お客様いらっしゃい

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 10月の「お客様いらっしゃ〜い」ブライダルシーズン到来です!

 今年の夏は各地で猛暑続きだったということもあり、秋の訪れはいったいいつになるのかと心配していましたが、ようやく暑さも和ぎ日中の空にもほんのり秋の気配を感じるようになりましたね。
さてさて、秋と言えばブライダルシーズン全盛期。
10月〜11月がもっともピークになりますが、読者の方でもこれからのシーズンは親類やお友達の披露宴に招かれている方がきっと多いかと思います。

そ・こ・で、今月はこれからの時期とても需要が多いブライダル関連の洋服をオーダーされたTさんをご紹介したいと思います。
ちなみにTさんはいつもご贔屓にしていただいているリピーターのお客様で、以前にも一度この『いらっしゃ〜いコーナー』でご登場いただいている方なのです。
その時は、当時レディースではまだまだ珍しかった『オールメンズ仕立ての3ピース』をご注文いただいたわけですが、それから以降も超ブリティッシュなロングジャケットやレザーのベストなど毎回こだわりのご注文をいただいています。

ご参考までに、以前Tさんにご登場いただいたのが↓ページ。
お客様いらっしゃ〜い(02.03) メンズ仕立てのご希望です!
お客さまありがとう(02.10) メンズ仕立てのスーツの完成です!

その他でも私の日記帳などでTさんにはちょくちょくご登場いただいていますが、このコーナーでご紹介するのは約2年半ぶりのことです。
さてさて、その当時と比べ私の腕前もちょっとは上達したのでしょうか??

それでは、早速Tさんのご注文の詳細をご紹介したいと思います。
が、その前にブライダルスタイルについて少し取り上げてみようと思います。

 ◇◆◇ 今時のブライダルゲスト事情は?◇◆◇

 ブライダルのおよばれ服は『シックにきちんと決めたい』という方が多いと思いますが、大人の女性の美しさや華やかさを感じさせるスタイルっていったいどういうタイプなのでしょうか?

皆さんはブライダル用の衣装を選ぶ時にはどういった点にこだわりますか?
色?素材?デザイン?。。。女性の場合男性と違って、色はブラック以外にもピンクでもワインレッドでも何でもOKですし(←ただし、白だけは絶対にNGということはあまりにも有名な話です。だって白は主役のウエディングドレスのための色ですから。。。)素材もウールに限らずシフォンやオーガンジー・ベルベットなどなんだってアリです。

▼▽▼

次にデザインはどうかというと、こちらも上下セットアップのスーツに限らず、着物やシーズンレスのノースリーブワンピ、カクテルドレスなど何だってアリの世界です。
しかも、洋服の他にカバンや靴、アクセサリーなどの小物まで揃えるとなるとそれはもう大変!!

。。。このように女性のブライダルスタイルはあまりにも選択肢が多すぎて衣装代もバカにならないというのが実情です。
男性のブラックフォーマルみたいに、その後も色々と着回しが利くタイプの洋服が本当は欲しいんだけど。。。
ただ、やっぱり仲の良い友人の一世一代の晴れ舞台だからこそ、およばれされる側としても精一杯の正装でお祝いしてあげたいという思いが強く、だからこそ毎回とびっきりのお洒落をしてしまうんですよね。

ちなみに、ここ数年ブライダルのおよばれ着で一番多いのが、ワンピース&ストールの組み合わせですが、みんながみんな同じような格好をしているのもあまり個性がなさすぎてちょっぴりつまんないですね。
余談ですが、私も以前結婚式におよばれされた時、参列者のほとんどの人がまさにこのスタイルで、ビックリしたというか、何となく異様な光景に映ったという経験があります。(笑)
もちろん、ワンピースが決して悪いっていうわけじゃありませんが、せっかくお洒落するんだったら時にはちょっと冒険してみたり個性を打ち出してみても良いのではないでしょうか?

▼▽▼

また、同様に若い女性はを好んで着る傾向にありますが、ファッション雑誌などで結婚式に出席する時のスタイルとしてもを紹介することがとっても多いですね。
私はこれにもちょっと???です。
もちろん、黒は気品もあってスッキリ見えるし女っぷりも上がるので、着たい気持ちはすご〜くよくわかるのですが、男性の礼服は基本的に黒ですし、留袖も黒ですから、これで若い女性たちまで黒を着たらパーティ会場が黒・黒・黒!となってしまいなんだかちょっと寂しい感じがします。
ですので皆さんもここは黒を着たい気持ちをぐっとこえらて、他の色で勝負してみてはいかがでしょうか。


と、今時のブライダルファッション事情はこのようなところですが、当のTさんが選んだブライダルゲスト衣装とはいったいどんな感じだったのでしょうか?
それはワンピースでもなくドレスでもなく(←あいにくドレスはお仕立出来ませんが。。。)ジャジャ〜ン、すばりタキシードスタイルです。
ご相談当初Tさんは、宝塚の男役が着る燕尾服(男性の夜間用の礼服のことで、前丈が短く、後の裾が長く先が割れて燕尾状になっています)をイメージされていましたが、あいにく燕尾服はお仕立ができません...。
そこで、タキシードや今流行のフロックコートタイプ(ロングジャケット)ではいかがですか?とご返事をしたところ「それでもOK」とタキシードの方向でトントン拍子に話が進みました。

