お客様いらっしゃい

››HOME ››お客様いらっしゃ〜い

 11月の「お客様いらっしゃ〜い」hiroさんご来店です!

先月に引き続き今月のお客様も大阪店にご来店いただいたお客様のご紹介です。
ここ最近は大阪店にもご来店されるお客様がようやく増えてきました。
お客様とのメールでのやりとりが弾むにつれ、「どういう人かな?一度お会いしたいな!」と常々思っている分、ご来店頂けるとなればやはり嬉しいものです。

さてさて、そんなお客様はhiroさんという、大阪市内にお住いの方で、ご実家も職場も比較的ウチとはご近所なんだそうです。
hiroさんは一昨年前のちょうどこの時期に当店でのファーストスーツをオーダーされた方で、久々に寄せられたメールに前回担当された大阪SHOPMASTERの清水さんも大喜びでした。
それもそのはず、hiroさんは当店がインターネットでのオーダー服の販売を始めた頃の初期のお客様で、その時はもちろんレディースサイトもなく、メンズのサイトを通じてのご注文でした。
すなわち、大阪店NETレディース第1号のお客様でもあります。
それでは、ひとまずはSさんとのメールをご紹介・・・
01.10.22
件名:サンプル返送など
レディースオーダー担当 藤本さん
こんばんは。
先日は、サンプル帳をお送りいただきありがとうございました。
本日、返送させていただきましたのでお受け取りください。

で、その中に今回の希望する生地が載っている雑誌の切抜きを同封させていただきました。
光沢あるかっこいいものを考えていたのですが、結局、女らしいものに変更いたしました。
似たような生地があるようでしたらお伺いしたいのですが、またお返事をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。 From hiro
☆★☆ 自称カリスマ店員(?)藤本より一言・・・
そして次の日、hiroさんからはサンプルと共にオーダーシートと、雑誌の切り抜きが1枚送られてきました。
その生地は?というと・・・ツイードタッチで黒地をベースに白と朱赤をミックスさせたチェックの織り柄の生地です。
雑誌の切り抜きを見れば一目瞭然なのですが、今回hiroさんはとっても女性らしいスーツでお考えのご様子でした。
全く同じお生地はさすがになかったものの、なるべく写真のイメージに近い物を何点かピックアップして、もう一度生地見本をお送りすることにしました。
01.10.23
件名:本日届きました
hiroさん
お世話になっております。
この度は、ご注文ならびにサンプル帳のご返却ありがとうございました。
早速、同封されておりました切り抜き、注文書を拝見いたしました。

それで、まずお生地のほうなのですが、切り抜き写真と全く同じというわけにはいきませんでしたが、よく似た感じのお生地を何点かお探しいたしましたので、本日生地見本を郵送させて頂きます。
一度こちらをご覧頂いてご検討いただけますでしょうか。

それとデザインの方で、上着の腰ポケットとバックデザインのサイドスリットの両方の指定が縫製の技術上お受けできません。
但し、サイドベンツでしたらお付けできますのでこちらではいかがでしょうか?
その他のデザインは特に問題なくお受け出来るかと思います。
胸元の開きを狭くする為にボタン位置をなるべく高めに調整いたしますが、やはり1つボタンというデザイン上普通の上着に比べると開きは少し広くなるかと思います。

今回はスカートということで、スカートの丈等のサイズが必要になるのですが、基本的なサイズはこちらで保管しておりますので、お手持ちのスカートでピッタリなスカート丈を測っていただいてご連絡いただければと思います。
それか、もしよろしければお時間のある時にでもお生地の現物を見るついでにでもご採寸にお越し頂ければとも思います。
どちらにしましてもhiroさんのご都合の良い方法をご連絡いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

オーダースーツのヨシムラ レディースオーダー担当 藤本貴子
☆★☆ 自称カリスマ店員(?)藤本より一言・・・
hiroさんから送られてきたオーダーシートには腰ポケット(両玉フタ付き)とスリットの指定があったのですが・・・これは縫製上ちょっと無理なので、腰ポケットはそのままにして、代わりにスリットの部分はベンツにすることをおすすめしました。
男性の場合は、ベンツで上着の後ろやサイドを割ったものが主流ですが、女性の場合は案外多くないですよね。
でも女性の場合、冬場のスーツのインナーはニットということだってもちろんあり得るので、静電気防止対策には良いと思います。
それに背中に逃げの部分があった方が何かと動きやすいですからね!
自分の必要に応じてこのような指定ができるのもオーダーの特権だと思います。
ところで、肝心のお生地の方はいったいどうだったのでしょうか・・・?
01.10.24
件名:
藤本さん
早速、探していただきありがとうございます。
こういうことは、気分がのっているときにぽんぽんと進むと、勢いにのって、商談成立!ですよね。
なんだか、そんな感じがしています。(^o^)

> お探しいたしましたので、本日生地見本を郵送させていただきます。

4420の1が気に入りました。
本当は、4399の赤系があればいいのですが、ないんですよね?

> それとデザインの方で、上着の腰ポケットとバックデザインのサイドスリットの両方の指定が縫製の技術上お受けできません。
>但し、サイドベンツでしたらお付けできますのでこちらではいかがでしょうか?

