
春夏別冊サンプルの「SPECIAL COLLECTION」よりお選び頂きました。
ちなみにこちらの別冊サンプルは、インポート素材や高品質のハイテク素材を重点的に集めたサンプルで、当社の生地サイト Cloth Land(クロスランド)との共同コラボです。
それに、中身のグレードアップはもちろん、外観の方も通常のサンプルと比べると少しグレードアップしています。
今までより見栄えが良くなった(?)とスタッフの間では結構評判なのですが、既にご覧になられた皆さんの印象はいかがでししたか?
また、ご感想などあればどんどんお寄せ下さいね。

そして、オーダーいただいた時期はと言うと、
春夏サンプル帳が完成して数日後のとても早いタイミングでした。
↓がその時頂戴したメールです。

 ■ 06.03.06 件名:春物オーダーします ■

お世話になります。
サンプル帳が届きました、ありがとうございます。
早速、この土日で楽しく拝見いたしました。

今回は3着お願いします。

1.9013−2 大好きな麻のパンツスーツをサファリ風に
2.9009−1 白いスーツは上下単品でも着まわしできるようにと・・・
3.9003−2 きちんと感のあるスーツで

タイトスカートは今まであまり着たことがないのですが、挑戦してみようと思います。
本日、サンプル帳と一緒のオーダーシートパターン表を送りますので確認お願いします。
また、何かアイディア、アドバイスがあれば教えてください。

トレンチコートが届いてから、まだ春らしい天候に恵まれずデビュー待ちの状態です。。。<

それでは宜しくお願いします。 千葉県 M


 ☆★☆ レディース担当三谷より一言・・・ ☆★☆
 Mさんには昨年の秋頃に初めてご来店いただいたのがきっかけで、今でも大変ご贔屓にしていただいているのですが、ファーストオーダーの際も今回のようにたくさんのご注文をいただきました。
↑のメールに書いてあったように、実は今回のご注文の少し前にもご来店いただきトレンチ風のスプリングコートをお納めしところでした。
シーズン毎にご注文を頂き、Mさんいつもいつもありがとうございます!



ちなみに、こちらが先日お仕立てしたMさんのスプリングコートです。
バーバリーのトレンチコートをイメージしてお仕立てしました。
とっても素敵な仕上がりだと思いませんか??




 そして、↑のメールを頂いた翌日、早速サンプル帳に同封されたオーダーシートパターン表が届きました。
今回は3着同時にご注文ということで、私からMさんにお出ししたお見積もりやオーダー内容のご確認メールもかなりの長文となりました。
メールをそのまま全部掲載すると読者の皆さんにはかえって分かりづらくなると思いますので、このような感じでまとめてみました。


▼▼ まずは1着目のピュアリネンからご覧下さい。

 ■ テーマ・・・大好きな麻のパンツスーツをサファリ風に

◎ 生地・・・9013−2 バイオタンブラー ピュアリネン
>>>夏を代表する素材と言えば何と言っても麻です。
夏の暑い日には麻独特のヒンヤリ感はとても快適ですね。
リネン100%ですが、仕上げに微起毛バイオタンブラー加工を施しているので、とってもソフトで柔らかな風合いに仕上がっています。
バイオタンブラー ピュアリネン


 ■ デザイン ■

基本デザイン・・・シングルテーラード2つボタン
衿型・・・テーラー衿
胸ポケット・・・アウト1型フタ付きボタン止め(左右つき)
腰ポケット・・・アウト1型フタ付きボタン止め(左右つき)
袖口ボタン・・・3つ
裏仕立て・・・夏仕立て
ボタン・・・本水牛ボタン、べっ甲色(艶なし)

パンツ・・・ノータック
シルエット・・・ブーツカット
裾口デザイン・・・シングル
腰ポケット・・・ナシ
後ポケット・・・フタ付き 左右付き
センタープレス・・・あり

そして、麻スーツのポイントといえばやっぱりこの部分です!


◆ ポイントその1・・・ 胸、腰アウトポケットボタン止め(左右付き)
バイオタンブラー ピュアリネン
>>>Mさんからはサファリ風に...とのご希望でしたし、4つのアウトポケットは決してはずすことのできない仕様です。


◆ ポイントその2・・・夏仕立て

>>>裏地を使用しない一重仕立てのことで、麻のヒンヤリした感触を直に肌で感じられる、素材の特徴を十分に引き出した仕様です。
縫い合わせ部分は全て裏地で縁取りされていて(いわゆるパイピング仕様です)見た目もとても綺麗です。
縫い合わせ部分を全てパイピングで縁取りしなければならないので、通常よりも更に手間がかかった仕上げというわけですね。

    バイオタンブラー ピュアリネン◆ ポイントその3・・・パンツ 後ポケット左右付き

>>>サファリ風をイメージした麻スーツはパンツにもカジュアル感を...ということで、パンツにもフタ付きのポケットを付けることになりました。
パンツの後ろのポケットは実用性はあまりないですが、これもお洒落なMさんならではのこだわりですね。
また、夏場は暑さのあまりジャケットを脱ぐことも多々あると思いますが、そんな時アクセントとして後ポケットを付けておくと、ヒップが小さく見えるという視覚的な効果も与えてくれるのです。

