お客様いらっしゃい

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 10月の「お客様いらっしゃ〜い」この冬はツィードが大ブレーク!

10月の下旬ともなると西日本の方でもすっかり秋めいた気候になってきましたが、もうそろそろ北から順に紅葉前線が日本列島を南下しはじめる頃ですね。
ちなみに、関西の紅葉の見ごろは11月中旬〜下旬にかけてとかなり遅く、例年真冬並の気温に震える中での紅葉狩りとなります。

さてさて、そんな秋の気配が一気に深まる今日この頃ですが、秋も深まりだんだんと冬に近づくにつれ、女性のファッションで人気が出る素材として挙げられるが、ファームートンハラコツィードカシミヤなどですね。
中でも特に今年はツィードの注目度がいちだんと高く、どのブランドでもツィード素材の商品は大人気のようですが、やっぱりその辺りは当店でも同じで、お洒落な方は皆ツィード素材に注目されているようです。

そこで今回は、この秋いち早くツィードでご注文頂いたお客様をご紹介いたしたいと思います。
同じツィード素材でも、レディースの場合はホームスパンのようなざっくりとした雰囲気の物の他、甘い肌触りのソフトツィードやエレガントなファンシーツィードまで種類豊富ですし、皆さんそれぞれにお好みやこだわりを発揮されてらっしゃいますので、『今年こそはツィードにチャレンジ!』とお考えの方は是非参考にしてみてくださいね。

.

それでは、まずはトップバッターのお客様は名古屋にお住まいのMさんです。
実はMさん、初回のご注文の際にはわざわざ大阪店まで採寸にいらしてくれたのですが、まず最初の1着はお仕事での着用を最優先した、カッチリ感のある定番の紺色のパンツスーツでした。
そして、ファーストスーツの出来上がりにも無事ご満足いただき、今回秋冬用にジャケットのご相談を頂戴したのですが、Mさんが当初決めていたテーマはのような感じでした。

コート代わりに羽織れるようなジャケット
テーラードタイプではなくPジャケット風のデザイン

このようなスタイルをイメージされていたMさんですが、まず最初に生地に関しては『どうせならツィードをお勧めしたい!』と思い、幾つか候補に挙げていただいた中から特にツィードをおすすめしたところ、最終的にはツィードの生地に決定となりました。
ちなみに、Mさんのツィードの生地はストレッチツィードのグレー系(1604-3)ですが、このツィードはホームスパン調のナチュラルで粗野な外観からは想像がつかないぐらいソフトな風合いで、ツィード初心者の方にもすごく使いやすいと評判の生地なんです。
実は....私も今年はツィードで1着作ろうと決めていたのですが、一番最初のツィードは、Mさんと同じストレッチツィードのベージュ系を秘かに狙っていたんです!
どうやらMさんと私はお揃いということになりそうですね

次にデザインですが、MさんがイメージされているのはPコートやPジャケットの雰囲気です。
Pコートの特徴といえば、大きめのテーラー衿で左右のどちらでもボタンを留めれることと、ハンドウォーマーポケット(←ポケットの口が縦置きで大きめなポケットのことです。)ですが、これは型紙の関係もあり両方とも当店ではお受けできないんです....。m(_ _)m
が、それに近い雰囲気でお仕立てすることは可能で、今までにも何度かお作りしたことがあります。
具体的には、ダブルのステンカラーの型をベースにして、全体的なサイズはアウター感覚でゆとり量を大きく取ればそれなりの雰囲気は充分に出せます。
ちなみに以前私がお受けしたPジャケット風のジャケットの仕上がりはこのような感じ(ペアルック♪)ですが、結構それらしい雰囲気が出ていると思いませんか?

そしてMさんにもこの画像をご覧頂いたとこころ、やっぱりPジャケットのそのままのイメージで着用されたいという結論に辿り着き、最終的にはシングルのステンカラージャケットでお仕立てすることになりました。

 ステンカラータイプのジャケットは、テーラードジャケットのようなスーツ本来のセットアップ感が和らぎますので、ジャケットとしてのコーディネートの枠が広がってgoodですね〜。

そして、Mさんのツィードジャケットは最終的にこのようなデザインに決まりました。

生地はストレッチツィードのグレー系 1604-3
基本デザインはシングルのステンカラー
ステンカラーの衿はあまり小さくせず、衿先はアウトポケットの丸みと合わせて丸く
腰ポケットはアウトポケットでよりアウターらしく

.

