お客様いらっしゃい

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 7月の「お客様いらっしゃ〜い」暑い夏でもやっぱりジャケットは必要です。

7月に入り一段と暑い夏日が続きますが、みなさん いかがお過ごしですか?
こうも暑くなるとさすがに合い物のスーツで夏を乗り切るのはとうてい無理な話で、暑くなれば暑くなったで着る物も180度違ってきますし.....
毎年の事ながら、特に季節の変わり目は毎日の洋服選びに頭を悩ませるものです。(-_-;)
でも、四季折々のお洒落が楽しめるのは日本という風土ならでは でもありますので、それはそれで良いことだとプラス志向に考えていかないといけないですね。
さてさて、今月はそんな暑い夏を乗り切ろうと、6月から7月にかけて立て続けにご注文を頂いた、Nさんをご紹介したいと思います。
それでは、まずは簡単に初回のメールをご紹介いたしますね。
03.6.1
件名:サンプル請求フォーム
1.サンプル種類: スカートお試しコース
2.お名前:N
3メールアドレス:******@nifty.com
4-1.〒:***−****
4-2.ご住所: 大阪市**************
5.TEL: 06-****-****
6連絡事項: 下半身がしっかり目なので、既製品ではいつもお直しばかりで苦労してます。胸もある方なのでなかなかきれいにラインが出る洋服にめぐり合いません。
オーダーという未知の世界に期待しています。
7.オーダー方法: 直接採寸希望
9.お好みの色柄: その他
10.スーツの価格帯: 40,000〜60,000円
11.当サイトへのリンク: サーチエンジン
☆★☆ レディース担当:藤本より一言・・・
Nさんより上記の内容でサンプル請求メールを頂戴しましたので、早速レディースの春夏物サンプルと定番サンプルをお送りしました。
ところが....
実は私の大チョンボで他のお客様からのサンプル請求と勘違いしてしまいメンズのサンプルとテレコでお送りしてしまいました。
翌日、Nさんからすぐにその件でご連絡を頂いて間違いに気が付いたのですが、Nさん、その節は最初からあのようなミスをしてしまって本当にすいませんでした。m(_ _)m
それはそうと、上記サンプル請求メールでNさんがご希望されたスカートお試しコースサンプルですが、皆さんは何のことかご存じでしょうか?
当店レディースサイトのTOPページに「お得なスカートお試しコース」というコーナーがありますが、このコーナーはWebを当初OPENする時に新しいお客様がスムーズに当サイトに入れるようにするため考えた企画でした。
※:スカートお試しコースは廃止になりました。(04.10)
つまり・・・
NET通販で初めてオーダーする方にとって、お店に対して不安がつきまとうのは当然のことです。
私たちも当初レディースサイトを立ち上げるに当たっては、この点についてすごく悩んだんです。
当時はメンズのサイトが既に完成していて、そこでそこそこの信用力があったのですが、あくまでレディースはレディースですからやっぱり色んな不安がきっとあるに違いない。。。

そこで、消費者の皆さんにはどんな不安があるのか考えていました。
お店はしっかりした対応をするのかしら?
きちんとした仕立てなのかしら?
採寸は大丈夫なのかしら?
お値段は妥当なのかしら?
個人情報は守られる?
...etc お客様の立場になればNET通販ですから不安なことは尽きません。
自分がNET通販をするとき同じ事を考えますからね〜。

それで社内でこういった不安心理を払拭してもらうにはどうすれば良いかと思案し、オーダーへの入り口としてこの『スカートお試しコース』をご用意することになったのです。

つまり、スカートだったら、出来上がりのイメージが掴みやすいですし、採寸も比較的容易ですからご自身で採寸することでお値段を安く仕立てられる。(仮に失敗してもお客様の財布が傷まないで済む)
これでご希望のデザインに仕上がればきっと喜ばれるんじゃないかな?。。。という訳だったんです。

もちろん、スカートの生地はお客様のお好みで自由にお選びいただけるのも大切な魅力の一つですから生地を選ぶという選択肢は減らすことは出来ません。
(実際のところ、スカートお試しコース専用サンプルというのはご用意しておりませんので、お試しコースでサンプル請求された方も基本的にはそのシーズンのレディースサンプルをお送りしています。
もちろんメンズの生地でもOKですので、もしメンズライクな色柄のスカートがご希望の場合はメンズのサンプルをご請求下さいね。)
.............
さて、話をNさんに戻しまして、
初めにこのようなサンプル間違いの件もあったので、慌ててNさんに『改めてレディースのサンプル帳を送り直しさせて頂きます』という内容のメールをお出ししたのですが、その後すぐに「今日の午後にお伺いしてもよろしいでしょうか?」というお電話を頂戴し、早々にご来店いただけることになりました。

Nさんがご来店されると...
『どうも、いらっしゃいませ。先日はサンプルを送り間違えてしまって本当にすいませんでした。』
...と挨拶もそこそこにNさんのお話を伺うと、仕事の関係で普段から人と会う機会が多く、夏場でもそれなりにキチンとした格好が必要なので、お仕事用のカッチリ目のスーツが1着と、アフター5のちょっとしたお出かけの時などに羽織れるような お洒落なジャケットも1着ご希望とのことでした。

男性と同様、女性だって暑い夏場でもスーツはもちろん着ますし、アフター用のジャケットだって、ちょっと改まった席へお出かけする時に羽織るものが1枚あれば何かと便利ですからね。

