お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう

 綿コートもライナー付きで暖か冬用コートに変身!
 11月も半ばを過ぎると街では早くもクリスマスのイルミネーションが点灯し始め、季節が冬へと確実に移りゆくのを実感します。
今年は秋でも暖かい日が多かったので、冬物のスーツやジャケットなどの重衣料の動きは例年と比べやや遅い傾向でした。
でも、このところようやく平年並みに朝晩は冷え込むようになりましたし、そろそろ皆さんも冬支度の準備をされていらっしゃる頃ではないでしょうか。


さて、コートの出番も間近ということで、今回は先月Hさんからご注文いただいたライナー付きコートが完成しましたので早速ご紹介させて頂こうと思います。
詳しいオーダー内容は前回の 「ライナー付きコートのご注文です」をご覧頂ければと思いますが、一番最初にHさんから伺っていたコートのご要望はこんな感じでした。

綿のコートを冬用コートとして使いたい
赤のステンカラーが希望

、、、というご要望でしたが、生地の色に関しては実際に生地サンプルをご覧頂いたところ、最終的には落ち着いたトーンの青系にご変更になりました。

さてさて、コートの仕上がりは、、、? 早速出来上がりをご紹介いたしま〜す。


 ■ 全体な雰囲気はこんな感じです ■

皆さんいかがですか〜?ウエストラインがスッキリとして綺麗なシルエットですね〜。
コートの長さも膝下丈でパンツ、スカートとどちらにも併せやすい長さだと思います。
色目も落ち着いているので通勤用としてもちろんOK、オフタイムでもお洒落な着こなしに一役買ってくれそうな万能アイテムですね。



次に、こだわりのディーテールにスポットを当ててみますと、、、



こわだりのポイント・・・シームポケット
 プリンセスラインの切替えを利用したシームポケットは、正面から見たときのシルエットがとてもスッキリしています。
ちなみにこちらのシームポケットは、コートに限らずジャケットでも用いられるデザインですので、「ポケットは必要だけど見た目はスッキリさせたい」という方、是非一度試してみて下さい。

 それと細かい点ではポケット位置ですが、コートのポケット位置は袖丈に応じて実は微妙に違っているんです。
手の長い人は下目に、短い人は上目にという具合にそれぞれお客さまの袖丈とのバランスを考慮してお付けしていますので、ポケットに手を入れた具合はとても自然な角度になります。
Hさんもこのポケット位置にはご満悦でした!



こわだりのポイント・・・内ポケット
 レディースの場合でも、主にビジネススーツとしてお召しになる方から内ポケットのご要望が結構多く、Hさんもスーツのご注文では毎回必ず内ポケットをお付けいただいています。
既製品の場合、内ポケット付きのスーツってなかなか見かけませんし、あれば結構重宝がられる存在なんですよね。

同様に、コートの場合でも内ポケットなしがスタンダードとなりますが、Hさん曰く「通勤などで定期や切符などちょっとしたものを入れておけるのでコートの内ポケットはあるととても便利!」とのことで、今回は左右に内ポケットをお付けしました。
ご希望の方はご注文時にご指示頂ければ左側のみや左右の両方にお付けすることも可能ですので(+1,050円)お申し付け下さい。



こわだりのポイント・・・シームポケット
 今回のコートで一番のポイントともいうべきライナーですが、茶系のチェック柄がコートのブルーとも相性バッチリ!とても素敵なコーディネートですね。
出来上がりをご覧頂き、Hさんにも気に入って頂けてホッと一安心です。



...が、実は今回のご注文では大変な失敗談がありまして、、、
いったいどんな失敗かと言うと、ライナーの仕様を当初のご注文と違ってお仕立てしてしまったのです...。
当初のHさんとの打ち合わせでは、滑りを良くするためにライナー部分の肩口には左の画像のように裏地を貼り付けるということでした。
が、実際に仕上がってきたのは右の画像のように裏地が付いていないライナーだけの仕様でした。


 ☆★☆ レディース担当三谷より一言・・・ ☆★☆
 今回のご注文では元々Hさんは綿コート(秋〜冬用)と言うことで、ライナー付きでお考えではなかったのですが、ご相談いただく中で「コートにライナーも付けることも出来ますよ!」とご案内したところ、そのご提案にとてもノリ気で、「それじゃライナー付きでお願いします!」ということになったのです。
ウール素材のライナーを付ければ綿コートでも冬場の着用が可能ですので、Hさんも仕上がりをとても楽しみにしていただいているようでした。

...が、実際仕上がってきたものはHさんのご要望とは違った内容。
しかも、出来上がってきたのがHさんがご試着にお越し頂く予定の前日ということもあり、ライナーの違いをお直しする時間もなく、ひとまずHさんには出来上がりの状態をご確認いただくことと、サイズ等のチェックも含めてご来店いただくことになりました。
(Hさんには折角楽しみにお待ちいただいているところ申し訳ないことをしてしまいました。Hさん本当にすみませんでした。)

 今回のライナーの仕様に関しては「通常既製品では全面ライナー生地ですが、オーダーでは滑りを良くするため肩口部分に裏地を付けることもできるんですよ〜」と得意気にHさんにご案内しただけに、このような間違いが起きてしまうなんて、、、とてもお恥ずかしい限りです。
Hさんには更なるお時間を頂き、ライナーは当初のご注文通りの仕様に仕立て直すということで、ご了解いただきました。

 それと、今回間違ってお仕立てしたライナーですが、こちらは破棄するのも勿体ないということで、Hさんには2パターンのライナーをそれぞれ使い分けて頂くことになりました。


・・・と、以上がHさんのライナー付き あったか綿コートでしたが、皆さんいかがでしたか?
さぁ〜、これからが冬本番、コートが活躍する季節です。
ウール以外の綿素材でもライナーを付ければ暖かな冬用コートに早変わり!と、とても便利ですから皆さんも是非お試しになってみて下さいね。

☆★☆ お・ま・け・・・綿コートにファーを付けると? ☆★☆
 今回Hさんにはご来店いただき写真撮影にもご協力いただきましたが、その際にたまたま店頭に展示してあったファーを巻いた状態でも写真を撮らせていただきました。
とても今っぽいというか、カジュアルな印象が強いコットンコートもファーを付けるとこんなにゴージャスになるんですね。
ファーというとカシミヤやウールなどに付けることが多いですが、こんな感じで取り付けるのもちょっと贅沢な気分がして素敵だと思いました。

ぅん??ちょっと待てよ、、、と言うことはひとまずファー付きでコートを1着作っておいて、それ以外の手持ちのコートにもファーを取り付けるボタンを付けておけば、ファーを色々と使い回しすることができて便利なんじゃないの??
う〜ん、これってなかなかgoodアイデアですね〜。

衿のデザインや衿周りの大きさの違い( 例えばスタンドカラーとステンカラーではファーの取り付け方も違いますのでこれは無理です)で使い回しが難しいケースもありますが、基本的によく似た感じの衿のコートになら取り付けも問題ないですので、もしこういったご要望があればお気軽にご相談下さい。



☆★☆ お・ま・け・・・店頭ではコート生地も色々ご用意しています! ☆★☆
 今シーズンは例年と比べるとややコート地のバラエティが少なかったので、店頭ではこの時期スポットでコート地を追加投入するようにしています。
サンプルではお目に掛かれない、アンゴラやカシミヤウールなどの高品質でお買い得なコート地など出来るだけ集めるようにしていますので、カシミヤとかよりももっと気軽に羽織れるコートをお探しの方は、是非お店まで下見に入らしてください。 中には、1点物の掘り出し生地なんていうのもありますよ〜。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.