さてさて、2番目のお客様は大阪市内にお住まいのTさんです。
Tさんはお仕事柄、普段からいつもスーツやジャケットをバシッと着こなしていらっしゃるのですが、Tさんのお洒落のセンスはピカイチです。
ちなみに一番最初のご注文は、英国はLANTWOOD HOUSE製の紺ベースに少しピッチが広めのブラウンストライプの生地で仕立てたパンツスーツです。
この生地はちょうど夏の@セール前に追加で仕入れたメンズの生地で、まさに通好みのなかなか洒落た雰囲気が好評でしたが、お洒落な外観は普段からお洒落なTさんのイメージにピッタリでした。

そんなお洒落なTさんがこの秋に目を付けていらしたのもやっぱりツィードの生地なのですが、無地ではなくヘリンボーン柄のストレッチツィード(1610-1)です。
前回のストライプのスーツと同様今回もかなりお洒落な雰囲気の生地ですが、ツィードが持つ雰囲気とヘリンボーン特有のクラシカルな雰囲気が上手くMixされた、トレンド性ばっちりのツィードです。
こちらもMさんが今回使用したストレッチツィードと同じくとっても肌触りが良いのですが、カシミヤ混のとってもソフトで軽い素材ですので、パンツスーツにも向いています。

 そして、最終的にTさんのデザインはこのような感じに決まりました。

生地はブラウン系のヘリンボーン柄のストレッチソフトツィード 1610-1
>>>実はMさん、最後の最後まで色違いのグレー系とブラウン系とで随分と悩んでいらしたのですが、『今シーズンはモノトーン系が大流行だから、あえて流行には乗らずブラウンで...』ということで、最終的に茶系を選ばれました。

基本デザインはシングルテーラードの3ボタンのパンツスーツ
腰ポケットはここ最近人気の蓋なしポケット
パンツの裾はダブルでトラッド感もUPです。

.

そして最後のお客様はと言うと....大阪市にお住まいのNさんです。
実はNさんにはこの夏にもWebにご登場頂いているのですが、今シーズンもいち早くツィードにご注目いただいたので、今回もご協力頂きました。

ご参考Nさんはこちらでご登場頂きました。
暑い夏でもジャケットは必要です。
コーディネート抜群の洋服ができました!

 さてさて、そんなNさんが選ばれた生地はというと、英仏老舗ブランドDORMEUIL製のファンシーツィード(1031-2)です。
他のお二人のツィードに比べてかなりエレガントな雰囲気ですし、ツィード本来のハンドクラフト感やざっくり感もあまり感じさせない、まさにレディースならではのツィードですね。

そして、Nさんのご注文はこのようなスタイルで決まりました。

生地はドーメル製のファンシーツィード(1031-2)
>>> こちらは今年のトレンドを押さえたモノトーン系ですが、フェミニンな要素が強いファンシーツィードも、モノトーン配色ならシックにまとまりますね。
基本デザインはシングルのステンカラー&タイトスカート
くるみボタン >>> エレガントなファンシーツィードにはくるみボタンがピッタリですね。
台形風ミニスカート >>>通常タイトスカートの裾はぎゅっと絞ったタイプが多いですが、今回は台形風にタイトスカートの裾を目一杯広げてみました。
これは私もNさんも意見一致で、このツィードには台形型のミニスカートがピッタリはまると直感しました。


.
☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・☆★☆
これで今月の「お客様いらっしゃ〜い」はひとまず終了です。
ちなみに私もストレッチツィードのベージュ系でスーツを作ると意気込んでいるのですが、日々のご注文の処理に追われ、なかなか自分の分まで手が回らない状況で....(-_-;)
今回ご紹介した3人のお客様のツィードスタイルは、生地のセレクトからデザインにいたるまでそれぞれの個性を上手く取り入れた、3人多様のスタイルとなっていますので、次号『お客様ありがとう』のコーナーを皆さんもどうぞお楽しみに〜!

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.