お客様いらっしゃい

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 2月の「お客様いらっしゃ〜い」シャネルスーツ風テーラードスーツのご注文。

暦の上では立春を迎え、寒さも和らぎ春めく日も多くなりました皆さんいかがお過ごしでしょうか。
街を歩くとそろそろ春を意識した洋服が多くなり気持ちがウズウズする頃ですよね。

私達レディースでもこの時期になるとやはりお客様から春用スーツのご相談をお受けするのが増えてきます。
こういった時に最近は皆さん(特にリピーターの方は)口を揃えてこう言われます。 『新しいパターンが出来たんですね〜。どういう感じ?』 そうです、昨年末にアップした新着情報レディース新パターンの登場♪」をご覧頂いているんです。 (*^_^*) ありがとうございます! (*^_^*)

そこで今回は新パターン情報を熟読されたリピーターのYさんからのご注文を紹介したいと思います。

Yさんは普段はテーラードスーツをビシッと着て仕事をされ、お子さんの学校での行事やお出かけの時にはいつもとは違った雰囲気のスーツをお召しになるとのこと。
昔で言う『共働き』というイメージではなく、欧米的に仕事も家庭もバリバリこなされるといったキャリアなイメージの30代半ばの方です。
そんなYさんは普段のワークスーツとは別に甘すぎない程度の女性らしいスーツが欲しいといつも言われていました。
...ですが、女性らしいスーツとなると、どこのお店でもそうですが「シャネルスーツ」「ラウンドネックのスーツ」位しかありません。
でもこれだと「いつもと変わり映えしない」ですし小柄で元々女性的なYさんにはちょっと甘過ぎるとのことです。(本当は小柄で女性的な方ですのでシャネルも素敵なんですが、外見が女性的でビジネス兼用では甘すぎるイメージがマイナスになるそうなんですって...)
そして今回はYさんからお手製のイラストを持参頂いたということもあり 『これはもう新工場へイラスト持ち込みをするしかない!』ということで早速ご相談に乗ることにしました。
ビジネス的
今回のイメージ
女性的
頂いたイラストのイメージですが、皆さんご覧になりいかがですか?
これだったらインナー(ブラウス、シャツetc)を着用せず胸元にアクセサリーを付けてポイントにするのもお洒落ですよね。
着用用途はお出かけ着orお洒落着として...でも甘すぎない良い感じです。
シャネルスーツだとどうしてもラウンドネックの雰囲気から女性らしい甘〜い印象になりますが、今回は衿の形をビジネス色のあるテーラード衿に変えただけで甘すぎずそれでいて女性らしさのあるスーツの印象ですね。

そして、色んなご相談を経て最終的にこんなデザインになりました。
■□■ 基本デザイン ■□■
シングルテーラードプリンセスライン付き(5つボタン
胸ポケット >>> 左右フタ付き
腰ポケット >>> 左右フタ付き
フロントカット >>> スクエアー
バックデザイン >>> ベントなし
ボタン >>> くるみボタン
衿型&衿巾 >>> テーラード衿幅5cm
以上が基本デザインになりますがをご覧になられて「ふ〜ん、これで特別こだわっているの?・・・」と思われる方も多いのでは?
そうですよね〜、このままでは従来通りのお仕立てですよね。
ですが、皆さん、よ〜く見て下さい。
今までレディーススーツで出来なかったことが盛りだくさんになってますから。。。
(何だか間違い探しみたいですね・・・(^_^;)

....皆さん、分かりましたか?

それでは、どこが可能になったのか?ご説明しますと・・・(新に可能になった部分は緑色の文字部分です。)


◆ ポイント1 ◆・・・5つボタン
>>> 従来のレディースではテーラードスーツの場合1つ〜4つボタンまでがお仕立て可能、ロールカラーのラウンドネックのみ5ボタンが可能でした。
それが今回はテーラードで5つボタン。
これが今回のポイント第1です。

5つボタンということはVゾーンも狭くなりテーラードジャケットでもインナーなしでもOKですし、キャミソールやファンデーション(下着)で着用することも可能になるんです。
今までは4つボタンで最大限高くしても、どうしてもインナーが隠れる高さまで第1ボタンを指示することが出来なかったのですが、5つボタンにすることでかなりVゾーンの位置が高くなりました。

もちろん1〜4つボタンでも第1ボタンの位置から指定することが可能ですのでそれぞれお好みに応じてお仕立てできます。

今回のご注文はイメージとしては←のイラストのような感じです。画像の上にマウスをつけてみて下さい。
☆★☆ レディース担当三谷より一言・・・☆★☆
既製服を見てみると1つボタン、2つボタンとジャケットのボタンがかなり高い位置に付いていますよね。何故だと思います?
それは、ウエストライン(一番絞りのきつい部分)が元々高くなっていて、これに伴ないボタンの位置も高くなるのですが、そうすることで足長(胴を短く見えるため)に見せるためです。
もちろん当社でもハイウエスト&ボタン位置高めにしてお仕立て可能ですので「私も足長がいい〜」という方は是非試してみてくださいね。

