お客様いらっしゃ〜い

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 冬の定番!ハリスジャケットのご注文です!

 今年も残すところあと僅かとなり何かと忙しい年の瀬ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
毎年師走の今頃にはコートの衿を立てて北風の吹く中街を歩く人を見かけますが、今年の冬は夏の記録的な猛暑に関係してか、12月というのに日中は随分と暖かな日も多くなかなか厚手のコートの出番がないように思います。
とは言うものの、日中は暖かくてもやはり季節は冬、外出時には防寒対策が必要ですよね。
『でも、厚手のコートは持って歩くにはかさばって荷物になってしまうし...』
『しっかりと防寒ができて、しかも持ち歩く時も邪魔にならないアイテムっていったい。。。?』

そ・こ・で、今年の冬おすすめしたいのがハリスツィードのジャケットです。
今年のハリスは種類豊富で、定番のベーシックカラーをはじめ、
アースカラーにキュートなピンクや爽やかなブルー、
それにチェックやヘリンボーンなど色々とご用意していますので、
皆さんも是非一度チェックしてみて下さい。
きっとお好みの1着が見つかると思いますよ!

ご参考までに、こちらのページでもハリスツィードをご紹介していますので、よろしければご覧下さいね。


さて、今回ご紹介するお客さまは今年の新色アースカラー(大地をイメージする茶系色です)でハリスジャケットのご注文いただいた、リピーターのHさんです。
11月の中頃、Hさんからこのようなご相談メールをいただきました。

 ■ 04.11.16  件名:ご相談 ■

オーダースーツのヨシムラ 三谷さん、宗方さん
こんばんは。Hです。すっかり寒くなりましたね。
早速ですが、ご相談があります。

ご相談は、冬用のジャケットについてです。
このところ、受け取り&次回注文というパターンが続いていましたので、しばらく我慢しようと思っていましたが、久々に仕事が忙しくなり残業代もたまったので、「自分へのご褒美」冬バージョンということで、自分に言い訳....。
主にオフ用に、気軽に羽織れて暖かいジャケットを考えていまして、ハリスツイードが気になっています(特に以下の生地)。

アースカラー(HT-7801、7802、7803)
ヘリンボーン(HT-7820)
チェック(HT-7821、7822)

ジャケットを仕立てた場合のお値段はどのくらいでしょうか?
他におすすめの生地があれば教えて下さい。

               (中略)
以上、お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。   H・R

 ☆★☆ レディース担当三谷より一言・・・☆★☆

 思い起こせば、Hさんが初めて当社にご来店されてから、かれこれ2年近くが経ちますが、今ではご主人共々大変ご贔屓頂いているお客さまです。いつもいつもありがとうございます!

今回Hさんがご検討されているのはオフ用に気軽に羽織れて暖かいジャケットとのこと。
これはもうハリスツィードしかない!と私もHさんの考えに大賛成です。
実は私も、以前ハリスでジャケットを仕立てましたが、冬場は本当に重宝しているんですよ。
生地がとても丈夫でシワを全く気にすることなく着用できますし、何と言っても暖かいのが一番!
オフ用ジャケットとして断然オススメですね。

そして、ご相談頂いてから数日後の週末、早速Hさんがご来店されました。

  ■ 生 地 ■

 まずは生地選びですが、今回はいくつか候補を挙げていただいましたので、それらの候補の生地を鏡の前でお顔映りをチェックしていただいて、それからHさんのお手持ちのパンツとの相性などもじっくりと考えていくことにしました。
う〜ん、今回の生地選びはHさんもいつになく悩んでいらっしゃるようだな。。。



Hさんには今までたくさんのご注文をいただきましたので、Hさんのお好みは私も宗方もしっかりと把握しています。
ですので、今回もHさんのお好みを最優先しながら、今までご注文いただいたボトムとの相性や、中に着るベストと相性の良い色目2色まで候補を絞り込みました。
そして、最終的には、パンツ&ベストともに相性なブラウン(HT7801)に決定となりました。

