女性用オーダーメイドスーツ オーダースーツのヨシムラ(レディース)
お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう ■東京店編

 すっきりシルエットのアンサンブルの完成です!

 今年の冬は暖冬と言われていましたが、実際のところ2月は各地で大寒波に見まわれ東京でも雪の降る日が多かったですね。
皆さんのお住まいの周りはいかがですか?

さて、1月にご紹介したリピーターのOさんの卒入学用アンサンブルがようやく完成いたしましたので、早速ご紹介したいと思います。

春は卒入学シーズンでセレモニースーツが活躍する時期ですので、お子さんをお持ちのお母様方は 是非ご参考にご覧下さい。

今回Oさんからは、

「出来れば卒入学どちらでも着られるものが良いのだけど、、、」

「生地も1色使いでなく、織り柄や何色かミックスされているものが良い。」


...とのご要望でご注文頂きましたが、
さてさて、どのような仕上がりになったでしょうか?

それでは、早速ご紹介いたしま〜す。

詳しいオーダー内容については、前編の「お客様いらっしゃ〜い」をご覧下さい。

全体はこのような仕上がりになりましたが、皆さんご覧いただきいかがですか?
素材は秋冬物ですが、色目が春らしく明るめですので、軽快な雰囲気に仕上がっていますよね。


それでは、デザインについてポイントを絞って詳細をご紹介いたします。

■ デザインのポイントは・・・ ■

◆ ジャケット&ワンピースの襟ぐり ◆

    >>>今回Oさんがこだわった部分がこちらの襟ぐりです。
Oさんは広めな襟ぐりがお好みですので、ジャケットとワンピース、それぞれ襟ぐりを広めにお仕立させていただきました。

今回ポイントとなるのがアンサンブルとしてお召し頂いた時にジャケットとワンピースの襟ぐりが重ならないようにするということです。
ジャケットからワンピースの襟ぐりが見えてしまうのはNG××

ジャケットを羽織ったときにワンピースの襟ぐりが広くなっていると襟元がスッキリして見えますよね。



□■□ レディース担当三谷より一言・・・ □■□
アンサンブルも喪服としてお召しになる場合は、なるべく肌は見せずワンピースの襟ぐりもやや控えめな開きになります。
その場合ジャケットの襟ぐりもあまり広く開けすぎないようにお仕立しますが、今回のように卒入学などのセレモニーとしてお使い頂く時には、華やかさも必要ですので広めに開けて頂いた方がネックレスなどのアクセサリーも併せやすく遣い勝手が良いですね。
   
そこで、今回お仕立する際に襟開きをどれくらいにするか?採寸時にはOさんとじっくり打ち合わせをして工場へ指示しました。
   
襟あきの指示は型紙を使用

>>>実際には通常よりどれくらい広めにしたかと言いますと、、、

レギュラーより
横幅・・・左右それぞれ+1.0センチ  縦・・・+2.0センチ です。

   
この数値を出すために先ずは通常の襟開きがどれくらいになるのか、工場から型紙を取り寄せして、横の開き具合と前の下がり具合を調整しました。

ちなみに、ワンピースの襟あきに関しては標準的な襟あきの見本のワンピースをお召し頂いてOさんのお好みを加味しながら数値を決定しました。


   
当社でご用意しているノーカラーの襟ぐりは基本的には鎖骨の上あたりを通るくらいの開きになります。

今回のジャケットはワンピースの襟ぐりとのバランスもありますので、 あまり広がりすぎると羽織ったときに襟が抜けた状態(横に浮いた状態)になってしまいますので、その辺りも考慮しながら、レギュラーの襟あきの型紙を合わせながら数値を割り出しました。

   
いかがですか?
ジャケットを羽織っても襟の横が浮いたりしていませんよね!?

   
ハイウエストですっきりシルエット

>>>ワンピースのゆとり量はジャケットに比べるとややタイト目になります。
Oさんのワンピースは標準的なゆとり量(バスト8センチ、ウエスト8センチ、ヒップ6センチ)でお仕立していますが、実際にご着用頂いた感じはとってもフィットしていますよね。

このようなフィット感を出すポイントは、(元々Oさんのプロポーションが良いこともありますが...)ウエストの絞る位置を本来のウエストラインよりやや高めにすることです。
高い位置で絞ることによってバストUP効果脚長効果ダブル効果ですっきりシルエットの完成です!


   
縫い代の始末は、、、

>>>今回の生地は春〜秋にお召し頂ける素材感と色目と言うことで、ベースの色が淡いグレー系と淡いベージュ系のMIXになっています。
それに合わせ裏地も明るめのカラーで淡いピンクをお選び頂きました。
。。。が、裏地が明るめになると表地の内側の縫い目(端ミシン)が透けて見えることもしばしばあります。
(通常お使い頂いているキュプラですと透け感がないのでミシン目が透けて見えることはありません。)

普段お召し頂いている時には見えない部分、また殆どの方が気にされない部分かとも思いますが、上着を脱いで裏返して置いていたりすると、以外と気になってしまう部分ですよね?

画像の中央部分にミシンの縫い目がありますが、ボサボサと糸が出てこないように全ての縫い代にロックミシン(端ミシン)を施しています。(少々分かりにくい画像ですみません。)

ちなみに、こちらの仕様はお客様からのご依頼ではなくお選び頂いた裏地のお色や透け感によって私たちスタッフが工場へ指示させて頂いています。



。。。以上が、Oさんのご注文、卒入学どちらにも使えるすっきりシルエットのアンサンブルです。

卒入学シーズンは丁度季節の変わり目と言うことで、素材は秋冬、見た目は春と洋服選びには微妙な時期ですので、これからお洋服を準備されるお母様方の参考にしていただければと思います。

また、既製品では好みのスタイルやサイズのお洋服を探すのはなかなか大変かと思います。
そんな時にはご自分の好みも取り入れつつ、サイズもジャストフィットに出来るオーダーにチャレンジしてみませんか?

生地、デザイン、サイズについてのご相談は各レディーススタッフまでお気軽にご連絡下さい。
お待ちしてま〜す


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.