 ☆★☆ レディース担当三谷より…このような点にも気を配りました! ☆★☆
 今回は素材が麻ということでシワになりやすいことを考慮し、袖丈はいつもより5mm程度長めに。
また、涼しさでいうとパンツを裏なしにするのも良いと思いますが、女性の場合下着の透けなどが心配ですので、今回ボトムはあえて総裏でお仕立てすることにしました。


▼▼ 続いて2着目は、今シーズンのトレンドカラー、白スーツです。▼▼

 ■ テーマ・・・トレンドの白スーツは上下単品でも着まわしできるように、、 ■

◎ 生地・・・9009−1 ボディーシェルコットン
>>>コットンとポリエステルの混紡でサラッとした肌触りです。 その上ストレッチが利いていて着心地は抜群です。
ちなみに、生地の名前でもあるボディシェルとは、白や淡色のカラーでも透けにくい素材のことで、東レが水着用途で培った防透け技術にストレッチを組み合わせた、安心で快適なストレッチ素材です。
春や夏は白やベージュの淡い色目のボトムがトレンドアイテムとして人気ですが、当然の事ながら透けないことが必須条件!ですよね。
このボディーシェルは私(三谷)も大阪店の藤本さんもとても気に入って愛用していますし、着心地はお墨付きですよ!
バイオタンブラー ピュアリネン


 ■ 基本デザイン ■

基本デザイン・・・シングルテーラード1つボタン
衿型・・・テーラー衿
  >>>今回は衿巾を広めにとのご希望でしたので8cmにてお仕立ていたしました。
胸ポケット・・・ナシ
腰ポケット・・・アウトポケット
袖口ボタン・・・3つ
裏仕立て・・・総裏でキュプラの黒
ボタン・・・水牛ボタン 艶なしのべっ甲色

パンツ・・・ノータック
シルエット・・・ブーツカット
裾口デザイン・・・シングル
腰ポケット・・・ナシ
後ポケット・・・ボタン止め 左右付き
センタープレスなし

そして、白スーツのポイントはこちらです!


◆ ポイントその1・・・黒のキュプラ裏地

>>>白の表地の裏が黒なんて、、、一瞬「えっ??」って目を疑ってしまいそうですが、これもMさんならではのこだわりです。
このような異色のコラボレーションとも言える組み合わせは、ボディーシェル以外の生地でしたら私もオススメしなかったのですが、今回お選びいただいた生地が透けにくい白だからこそ実現できた組み合わせです。

実はこの組み合わせは前回のスプリングコートの際にもMさんがご希望されていたものなのですが、コート用の生地(白)はやはり裏地が透けてしまうため、その時はあえなくお蔵入りとなってしまていたのです。
ですので、この組み合わせはMさんにとってリベンジというか、念願の仕様となりますが、ひょっとしてMさん、これをやりたいがためにボディシェルを選んだとか。。。?


◆ ポイントその2・・・ミシンステッチ

>>>カジュアル感たっぷりのコットンには、アクセントとしてミシンステッチがもの凄く良く映えます。
ちなみに、ステッチは装飾効果の他に縫い目の補強という役割も果たしますが、使用する素材に応じてステッチの種類を使い分けることによって出来上がりの印象も随分と違ってきますので、ステッチも凝りだすとなかなか面白いものです。



▼▼ そして最後は1着あると何かと便利なベーシックスーツです。▼▼

 ■ テーマ・・・きちんと感のあるスーツでタイトスカートに挑戦! ■

◎ 生地・・・9003−2 ストレッチ サマースーティング グレー無地


>>>サマーウールにストレッチと、こちらも着心地バッチリ!
このようなベーシックなスーツはビジネスシーンには絶対に欠かすことのできない、超強力アイテムです。

ストレッチ サマースーティング グレー無地


 ■ 基本デザイン ■

シングルテーラード1つボタン
衿型・・・テーラー衿
胸ポケット・・・両玉(左のみ)
腰ポケット・・・両玉フタ付き
バックデザイン・・・センターベント
袖口ボタン・・・4つ 重ねボタン
裏仕立て・・・総裏でキュプラの柄裏地(z527-1)
ボタン・・・水牛ボタンの黒艶あり

スカート・・・タイトスカート
バックデザイン・・・中央ベンツ

そして、ベーシックスーツならではのこだわりポイントはというと、、、


◆ ポイントその1・・・キュプラ柄裏地

ストレッチ サマースーティング グレー無地>>>ベーシックな生地には柄裏地は映えますね。
今回お選びいただいたのは新しくなったキュプラ裏地のサンプルからお選びいただいた、
白地に黒とブルーのオルターネートストライプです。
夏用スーツには白やアイボリーなどをベースにした柄裏が涼しげな印象でオススメです。

   
    ◆ ポイントその2・・・袖ボタン4つ

>>>ベーシックな中にもほんの少しのお洒落や遊び心を、、、ということで袖先は4つの重ねボタンに。
袖の4つボタンはメンズライクな雰囲気に加えどことなくモード感も持ち合わせているので、最近は徐々に人気が高まってきている仕様です。


....と、以上がMさんの最新の春夏スーツです。
3着も同時にご注文、しかもそれぞれ雰囲気の異なったスタイルですので、出来上ががとっても楽しみですね。
出来上がりをご紹介する頃はちょうどこれらのスーツが活躍する時期になってるはずですので、どうぞ皆さんお楽しみに!!

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.