そうですか。ではサイドベンツがいいですね。
というのも、これは、一応目的が、中に黒シャツを合わせて、職場の会議に出席できるようなスーツにしたいので、動きにくいものは、困るなーと思ったものですから。
で、スカートの相談なのですが、タイトだと、ちょっと窮屈にならないかと心配になってきました。
生地が多少は、ななめに伸びるので大丈夫でしょうか?
座ったり、たったりをする時に、あまりお尻の線を強調するのは、おじさんに悪いので(^_^;)、セミタイトくらいがいいでしょうか?
そうすると、スリットは必要ないのでしょうか?
(実は、通勤時5分ほど、自転車にも乗るのです)
よく考えてみると、この頃、ロングスカートか、パンツしかはいていないです。
この生地ですと、ロングにするとちょっと重い感じになるかと思って、膝丈にしたのですが、いかがでしょうか?
すみません。いろいろ悩んでしまいます。

> 胸元の開きを狭くする為にボタン位置をなるべく高めに調整いたしますが、やはり1つボタンというデザイン上普通の上着に比べると開きは少し広くなるかと思います。

それは、承知いたしました。

> 今回はスカートということで、スカートの丈等のサイズが必要になるのですが、基本的なサイズはこちらで保管しておりますので、お手持ちのスカートでピッタリなスカート丈を測っていただいてご連絡いただければと思います。

形が決まりましたら、また、ご連絡したいと思います。
私の方も、もう少し、雑誌で研究してみます。
取り急ぎ、進行状況まで。 From hiro

☆★☆ 自称カリスマ店員(?)藤本より一言・・・
 hiroさんのお好みのお生地が見つかってほんと良かったです!
ちなみにお選びになられたのはツイードタッチのエンジ地に黄色のチェックの生地で所々にピンクや黄色、青など色とりどりのネップがついたとってもかわいい感じのするお生地です。
それはそうとhiroさんは通勤には自転車を使用しているそうなんですが、自転車の時のスカートって何かと気になる点が多いですよね。
フレアーだとスカートがまくれちゃうし、あまりにもタイトすぎると漕ぎにくいし。
それに丈が短すぎるのもちょっとね・・・。
私自身も通勤には自転車を使用しているので、自転車に乗ることを想定しながら一番BESTなデザインを考えてみました。
そして私からのスカートの提案は→
・セミタイト・・・今回の生地(4420−1)は多少の伸縮性があるとはいっても完全なストレッチ素材ではないのでちょっとゆったり目の方が動きやすいと思います。
・膝丈・・・hiroさんがおしゃるように、今回のお生地でロングスカートとなるとかなり重たい印象になると思うのでちょうど膝ぐらいの長さをおすすめします。
・スリットorベンツ・・・前スリットだとスカートがめくれてしまったり、座った時なんかも結構気になったりしちゃうと思いますので、この場合、バックベンツもしくは少し浅めの脇スリットがおすすめです。

と、いったところですね。(ちょっとはご参考にしていただけたかな?)
その後しばらくして、hiroさんは細かなデザインの打ち合わせと、実物のお生地を見る為にご来店されることになりました。
私は前日にお生地の実物、前回の資料等をあらかじめ用意しながら、心待ちにしていました。
そしてようやくご対面の瞬間。
メールでは結構会話が弾んでいましたが、実際お会いするとなるとちょっと緊張です。
そして実際にお会いしたhiroさんの第一印象は、どちらかと言えばサバサバとした感じのするとっても感じの良い方で、私的にも一安心でした。(実は結構ノリも良かったりなんかします)
世間話もそこそこに、デザインの最終的な打ち合わせです。
だいたいのデザインは事前にhiroさんが決めてらっしゃったので、後は細かなデザイン等をご一緒に決めてゆきました。
最終的なデザインは →
<ジャケット> <スカート>
・シングルテーラードで1つボタン  
・袖は3つボタン
・センターベンツ
・腰ポケットは斜めに
・内ポケットつき
・セミタイト
・膝丈
・前ひだ

今回hiroさんと直接お話をしていて、改めて気がついたことがあります。
それは、サンプル帳と一緒に送られてくるオーダーシートには、レディースの数多いデザインの中の代表的な物しか載せていない為、どうしても選択の幅が狭くなりがちだということです。
hiroさんの場合もまさにそうで「お客様いらっしゃ〜い」コーナーのAさんのスーツの斜めのポケットがかっこいいと思ったんですけど、あんなのもできるんですね」ということで最終的には斜めポケットに変更になったのです。
ですので今後は特にお客様のこだわりのスーツの完成やちょっと変わったデザインなどをHP上で出来るだけたくさんご紹介していくようにしますが皆さんも『こんなのできない?』などのご質問は遠慮なく言ってくださいね。


さてさて、hiroさんのスーツの出来上がりはいかに?
実際この原稿を書いている時点ではもう出来上がっていたりするんですが・・・実は私とんでもない失敗をしてしまいました。(ひゃ〜どうしよう・・・)
この続きは次回「お客様ありがとう」コーナーにてお話ししたいと思います。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.