お客様いらっしゃい

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 12月の「お客様いらっしゃ〜い」トレンド先取り!スプリングコートのご注文

早いもので気がつけばもう12月。冷たい木枯らしが吹く本格的な冬のシーズンを迎えてしまいましたね〜。
この冬はどんなコートを買おうか迷っていた人も多かったと思いますが、皆さんはこの冬お気に入りのコートは見つかりましたか?
今年のコートの傾向は、薄手の中綿コートや取り外し可能なライナー付きが昨年に引き続き人気ですが、その一方で昨年大幅にダウンしたウールコートの売れ行きが回復しているそうです。
ウール市況がぐっと上がっている中、頑張って原価上昇分を社内吸収した当社にとっては、とても朗報です。(^^;)

さてさて、そんなコートシーズン真っ直中ですが、今回ご紹介するのはコートでも真冬のコートではなく、なんとスプリングコートです。
『おいおい、この寒い時期に何がスプリングコートだよ!』って思われちゃうかも知れませんね〜。(実際、原稿を書いている私でさえもちょっと寒々していますが。。。)
この時期は当社だけに限らずどこのお店でもコート商戦が大浮上ですから、読者の皆さんもコートの話題や情報収集にはさして困らないかと思います。
そこで、今回私が目を付けたのがスプリングコートだったのですが、ただ単にシーズンレスの新鮮味だけに目を付けたのではなく、ちゃんとした根拠があってこそなんです。
☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・☆★☆
ファッション通の方なら既に情報をキャッチされていると思いますが、来春はしばらくあまり耳にしなかったスプリングコートに久しぶりに注目が集まる年です。
世界各国のみならず国内でもスプリングコート商戦に向けて早々と企画に乗り出しているメーカーは少なくなく、素材やディテールのバラエティーも例年以上に豊富になりそうな予感。
と言うわけで、今回スプリングコートを取り上げていたのですが、さすがにパリコレなどで話題に上がる斬新なデザインや、レディースでは相変わらず根強い人気のトレンチは当社ではお受けできません。
(ゴメンナサイ。。。当社に限らず国内のオーダー向けコート工場のほとんどで対応不可という現状なんです。)
でもでも、素材の豊富さなら当社も負けていません!
ハリのあるコットン素材の他に、バックサテンシルクシャンタンなどの光沢のある素材もなんのその。
それに薄手のウールだって用意することはおやすいごようです。
◇◆◇ 2004年春夏の注目アイテムは?◇◆◇
せっかくなので、ここで来年の春夏のファッションの傾向も少し補足したいと思います。
2004年春夏ファッションのテーマはズバリスィート&ベーシック
ティアードスカートやボーブラウス(首や胸元にリボンがついたフェミニンなブラウス)など甘く可愛らしいアイテムと、トレンチコートやカーディガンなどのベーシックなアイテムが人気を集めそうです。
カラーの傾向としては、具体的には白やベージュ系、ストロベリー、レモン、アクア、ターコイズなどの淡くて柔らかいフェミニン色が中心なんだそうです。
「ガ〜ンそういうスィート系は苦手なんだけどな。。。」
なんていう人も心配はいりません。
確かに今までの王道色のブラックは少し後退しそうなものの、その代わりにシルバーやメタリック調のゴールドなどの大人っぽいシックな色も人気のようです。
ちなみに、素材的のキーワードは「 軽さ 柔らかさ」「楽しさ」の3つに分かれ、スィート系のシフォンやオーガンジー・クレープなどのいかにも甘くて可愛らしさを表現する素材、スポーティでカジュアルなナイロン、ルーズでリラックス感と繊細さを合わせ持つコットン・リネン・シルクが最もよく使われるんだそうです。

さ〜て、いつもながら前置きが随分長くなりましたが、当のスプリングコートの出来上がりはどんな感じだったのでしょうか?
それでは、まずは簡単にお客様のプロフィールをご紹介いたしたいと思います。