そして、生地が決まりその次はデザインです。

今回は仕上がりのイメージとして、以前私が仕立てたハリスジャケットをご参考にご覧いただきながらデザインを決めていくことに。
Hさん曰く『三谷仕様のハリスジャケット』と命名いただきました。
ご注文時に実際の出来上がり商品をご覧いただきながらお客さまのご希望をお伺いできるのは、お客様としても一番イメージが湧きやすく、それに私たちにとってもとてもご提案しやすいです。


 ■ デザイン ■

シングルテーラード 3つボタン
テーラー衿・・・衿幅7センチ
胸ポケット・・・なし
››› デザインはなるべくシンプルにということで、今回は胸ポケットはお付けせずすっきりとさせました。
腰ポケット・・・アウトポケット
››› オフ用ジャケットとして着用ですのでカジュアル感のでるパッチポケットにしました。
バックデザイン・・・ベンツなし

。。。以上がベースとなるデザインです。

 ☆★☆ ベンツについてちょっと一言・・・ ☆★☆

 今までHさんからご注文いただいたスーツは、ベンツをお入れすることが多かったので、今回もベンツ入りをご希望されていました。
ですが、ハリスは生地が肉厚のため、ベンツがはねてしまうことがあるんです。
実は、私のジャケットもセンターベンツで仕立てしたのですが、どうしてもベンツが撥ねてしまうのでその後やむなくベンツを閉じたということがありました。

ベンツがはねる理由としては、生地の厚み(素材感)が原因の一つと考えられます。
女性の身体はウエストからヒップにかけてのくびれがあるため、柔らかい生地では比較的身体に沿ってラインが綺麗に出やすいのですが、ハリスツィードのように肉厚でしっかりとした素材ではある程度ゆとりを持たせないと、ヒップラインが綺麗にフィットしにくいのです。
それに、全体的にタイトに仕上げた場合は、ウエストからヒップにかけてのゆとり量がとても少なくなり、その結果、背中部分の生地がお尻に引っかかってしまってベンツが開いてしまうのです。

と、このようなことも事前にしっかりとご説明し、
今回はベンツなしでお仕立てすることになりました。

 ポイントその1・・・上衿に別素材を使用 ■

›››上衿部分に茶色のスエード(合皮)を使用しました。

オフ用ジャケットということですので、カジュアル感もUPして素敵ですね。
それに、ジャケットの色目よりもう少し濃い色目をアクセントとして使用することで、全体的に引き締まって見えスッキリと見せる効果もあります。
このように、ほんの少しどこかにアクセントを加えるだけで他にはない自分だけのオリジナルジャケットに出来るのも、オーダーならではの醍醐味です。

 ポイントその2・・・ボタン ■

 私のハリスのジャケットは皮ボタンを使用しましたが、Hさんの場合は『上衿に使用するスエードとボタンの色目を合わせ統一感を出したい』ということで、 ナットボタンをお付けすることに。
....が、上衿に合わせた濃い茶系では全体的にくどい印象になってしまいそうなので、少し明るめの色のボタンを合わせることにしました。

 ポイントその3・・・バックデザイン ■

 出来上がりのイメージとして私(三谷)のジャケットをご覧いただい時、Hさんが一番お気にりだったのが背中のデザインでした。
ハリスのようなカントリー調の素材には、ヨーク&背バンド付きのデザインが良いアクセントになりますね。

肩や背中分等に使う切り替え部分のことをヨークと呼ぶのですが、ヨークには素材を体の曲線にピッタリと合わせる為の機能的な役割と、デザイン上の装飾的な役割とを兼ねてい
ます。

 ポイントその4・・・ポイントステッチ&ネームの色 ■

 上着の内側というあまり目立たない部分ですが、表地と裏地の縁にワイン系のポイントステッチをお入れしました。
更にネームの糸色もステッチと同色のワイン系でまとめてみました。
こういったさりげないお洒落もオーダーならではのこだわりですね。



以上がHさんからご注文いただいたハリスツィードのジャケットですが、さてさて仕上がりは・・・
出来上がりは次回の「お客さまありがとう!」にてご紹介いたしますので、皆さんもどうぞお楽しみに!

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.