 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・☆★☆

 燕尾服同様タキシードも女性にはあまり馴染みのないスタイルですが、タキシードは燕尾服に準じる男性の礼装です。
パーティなどで気軽に着られる礼服として世界中の多くの人々が愛用している礼服ですが、目立った特徴はと言うと。。。
拝絹付きのショールカラー(ヘチマ衿)もしくはピークラペルのジャケット
側章と言って拝絹と同じ素材でズボンの脇に一本光沢のある生地が縫いつけられた黒いストレートパンツ

この上下の組み合わせが基本になります。
その他でタキシードに合わせるのは必ず白のドレスシャツ&黒の蝶ネクタイとされています。

ちなみに、白のタキシードというのも存在しますが、白のタキシードは屋外で開催されるイブニングパーティや客船で着る物とされていて、先祖代々受け継いだ白のタキシードを着るという大変味わい深いものなんだそうです。

そして9月のお彼岸さんの前にTさんがはるばる鳥取よりご来店され、打ち合わせも無事完了となりました。
(Tさんには初めてのご注文以後も年に1度はわざわざ大阪店までお越し頂いています。)
それで、ご来店の時にどんなことを決めていったかというと。。。

▼▽▼

 ■ 生 地 ■

 忘れてはならないのが肝心の生地選びですが、Tさんは深みのあるワインレッドのストレッチベルベットをご希望されていました。
パーティー用とわりきってオーダーするなら、華やかでゴージャス感のあるベルベットなどの選択は大正解ですね。


ただ、あいにく以前取り扱っていたワインのストレッチベルベットは廃盤となってしまい全く同じ色目の物はご用意できなかったのですが、ベルベットのような秋冬のマストアイテムは当店レディースがラインナップからハズすわけがありません!
定番の黒の他、少し赤みがかったワイン色、グリーン、オレンジなどご用意してご来店をお待ちしました。




そして、Tさんには今回用意していたベルベットのワインレッドの生地で無事OKをいただきホッと一安心していたのも束の間、なにやらTさんとても迷ってらっしゃるご様子...。
どうやらTさんはワインレッドと色違いのグリーンのベルベットとどちらがいいか思案されているようです。
迷いに迷った末最終的にはTさんのテーマカラーでもあるグリーン系のベルベットを選ばれました。
そして、ついでにワインレッドのベルベットで普段使い用のベストのご注文まで頂きました

 ■ デザイン ■

 デザインはタキシードでほぼ決まりですが、Tさんの今回のテーマは『目指せ!中世の貴族スタイル』です。
胸元のフリフリレース&袖もヒラヒラしたブラウスで、Tさん流にコーディネートしてみようという話で大いに盛り上がりました。
そして、デザインは最終的にこのように決まりました。

基本デザイン・・・ダブル 4ボタン1掛け
あえてシングルではなくダブルというところがTさんのこだわりですが、上述のようにインナーにはフリルのブラウスを着用するということもあり、Vゾーンが深い4×1ボタンにしました。
これでしたらVゾーンがすっきりしてインナーのシャツが引き立ちますね。

腰ポケット・・・両玉フタナシ
本来タキシードは雨風の影響を受けない室内着のため、フラップ(雨フタ)なしにしました。

ベント・・・サイドベンツ
タキシードの場合ノーベントが一般的ですが、こちらもTさんのこだわりでサイドベンツにしました。

裏仕立て・・・総裏でストライプのキュプラ
今シーズンより初登場のグリーン系ストライプ(Z509-5)です。 これなら表地との相性もバッチリですね。

パンツ裾・・・シングル
ダブルの裾はややカジュアルと見なされるため、裾はシングルが基本です。

【その他タキシードならではの仕様等】
拝絹 くるみボタン
パンツの側章
 

 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・☆★☆

 結婚式の招待状を受け取った時、当人たちの結婚を心から祝福する気持ちと共に「結婚式に何着ていこう?」と頭を抱える女性はとても多いです。
『華やかなお祝いの席だからこそドレスアップしたい!』
『久しぶりに会う友人もいることだし、美しく素敵な自分を演出したい!』
などという思いを持つ反面、衣装選びが大変!という気持ちもちょっぴり芽生えたりして。。。
ブライダルファッションというのはなかなか厄介なものでもありますね。

今回のTさんの場合はタキシードに挑戦ということで、レディースではあまり着慣れないスタイルなだけに、私も出来上がりがとっても楽しみです。
さてさて、どんな仕上がりになるでしょうか? 次回の「ありがとう」をどうぞお楽しみに〜。

 ☆★☆  お・ま・け ☆★☆

 ↑文中でワンピースを否定しておきながらなんですが。。。
ブライダル関連のご依頼ではやっぱりワンピースをご希望される方が多いのも事実です。
当レディースでは、以前お仕立てしていたワンピースの工場が廃業してしまったため約1年ほど受注を休止していましたが、晴れて今シーズンより新工場でお仕立て再開となりました。(皆さん本当にお待たせいたしましたm(__)m)
以前に比べパターンの種類も増え、ベーシックなタイプからトレンドを意識したデザインまで幅広く対応できるようになりました。
ワンピースに関する詳しい情報は レディース新着情報でもUP済みですので、これからブライダルの予定を控えている方は是非こちらもチェックしてみてください。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.