お客様・・・Fさん
>>>実は当社とは家族ぐるみでお付き合いがあるFさんファミリーのお母様。
元々はFさんのご主人が当社でオーダーをされたことがきっかけで、その後Fさんはもちろん息子さん3人まで揃ってご注文いただくほどの、大の仲良しファミリーなんです。
ですので、ご家族揃って押し掛けられちゃうと(失礼!ご来店頂くと)店内はいっぺんに賑やかで活気づきますし、毎回楽しいお話をお聞かせいただくFさんファミリーのご来店を私も清水氏もとても楽しみにしているんです。
ちなみに、Fさんの一番最初のオーダーは、淡いピンク色のシルクシャンブレーのジャケットでした。

『ワンピースにスカートにと何にでも合う万能ジャケット』と、とてもお喜び頂けたのですが、実はその頃から既に今回のスプリングコート話は浮上していたというわけです。

そして、次は皆さんお待ちかねのご注文内容ですが.....
生地・・・ バックサテンシャンタン ピンク色
>>> シャンタン特有のとても光沢感溢れる素材ですが、シャンタンの表面は横方向に節が不規則に現れていることと、光沢感が強いのが特徴です。
でも、まさか色がピンクとはちょっと意表をつかれました。(だって最初の予定では、ブラックをご希望されてたんだもん。。。)
ちなみに、来春のスプリングコートの傾向は、シルクとポリエステル混紡の光沢感と陰影効果のある軽くてハリがある素材が最有力。
やっぱり、段々と暖かくなるにつれ素材選びもポリエステル等との合成繊維に移行しつつありますね。

また、カラーの方は定番の黒・白・ベージュがそこそこ票を集めそうですが、ピンクオレンジブルーイエローなど、定番色以外も人気も呼びそうです。
せっかく作るんだったら、自身の一番好きなカラーや、もしくはラッキーカラーなどを選んでみても良さそうですね〜。

こちらの商品は婦人定番サンプルにて掲載していますが、その他にも別注商品としてシルクシャンタンやシルクシャンブレーなど色々と取り扱いがありますので、どうぞお好みの色目をお申し付けください。
写真は別注サンプルを撮ったものですが、とってもカラフルな色が勢揃いでどの色にしようか迷ってしまいそうですね〜。

基本デザイン・・・ステンカラーコート
>>> スプリングコートの王道と言えば、やっぱりベーシックでスタンダードなステンカラーに決まりですね。

フロントデザイン・・・打ち抜き(ブチヌキ)
>>> 来春も引き続き注目度の高い60'Sファッションですが、大きめのボタンが表から見えるのがとってもレトロでgoodです。
・・・付け袖
>>> 以前は、ステンカラーコートは肩から一続きになったラグラン袖が主流でしたけど、それも最近ではスーツと同じような付け袖タイプの物も多く流出するようになりました。
それに、軽くラフにも羽織れるスプリングコートという点では、なおさらこの付け袖タイプの方が合いますしね。
腰ポケット・・・ナナメ
>>>ステンカラーのコートには、ナナメのハコポケットが良く合いますね。

コート丈・・・98センチ
>>>トレンド的には膝上のハーフ丈が主流ですが、その一方で膝より長い3/4丈も注目されているんだそうです。

ウエストベルト付き(こちらは有料オプションのためプラス2,000円になります。)
>>> 今年もウエストベルト付きが人気ですが、ウエストをぐっと絞ることが可能なベルテッドのステンカラーコートはシルエットにも敏感な女性の憧れのスタイルですね。
☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・☆★☆
今月は来春要注目のアイテム、スプリングコートをいち早く取り上げてみましたが、みなさんいかがでしたか?
春先は気候が不安定で着用の機会が限られてしまうだけに、なかなか積極的に取り入れないアイテムだったスプリングコート。
それだけに、着こなしが難しいなんて敬遠されがちですが、別にこれといった定義やルールはなく、カッチリしたスーツだけでなく、ジーンズなどのカジュアルなスタイルという皆さん独自の着こなしが楽しめれば、それはそれでOKなんですよね〜。
来春は久しぶりにスプリングコートが復活の兆しで、各アパレルメーカーが競い合ってスプリングコートの企画に乗り出しはじめているようです。
きっとファッション誌などで取り上げられる機会が多くなるはずですので、皆さんも早い時期からスプリングコートに注目してみてはいかがでしょうか?

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.