◆ ポイント2 ◆・・・衿巾5cm
>>> 従来の衿巾は一番細くしても6cmが限界でしたがこの部分についても更に細くすることが可能になりました。
Vゾーンが狭いということは当然衿巾も狭くしないとバランスが悪いですからね。
ご注文時にはみなさんに「衿巾はどうしますか?」とお聞きしていますが今は殆どの方が細めの衿がお好みのようですので、通常レディースの場合衿巾は標準で仕立てると8cmになりますが、それは2つボタンでの標準的な巾で、最近は3つボタンが多いことと肩幅とのバランスを考え工場へは7cm〜7.5cm位に私の方でアレンジしてお仕立てしています。

また、衿巾を細くした場合ゴージライン(上衿と下衿の縫い目)も高めにハイゴージにした方がバランスも良くシャープな印象になりますね。
今回の衿巾は従来と比べ数字で1cmの差ですがこれって仕上がりのイメージに影響するんですよ。
衿巾1cmの違いは小柄な女性には結構大きいですね。
出来上がりの衿の雰囲気はのようなイメージになります。かなり小さめの衿ですよね。(まだ仕上がっていないので手短な物で例示してみました。)

◆ ポイント3 ◆・・・胸ポケット&腰ポケット
>>> 胸と腰のポケットをそれぞれ左右付きにしました。
ビジネススーツでは胸ポケットを左右に付ける方はほとんどいらっしゃいませんが、今回はシャネルスーツ風をイメージしたテーラードスーツでしたからポケットも左右付きにしてみました。

出来上がりのイメージとしては先に掲載したイラストの通りですが、これに加えて更に腰ポケットの位置まで指定してデザイン・縫製指示しています。

女性の場合、スーツを着た時いかにバランス良く綺麗に見えるか、に一番の拘りがあり、ウエストラインの絞りはもちろん、Vゾーンの開き具合、衿の巾・・・etc細かいところまで気になるものですよね。
今回はシャネル風に着丈を短くしましたから通常のポケット位置では低すぎて全体が寸胴に見えてしまいがちです。
そこでウエストラインの絞られた場所よりやや下あたりに付けることでシルエットをハイウエストに見せることにしたんです。

★☆★ お・ま・け こんなところまで・・・ ★☆★
袖先のボタンの位置ですが、通常スーツの場合は袖先から3cm〜3.5cmくらいのところに1つ目のボタンが付きます(画像右側)皆さんはこの袖先のボタン位置をどう思われますか?
「別に...気にしたことがないわぁ。」とか「う〜ん、ちょっと袖先が空き過ぎかしら。」 ・・・と、色々な意見があると思いますが、今回のご注文では皆さんが普段あまり気にしない袖先のボタンの位置までこだわってみました。
Yさん曰く、
「テーラードスーツは上着を着てデスクワークをする時に、袖先からボタンまで多少空いていた方がボタンが当たらなくて良いんだけど、お洒落着として着たとき見た目が空き過ぎてるような気がする。」 とのことでしたのでご注文は袖先から2cmの場所(通常の位置よりボタン1つ分袖先にずらした所)から1つ目のボタンを付けるようにこちらも指定しました。(画像左側)

...ということで、今回のご注文はなかなか凝った作りのご注文になりました。
さてさて出来上がりはどうでしょうか?
結構ありそうでなかったデザインになるかと思います。

次回は画像満載でご紹介したいと思いますので後編の「お客さま ありがとう!」をどうぞお楽しみに!

☆★☆ レディース担当三谷より最後に・・・☆★☆
当店のサイトはどうしてもメンズサイトの内容の方がボリューム的に多く、これまでもレディースの方から メンズで紹介している***は出来ない?
とご相談を受けておりました。 その筆頭が、スーツの内側にまで表地をたっぷり使った『お台場仕上げ』だったのですが、これまでレディースでは使用する工場が違うため
スミマセン、レディースではお受けできないんです・・・。」とお断りするしか術がありませんでした。 大阪店の藤本さんも含めこれまであまり書くことはありませんでしたが、実はこの一言、2人とも凄く悔しかったんです。 それが昨年末から別工場も稼働して、こういった私達現場のニーズを工場に直接ぶつけられるようになって本当に嬉しいです。 だってこれまで限界だった壁を越えることが出来たんですから...

今後レディースではレディースのスタイリッシュな部分を最優先にしつつもメンズ的なディテールに凝った仕様もどんどん取り入れてきますのでどうぞ応援してくださいね。 (画像はお台場仕上げと内ポケットの玉縁部分にエルメスのスカーフを使ったものです。もうこんなオーダーも十分可能です!)

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.