お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 ジュエリーショップさんより制服のご注文です!

 近頃では、経費削減や個性の尊重などを理由に、企業の女子社員の制服廃止化が進んでいます。
しかし、その一方で、業績の回復や経営統合などをきっかけに新しい制服を作る企業もチラホラ増え始めてきています。
特にサービス産業業界においては、制服は各企業の個性をアピールする上でとっても重要なものという認識が強まる傾向にありますが、これは当店のようなオーダー服を扱うお店にとっては本当に有り難いことです。
ここへ来て、当店でも金融機関など元来制服のイメージが強い企業の他、服装は自由というイメージが強かったIT関連の企業さんなどからも、制服のご注文をお受けするケースが多くなってきました。

 そこで、、、今月は制服でもちょっと変わった制服をオーダーされた、高級ジュエリーショップさんのご注文をご紹介したいと思います。


 ご依頼いただいたメーカーさんというのは、高級ジュエリーブランド『yoshinob』さん。
繊細な感性や遊び心あふれるデザインがもの凄く人気を呼び、最近では雑誌などでも度々取り上げられているジュエリーブランドです。
宝石の素材、繊細な感性と遊び心をふんだんに取り入れたデザイン、そして磨きのかかった職人技
yoshinobさんはこの全ての要素にとことんこだわった、まさにこれからの時代にふさわしい新クリエイターズブランドとして何かと注目されていますので、きっとご存じの方も多いはずです。

ちなみに、yoshinobさんのwebサイトはコチラです >>>http://www.yoshinob.com/

それでは、まず最初に頂いたお問い合わせのメールから、、、

 ■ 05.04.25  件名: LADIES/生地サンプルオーダー ■

(中略)

6.連絡事項 =
店舗の制服として考えています。(高額ジュエリー扱い)
出来れば四季を問わずに着れる生地で作成希望です。(冷暖房完備のため)

 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
 制服のご注文はこれまでにも何度もお受けしてきましたが、宝石関係のお仕事の場合いったいどんな制服を希望されるのでしょうか??
イメージ的には、店舗もしくはショールーム内で制服代わりに着用できる、格好良いパンツスーツ系といったところかな?
う〜ん、、、正直、オールシーズン着用というのはなかなか難しいんだけど、春夏秋もしくは春秋冬のいわゆる3シーズン向けの素材ならなんとかなるかな。。。

。。。と、色々と想像を膨らませながら、ひとまずはサンプル請求のお礼に加えてこのようなご案内を差し上げました。


▼▼▼

 ■ 05.04.25  件名:サンプル請求ありがとうございました。 ■

(中略)

1.納期について
>>> 恐らく着用される日程なども決まっておられるかと思いますが、当社の場合採寸〜お納めするまでに通常で約3週間程度のお日にちを頂戴しております。
(※ただし、今の時期は工場のGW休暇の絡みもあり更に日数が掛かります。)
ですので、もしお急ぎ等のご事情がございましたら、どうぞお早めにご連絡下さい。

2.採寸について
>>> もしある程度の人数でお申し込み頂ける場合は、前もって言っていただければ当社の方から職場まで採寸にお伺いさせて頂きます。(お店はどちらの店舗でしょうか?)

3.デザインについて
>>> 当店はイージーオーダーのシステムを利用しておりますので、あまりにも奇抜なデザイン等はお受けできない場合もございます。
ただし、既存のスタイルに多少のアレンジを加えるといった対応などはもちろん可能ですので、もし制服に関しての具体的なイメージ・ご要望などがございましたら是非お聞かせ下さい。

それでは、引き続きご検討の程よろしくお願いいたします。
オーダースーツのヨシムラ レディース担当_藤本_貴子


すると、その2日後に早速このようなご返事を頂きました。
▼▼▼

 ■ 05.04.28 件名:ジュエリーショップでの制服としてのスーツオーダーの件について ■

先日サンプル請求をさせていただきました、Aと申します。
先日はご丁寧なメールありがとうございました。
昨日サンプル受け取りました。ありがとうございました。
現在、生地を見ているさいちゅうでございます。

メールにてお問い合わせのあった件ですが、まず期日は特に急ぎではございません。
昨年の9月にオープンし今までは私服で対応しております。
予定としましては、5月いっぱいでデザイン、生地を決め、採寸に伺わせて頂き(計3名)6月から7月納品でと思っております。
又採寸は店舗の運営の関係から多分1人ずつ伺うことになると思います。

生地サンプルのオールシーズンという生地を選ぶこととなると思います。
また、デザインは可能かどうかも含めまして、雑誌の切り抜きのカラーコピーをfaxで送らせて頂きまた色々とご相談させて頂きたいと思います。
色は黒、もしくは、黒に近いグレーなどを考えております。
(皺になりにくい素材でしたら、やはりポリエステルでしょうか?)

