お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう

 話題のリボンつきジャケットが完成しました!

 朝晩の冷え込みが日ごとに厳しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
秋が過ぎゆくのを実感すると共に、そろそろクリスマスや年末年始のイベントなどに向けて、華やかな冬の装いを意識し始める時期ですね〜。
皆さんは今年のパーティー服はどんなドレスアップを楽しまれる予定ですか?

 さて、今月のありがとうは、先月ご登場いただいた鳥取のTさんの出来上がりをご紹介したいと思います。
 今回Tさんにオーダーいただいたのは、今年の大本命トレンドのベルベットジャケット。
しかも、デザインはビクトリアンファッションを意識したリボン付きジャケットとくれば、もうコレは絶対に見逃せないですね〜。
きっと、先月号のいらっしゃ〜いをご覧頂いた方にとっても、今回の出来上がりは非常〜に楽しみだったはずに違いません。

一方で、まだ前編の「いらっしゃ〜い」をご覧頂いていない方、コチラをご覧頂けば、今回のオーダーまでの経緯が詳しく分かって、きっと面白いですよ!!

 それでは、あまり出し惜しみしていてもしょうがないので、早速出来上がりをババンとご紹介していくことにしま〜す。


 まず最初にご覧いただきたいのがこちらの全体画像です。
今回はTさんのご了承のもと、大変恐縮ながらも私 藤本が先に袖を通させて頂きました。身長が低い私が着るとショート丈の雰囲気があまり伝わらないですが、これは正真正銘のコンパクトジャケットです。)

 いかがですか?前を留めずに軽く羽織る感じでも、なかなかさまになっていますよね。
これはこれでシンプルな着こなしで案外イケるのではないでしょうか?


そして、ここからが見逃せない大きなポイントですが、、、
今回のジャケットの基本形は、フロントにボタンなどが一切取り付けられていないタイプです。
それを、↓の画像のようにリボンで留めて着る方法と、そしてくるみボタンに何かしらの細工を施して留めるタイプの、2パターンの着方があるのですが、はたしてこのアイデア、上手く成功したのでしょうか?



 ■ リボンバージョン ■

 それでは、まず最初にリボンバージョンのお披露目ですが、、、

どうです?ウエストのリボンがとってもキュートで、まさに可愛ぃ〜の一言に尽きると思いませんか!!
ちなみにこちらのリボンですが、当初Tさんはジャケットの生地と共布のリボンをご希望されていましたが、そうなると素材が肉厚すぎてボタンホールに通らないという問題が発生し、この案はやむなくボツに...。
と言うわけで、代替え案として比較的薄手の黒のベルベット地でリボンを作成することにしたのですが、これが私の予想以上にビクトリアンの雰囲気にピッタリはまっていて大正解でした!

 そして、さらにここからがTさんのお洒落の腕の見せどころ。
実はこのリボンは2パターン用意されていて、こちらは裏地にも使用したオリーブグリーンのキュプラで作ったリボンベルトです。
どうです?こちらは黒リボンとは一転して、フェミニンでありながらもかなり個性的な雰囲気ですね。
このバージョンだと目立つことまず間違いなしですが、グリーンのリボンが意外とそんなに浮いて見えないのはいったい何故なのでしょうか?
それはきっと、表地にもグリーンのドット柄が描かれていたり、それに腰ポケットの玉縁にもリボンと同じグリーンのキュプラを取り入れているので、それがきっと上手く馴染んでいるからなんだと思います。
一見、斬新そうに思えて、でも実はその辺もしっかりと計算されているあたり、さすはがお洒落なTさんですね。ホントいつも感心させられてしまいます。



。。。と、リボンバージョンはこのような感じでしたが、ここから先にもまだまだサプライズな仕掛けが盛り込まれています!
→のように黒のベルベットと共布とで2種類のくるみボタンを作成したのですが、これをいったいどういう風に利用するかというと、、、

 ■ くるみボタンバージョン ■


 それは、この2種類のくるみボタンの裏側にそれぞれゴム紐を通して、ゴムカフスのようにして前を留めてしまうというわけなんです。
このようにちょっとした細工を施すだけで、こんな感じに拝みボタン風に前を留めて着ることができちゃうのですが、どうです?こちらのボタンバージョンも何となくタキシードみたいでとってもドレッシーですね。



。。。と、このようにTさんのジャケットは驚異の4wayジャケットとして、また新たなる伝説を生み出しました。
ちょっとしたアイデア次第でこのように洋服がガラリと変身するなんて、まるでマジックのようですね。
もちろん、これも全部Tさんのアイデアですが、う〜ん、、、正直ここまでくるとホント大したもんです。

この4つのアイテムを使えば
アレンジも自由自在に!


 ■ ユリのコサージュ ■

 最後に、ジャケットと同時にご注文頂いたユリのコサージュの仕上がりがジャジャ〜ンこちらです。
ジャケット同様、コサージュもビクトリアンをモチーフにして、素材はベルベットファーを使用しました。
とってもシックで、なおかつゴージャス感もしっかりと持ち合わせているので、冬の装いにもう一華添えてくれること間違いなしですね。

 ■ 051026   件名:ありがとうー!! ■

昨日、受け取りました。忙しくてメールできず、この時間です。ごめんなさい。

やっぱし、ちょーかわいい!想像どおりに出来上がってましたねー。
ベルベットは、確かにこの方がよいですね。堅いと結びにくいからねー。
ボタンはゴムまで通してもらっちゃって、ありがとうです。
ここまでうまくいくとは思いませんでした。大成功!
お手数掛けましたね、ありがとうございました。
早速、金曜日のお食事会にきていこうかなっと。

それと、コサージュは値上げしたほうがよいですよ(大笑)。
あんなきれいなものを、5千円以下で提供するなんて、安すぎ!
羽がふわふわで、とても美しい。藤本さんのアイディアですか?脱帽。
どんどん、宣伝しちゃってくださいね。

それでは、今回も大満足のジャケットでした。ありがとうございました。
皆様(清水さんや工場の方)にもよろしくお伝えくださいませ。 (鳥取:Tより)


 ☆★☆ レディース担当藤本より一言・・・ ☆★☆
 ふぅ〜、Tさん、どうやらご満足のご様子で何よりです。
ショールカラーに始まり、リボンベルト、腰ポケットの玉縁のパイピング、大きくラウンドカットされた裾、そしてタイトでコンパクトなシルエット・・・etcとこのように旬の要素をめいっぱい取り入れた、とってもレディーライクな1着でしたね〜。

毎回独自のファッションセンスを盛り込んだとてもこだわりのオーダーをされるTさん。
今回はトレンドの中のトレンド、ベルベットに真っ向から勝負する形のオーダーでしたが、全部で4種類の着こなしが楽しめちゃう無敵の4way仕様にはホントにあっぱれ、お手上げです。
『 私もTさんの真似して、4wayジャケット作っちゃおっかなぁ〜』と真剣に考えてしまいました。

皆さんも、話題のリボンジャケットに挑戦されてみてはいかかですか?
リボン代が2,100円とボタンホールを左右両方にあける特殊パターン代が2,625円で、トータルで+4,725円アップするだけでできるなんて、とってもお得だと思いますよ〜!
(それはそうと、コサージュの値段、本当に値上げした方がいいのかな。。。ぼそっ...)


▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.