女性用オーダーメイドスーツ オーダースーツのヨシムラ(レディース)
お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう ■東京店編

  爽やかな夏用ジャケットが勢揃いです!

 6月に入り梅雨入りも間近となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
これからの時期は蒸し暑い日が多く体調も崩しがちになりますのでくれぐれも健康管理には注意して下さいね。

さて、そんな憂鬱な季節になりますが、夏本番に向けて爽やかな夏用ジャケットのご注文を頂きましたので皆さんにご紹介したいと思います。

お仕事がら夏場でもスーツやジャケットが必須の方もいらっしゃると思いますが、ビジネス用となるとどうしてもベーシックな色目を選んでしまい無難なコーディネートになってしまうことってありませんか?

今回ご紹介するジャケットは素材、色目と夏らしいとっても爽やかなものばかりですので夏の通勤着など、コーディネートのご参考にしていただければと思います。

ご注文頂いたお客様はいつも大変ご贔屓いただいているリピーターのAさんです。
Aさんのご注文スタイルは、お仕事をされていらっしゃる関係でなかなか実店舗にお越し頂くのが難しいためご来店頂くときはいつも数着まとめてご注文頂いています。
今回も、なんと、、、5着まとめてご注文頂きました。
いつもいつもありがとうございます!

生地はそれぞれお選び頂き、デザインはAさんのお気に入りが決まっているのであまり大幅な変更はされないのですが、裏地やボタンはお任せでそれぞれ私の方で合わせさせて頂いています。

。。。と言うことで、今回は「お客様 いらっしゃ〜い!&ありがとう!」としてご紹介いたします。

それでは、早速ご紹介したいと思いますが、上述の通りAさんはお気に入りのスタイルが決まっていますので基本デザインは全て同じになります。


 ■ 基本デザイン ■
 
・シングルテーラード 3つボタン ・・・ プリンセスライン付き
・襟型 ・・・ ピーク襟(襟幅8センチ 広め)
・腰ポケット ・・・ 角フラップ 片玉
・袖ボタン ・・・ 1つボタン
・フロントカット ・・・ Cカット(小丸)
・バックデザイン ・・・ ノーベント


全体の出来上がりはこのようになりました。
プリンセスラインには柔らかい印象のクローバー襟で、ピーク襟にはカッチリ系のテーラードスタイルをイメージされる方が多いと思いますが、、、
女性らしいシルエットのプリンセスライン付きにメンズライクなピーク襟の組み合わせ、いかがですか〜!?

ウエストラインがシェイプされたシルエットと広めのピーク襟、全く違和感なくスッキリとまとまっていますよね。
Aさんのお気に入りのスタイルです!

続いてはデザインのポイントを絞ってご紹介したいと思います。




 ■ デザインのポイント・・・ ■

◆ ポイント・・・幅広のピーク襟 ◆
幅の広いピーク襟は存在感もあり男性的な印象ですが、レディースのピーク襟はラペル(下襟)に丸みがあるので、メンズライクと言うより逆に女性らしい印象になります。
ですので、女性らしいプリンセスラインとの相性もバッチリなんです。

◆ ポイント・・・ウエストラインを強調したプリンセスライン ◆
立体的なカーブでバスト包み込むプリンセスラインは、女性らしさをアピールするのに欠かせないラインですよね。
裾まで入っているので視覚的にもウエストをスッキリと見せてくれています。

◆ ポイント・・・サイジング ◆
最近のスタイルとしては、通常ジャケットのゆとり量はヌード寸法に対して10センチ〜12センチくらいに調整させていただいていますが、元々スリムな体型のAさんですが、ゆとり量は6〜7センチとかなりタイトになっています。

ちなみに、ゆとり6〜7センチはワンピースをお仕立てする際のゆとり量になります。
皆さんも実際ワンピースをお召しになってお分かりかと思いますが、着用したときの感じはかなりフィット感がありますよね。
しかもワンピースは、下着の上に着ますので元々ゆとり量は少なくても問題ないのですが、ジャケットの場合は薄手とは言ってもインナーは着ますので、それを考えるとAさんのサイジングはとってもタイトです。

そのため、ボタンを留めた状態はもちろんですが、ボタンを外した時も画像のようにだぶつき感がなくとてもスッキリしています。

■□■ ゆとり量について一言・・・ ■□■
ゆとり量は標準的な数値(ヌード寸法に対して10〜14センチ程度)をベースにしてお仕立てさせて頂いていますが、シルエットや着心地はお客様のお好みによって異なりますので、ご注文の際にはご希望をお聞かせ下さい。
ただ、極端にタイトにしてしまうとあちこちにシワが入ってしまって折角のオーダーなのに身体に合っていない、ということになってしまいますので、その辺りはお好みをお伺いしながら調整させていただきます。





上記でご紹介したジャケットの生地です。
(こちらは裏仕立てが総裏と背抜きとそれぞれご注文頂きました)


 ■ 生 地 ■
 
  ■ サマースーティング(品番:63127-2)




 
その他の生地でお仕立ていただいたジャケットはこちらです。

それぞれ素材は、夏らしい天然素材のコットンや麻との混紡で、着心地も涼しく夏用ジャケットに最適です。

また、ボタンも生地によってくるみボタン本水牛ボタンとアレンジしています。
生地の色目が近くても合わせるボタンによって仕上がりの雰囲気が変わってきますので、オーダーいただく際のイメージ作りとしてご参考にご覧下さい。

 
   ■ ファンシースーティング(品番:94237-3)



 
 
   ■ ヴィスコースリネンサマースーティング(品番:94184-1)



 
     ■ リネンシルクファンシースーティング(品番:94212-2)





。。。以上がAさんの夏用ジャケットでしたが、皆さんご覧になっていかがでしたか?

生地やボタンを変えるだけで仕上がりの雰囲気がかなり違ってきますよね。
ぱっと見ただけでは全て同じデザインだなんて気付かないかも!?

今回の仕上がりを参考にご覧頂いて皆さんも自分流のお洒落を存分に楽しんで下さいね!


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.