あと、パンツスーツでと思っておりますが、こちらにスカートを1着加えるとお値段的にはいかほどでしょうか?(決定する生地にもよると思いますが)

では、連休明け頃に雑誌のコピーを送付させていただこうと思っておりますので、又ご相談に乗ってください。
(yoshinob Aより)


 そして、GW明けの週には早速デザインのイラスト画や切り抜き、それにご希望をひとまとめにした用紙の数枚がFAXで送られてきました。

こちらがその時のイラスト画ですが、いや〜とても上手に描いていらっしゃいますね〜。
おっとっと、感心している場合じゃないなと、早速デザインを確認してみると、、、
大変失礼ながら、改めてじっくり見た瞬間の感想はなんじゃコレ!?の一言でした。
『う〜んこれは困ったな。。。』



 なぜ困ってしまったかというと、それは以下のような点でお受け出来なかったり、お受け出来たとしてもなかなかイメージ通りに仕上げるのは難しかったりする点が色々とあったからなのです。


 ■ 基本デザイン ■

>>> イラストのジャケットは、フロントの打ち合い(ボタン)はなしで、ホックで止めるタイプのようですが、これはあいにく当店では型紙を持ち合わせていないためお受けすることができないです。
ただし、画像のような衿なし、フロントのボタンなしでホックもお付けしないタイプならお仕立ては可能なのですが、コレじゃダメかな。。。?

裾や袖口のステッチ
>>> ステッチをお入れすることは問題ないのですが、イラストのように背中の裾や袖口にお入れすることができません。

パンツ
>>> ワイドパンツなど基本的な部分はOKですが、裾のステッチとポケットの深さの指定(ジャケット内に収まるように等)は不可です。

スカート
>>> 膝丈のフレアースカートという点では全く問題ないのですが、ギャザー入りはどうしても難しく不可です。

ウエストベルト兼スカーフ
>>> 共布のベルトそのものはOKですが、ベルトをスカーフやボウタイのように使用できるかどうかはちょっと微妙です。
と言うのも、ウエストベルトもリボン結びで締めるタイプだと、最低でも140cmぐらいの長さが必要ですが、それをボウタイとして使用するのはあまりにも長すぎるというもんです。


。。。と、このように上記の点さえクリアになればお仕立は可能と言うことをお伝えしたところ、快くご了承していただき、最終的には以下のデザインに決まりました。

 ■ 生地・・・1002-1 ウールフォーマルジョーゼット (フォーシーズン)■

強撚糸で織られたウール100%のジョーゼットです。
生地はやや厚手ですが、シャリ感がある分肌触りの感触もcoolですので、デパートなど空調設備がしっかり整った室内なら夏場の着用も大丈夫そうです。

それともう1つ、この生地は黒の色合いがとっても深いのも魅力の一つです。
宝飾品などを扱う場合は、宝石の輝きをより引き立たせるために、ブラックやダークグレー系の洋服を身につけるのが良いと聞きますが、そういった意味でも黒の色味が深いこの生地は制服としては本当にうってつけですね。

 ■ デザイン ■

< ジャケット >
シングルラウンドネック(衿なし)

フロントボタンなし(打ち合いなし)
>>> 基本的には前の打ち合いがまったくないので、ウエストベルトで留める形になります。

腰ポケット・・・フタツキ(フタ4型)

袖・・・4ボタンで本切羽、折返し仕様
>>> 最近では既製服で多く見かける袖の折返し付きですが、今年より当店でもお受けできるようになりました。
具体的には、袖の表部分の見返し(ヘム)も深くとって、折り返しても裏地が見えないようになっているのですが、袖を伸ばしたままの状態で着たり折り返して着たりと、その日の気候や気分に応じて両方のパターンが楽しめてよいですね。

裏地・・・総裏でキュプラのブラック

衿前〜フロント、腰ポケット、背中にミシンステッチ

共布ベルト&ループ付き

このように、上着だけでも袖の折返し仕様や共布ベルト(ループ付き)などの特別仕様がたくさんあるので、通常の仕様書以外にもこんな感じで追加の絵型を作成することに。。。



< スカート >
フレアースカート 8枚はぎ
>>> ↑のイラストのように膝下フレアーのふんわりスカートがご希望です。

もちろん、素材によってフレアーの裾の揺れ感などは微妙に違ってきますが、当店の8枚はぎの画像をお見せしたところ、これでOKでした。

< パンツ >
ワイドパンツ

センタープレス
>>> 最近でもワイドパンツはちょくちょくトレンドとして取り上げられていますが、一昔前に流行したワイドパンツと今のワイドパンツとは微妙に違ってきています。
具体的には、以前は太股からワイドに広がっているのが主流だったのに対して、今のワイドは太股から膝までのラインは比較的ピッタリしていてタイトなところと、センタープレスを入れることによってスラっとした脚長効果を持たせているところです。

 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
 こうしてデザインの決定→採寸までが無事完了し、後は完成を待つだけとなりました。
今回はウエストベルトや袖の折り返し仕様など、特別仕様も多く、それにフロントの打ち合いがないタイプも今まではあまりお作りしたことがなかったので、ご注文をまとめるのにも一苦労でした。
でも、お陰で他のメーカーさんとは一味も二味も違った、お洒落なyoshinobさん仕様のオリジナル制服が出来上がりそうです。

しかも、今回のお客さまはジュエリー屋さん。。。上手くいけば優待価格でジュエリーが買えるかも?? なんてウソです、ウソです、冗談です。。。 ^_^;)


それでは皆さん、次回の「ありがとう」をどうぞお楽しみに〜

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.