それと今回オーダーに踏み切ったもう1つの理由として、
Nさんは大の洋服好きで、着ている物もとてもお洒落なのですが、反面 既製品ではサイズがピッタリの洋服がなかなか見つかりにくいんだそうです。
比較的バストの大きいNさんにとって、既製品ではバストに合わせるとウエスト周りがブカブカ、ウエストに合わせると今度はバスト周りがきつく、デザインによっては前のボタンが留めれない場合もあるそうで、洋服選びもなかなか大変らしいんです。
これってお洒落を楽しみたい女性にとってはなかなか深刻な問題なんですよね。
...と、このような経緯でまず初回にご注文頂いたのが、メンズのストライプの生地を使ったテーラードスーツと、コットンのベージュのジャケットだったのですが、スーツの方はとてもシックな雰囲気でまさに バリバリ働く大人の女性というイメージにピッタリのスーツに仕上がりました。
それともう1着のジャケットの方は主にアフターや通勤に着用ということですので、正統派のテーラージャケットでありながら、少しだけカジュアルな要素も取り入れてみました。
ちなみにこれがそのコットンジャケットの出来上がりの画像ですが、オーソドックスなテーラードのジャケットも、このようにステッチを目立たせれば、遊び心溢れるスタイリッシュなジャケットへガラッと変わりますね。
私も出来上がりを一目見た瞬間、可愛い〜と思ったのですが、Nさんご本人にも「とても可愛い」と喜んで頂けました。
そして出来上がりのご試着の際に
「また今回もご相談に乗っていただけますか〜」ということになり、更にスーツが1着とジャケット1着、それにのベージュのジャケットとお揃いのスカートまでご注文頂けることになりました。
(Nさん一度に沢山のご注文、本当にありがとうございます!(*^_^*)
実はNさんは初回のご来店の際にも「本当はピンクのスーツも1着欲しいんだけど〜」とおしゃっていたのですが、その後色々な雑誌などを見ながら、コレっていう理想のスタイルが見つかったらしく、ピンクのスーツの写真と、白のジャケットの写真をご持参いただきました。

ちなみにこちらがその写真なのですが、なるほどなるほど、ピンクのスーツの写真はとても女性らしくエレガントな雰囲気で、可愛らしいNさんの雰囲気にとても良く似合いそうです。
そしてもう1着のジャケットはと言うと、前回のベージュのジャケットと同様に、ジャケットでもスカートとでもコーディネートがOKなジャケットで、これからの時期にとても重宝することは間違いなさそうです。
この雑誌の切り抜きを基に、一部お受けできない部分をご説明したり、更なるアレンジを加えたししながら、最終的に今回のご注文はこのような感じになりました。
スーツ
生地  8052-2(ストレッチシルクシャンブレー・ピンク)
>>>縦にピンクの糸と横に白糸を使用したシャンブレー織りなので、ピンクと言ってもド派手なピンクではなく色目を押さえたピンクなのですが、嫌みのない程度に押さえ込んだシルク特有の光沢感とシャンブレー織りの光沢効果が合わさったエレガントな生地です。
シングルラウンドネック5ボタン
ショート襟>>>全体的に甘い雰囲気にならないよう小さめの襟で、襟先は丸くせずに。
腰ポケットなし>>>このようなスタイルでは腰ポケットなしの方がスッキリしますね。
袖ボタン1つ>>>切り抜きでは袖部分を折り返したタイプでしたが、当社ではこれはあいにくお受けできませんので、代わりに袖ボタンを1つにして大ボタンをお付けすることに。
ボタン>>>同色のピンク系のボタンではなく、切り抜きでは茶系のボタンが付いていたのですが、これも甘くなりすぎるのは避けたいNさんにとっては良いアクセントとなりますので、切り抜きの雰囲気に近づけるようナットボタンの茶色をお付けしました。
ピンクの生地に茶色いボタン??みなさんイマイチピンとこないかも知れませんが、これが意外にも相性が良かったりもするんですよ〜こういうセンスって女性ならでと言えるかも知れませんね。
シルエット>>>ジャケットはしっかりとウエストをシェイプ、着丈はほんの少しだけ短めに。
スカートも膝上の少し短めの丈にしてスカートの裾をぎゅっと絞ったタイトなデザインで、エレガントさもよりUPです。

ジャケット
生地 9003-1(UVカットサクラクールピケストレッチ・白)
>>>UVカット加工が施こされた機能素材なのですが、張りのある素材感でジャケットやボトムには最適な生地です。(大好評につきこの商品は品切れてしまいましたm(_ _)m)
シングルラウンドネック5ボタン ショート襟
アウトポケット         七分袖(スリット入り)
ボタン>>>白のジャケットにはナットボタンのキャラメル色を差し込むことでアクセントにもなりカジュアルな雰囲気に。
ステッチ>>>前回のベージュのジャケットのステッチがとても気に入ったらしく、今回もステッチをお入れすることに。
前回はハンドステッチだったので、ステッチそのものが目立つ感じでしたが、今回はベーシックなミシンステッチで、ステッチの糸色をボタンと同系色のベージュで統一してみました。
☆★☆ レディース担当:藤本より一言・・・
今回Nさんより立て続けに沢山のご注文を頂いたのですが、カッチリ系エレガント系のスーツそれぞれ1着にジャケットが2着ということで、それぞれセットアップでの着用もさることながら単品アイテムとしてコーディネートの枠が広がること間違いなしですね。
『そうだな〜 私なら、
白のジャケットとのボトムはピンクのスカートでもベージュのスカートでもどっちでも合わられそうだし、
白・ベージュ・ピンクそれぞれのジャケットに手持ちの黒のスカートやパンツを合わせるのもるのもアリだし......』
これだけのアイテムが揃えばこれからの暑い夏ももう怖いものなしです。

 さてさて、出来上がりはどんな風になったのでしょうか?
次回『お客さま ありがとう』をどうぞお楽しみに〜。


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.