お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう

 素敵な春夏スーツが出来上がりました!
 今年は暖冬の影響で都心では初雪を見ることなく春一番が吹きましたが、皆さんのお住いのお近くではいかがでしたか?
春の訪れが早くて嬉しい反面、今年は花粉が観測された日も観測史上初めてというぐらい早い時期でしたから、そう喜んでばかりはいられないですね。
(既に今の時点で花粉の量も「非常に多い」との予測ですし。。。ハ、ハ、ハックション!!)

さて、そんな日に日に春めいてきたこの頃ですが、ちょうど良いタイミングで先月のお客様Tさんの春夏物スーツが完成してきましたので、早速ご紹介したいと思います。

今回のTさんのご注文を簡単にまとめるとこのような内容でした。
春〜夏用のとても爽やかなブルーのスカートスーツ
3シーンズン着用OKなブラックのパンツスーツ

・・・この2着ですが、詳しいオーダー内容については前回のシーズン先取り!春物スーツのご注文です!をご覧下さい。

それでは、いったいどんな感じに仕上がったのか、早速出来上がりの画像をご覧下さい。


 ■ 最初にご紹介するのは、春から夏にかけて活躍してくれそうなブルーのスーツです。 ■

全体の仕上がり雰囲気はこのような感じになりました。

どうでしょうか?とっても爽やかで涼しげなスーツだと思いませんか??
ブルーは夏の青空や海を連想させるカラーですので、こらからの季節にピッタリですね!
(画像ですと本来の綺麗な色目が表現できないのが残念なのですが、実物はとっても綺麗な色ですよ!)

全体の雰囲気はご覧頂いた通りですが、その他ディテールについてもポイントを絞りながらご紹介していきたいと思います。



 ■ ジャケット丈 ■

>>>ここ数シーズンは、ショート丈のコンパクトジャケットがトレンドですが、今回Tさんはあえて着丈を少し長めにされました。
意図としては、今回のジャケットは替え上着として別のボトムともコーディネートしながら着回しができるようにということが理由のようです。
ジャケットの丈は合わせるボトムによってそれぞれ違ってくるものですが、Tさんの場合はパンツと合わせた時にヒップラインが見えるのはあまりお好きじゃないということもあって、ヒップが完全に隠れてしまわない程度のギリギリの丈にしました。

着丈って、一概にトレンドだけで決めてしまうと後々後悔することにもなりかねないので、皆さんもジャケットをオーダーされる際には、どんなボトムと合わせるかそういった点もどんどんお聞かせ下さいね。


 ■ キュプラ裏地 ■

>>>表地がせっかく綺麗な発色のブルーですから、裏地だって爽やかな色目を合わせた方が良いですよね。
と言うわけで、今回は通常使用している裏地サンプル帳以外の、夏用の薄手のキュプラのブルー系をお選びいただきました。
画像をご覧頂いてお分かり頂けるでしょうか?かなり薄手の裏地ですので夏場はとても涼しくお召しいただけますよ!

当店では、シーズンや用途に合わせたキュプラ裏地を色々とご用意していますが、その生地の特性を大いに活かした裏地選びというのもオーダーの大切なポイントの1つですので、サンプル以外の裏地をご希望される方はご遠慮なくお申し付け下さいね。




 ■ 貝ボタン ■

>>>ボタンも今回はちょっとこだわって貝ボタンをお付けしました。
ベーシックな素材ですと、水牛ボタンが一番しっくり馴染みますが、今回のような明るい生地にはいつもとちょっと雰囲気を変えてみるのも新鮮で素敵ですね。
貝ボタンは見る角度によって色が変化するので、黒っぽく見えるときは全体に引き締まった印象に。
白っぽく見えるときは軽やかな印象にと、光沢の加減で微妙な色の変化を楽しむことができるので、皆さんも是非一度試してみてください。
サマージャケットとかには、夏らしく涼しげに見えてgoodだと思いますよ!



 ■ 続いては、3シーズン着用もOKなブラックスーツをご紹介いたします。 ■

>>>素材は↑のブルースーツと同じくポリエステルですが、こちらの生地はメタリック超の光沢感がありとてもドレッシーな印象に仕上がりました。
少し高めのヒールで合わせてブーツカットのパンツを履けば足長効果もバッチリ!
スッキリした格好いいパンツスーツといった感じですね。
普段使いでは勿体ないくらいドレッシーで、パーティー、イベント、飲み会...etc、色々なシーンでフルに活躍出来そうな、そんな素敵な雰囲気でした!


 ■ ウエストラインスッキリのプリンセスライン ■

>>>Tさんは今までジャケットのオーダーは、ベーシックなテーラードが多かったのですが、今回は素材的にあまりカッチリし過ぎるのも、、、と少々迷っていらっしゃいました。
「それじゃ、今回はプリンセスライン付きにしてみませんか?」とご提案してみたところ、Tさんも大賛成してくれましたので、今回初めてプリンセスライン付きのタイトなシルエットでお作りしてみました。
バストからウエスト〜裾にかけて入っているラインがとてもスッキリとした印象ですが、はたしてTさんご本人には気に入っていただけるのでしょうか?ご感想が楽しみですね。


 ■ 少し広めの衿 ■

>>>ジャケットは1つボタンですからVゾーンが広めになりますが、衿巾は細くせずにあえてボリュームを持たせてみました。
衿巾はその時のトレンドやお客様のお好み、それにご体系によって微妙に違ってきますが、今回のようにパ〜ンとはった広めの衿もなかなか素敵ですね。
トレンドの傾向で最近は細めの衿に見慣れてしまっているせいか、とても新鮮で格好良く映りました。




....以上がTさんの春夏スーツの仕上がりでしたが、ご覧になりいかがでしたか?
本当はTさんのご試着姿を是非拝見したかったのですが、今回はお送りだったため残念ながら直接拝見することができませんでした。
また、ちょうど原稿執筆日が出荷日だったため、この時点ではまだご感想を頂けていませんが、爽やかなブルーのスーツも、初挑戦のプリンセスライン付きのスーツも、どちらも気に入っていただけると良いですね。



 今回の生地は2着ともよく似た素材でしたが、生地の色目によってこんなにも違った印象のスーツになるんですね。
これからイベントなど人前に出る機会も多くなる季節ですが、皆さんは爽やか系?ドレッシー系?どちらの路線がお好みでしたか? 


ちなみに、今回ご紹介したスーツは2着とも、2007年SPRINGのオススメ商品としてご紹介していますし、もちろん店頭にも展示していますので、これからスーツの新調をお考えの方は是非ご参考にしてみて下さい!

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.