お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう

 お客様ありがとう!:シックな卒業式スタイルの完成です!

3月も中旬になると徐々に日中の気温も暖かくなり、しのぎやすい季節となってきましたね。
でも朝夕はまだまだ冷えこみますので、皆さんもご健康には十分ご留意くださいませ。

さて、そんな春の訪れを身近に感じられるようになったこの時期ですが、ちょうど先月のお客様Iさんのスーツとスプリングコートが完成いたしましたので、早速皆さんにもご紹介したいと思います。

先月ご紹介したIさんは、お嬢さんの卒業式に着ていくスーツとその上に軽く羽織れるスプリングコートのご注文でした。
卒業・入学式シーズンの装いはやはり春らしいパステルカラーや明るめのカラーが多い中、Iさんはあえてブラック系でシックにまとめた装いを希望されていました。
詳細はこちらをご覧頂くとして、出来上がり画像をお見せする前にご注文内容を簡単にご紹介しますと・・・
スーツ
生地は・・・
黒で地模様のある生地を希望。(出来ればストレッチ性がある方が良い)
>>>この条件は簡単そうに思えて意外と難しく、全ての条件が一致する商品はほんの1、2点しかご用意できませんでした。ストレッチの黒で、無地やストライプなどの柄物なら結構沢山あるんですけどね。
ただ、卒業式に着用という点で言えば、無地では少し華やかさに欠けますし、ストライプはどちらかと言えばワーク系のイメージが強いですし....う〜ん悩ましい。。。
・・・と言うわけで、秋冬物サンプルの中から薄手の梅春素材で織り柄の入った生地2種類をオススメした結果、T/Cジャカードのブラック(1114-2)に決定となりました。
市松模様の変形型のジャカード織りを施した珍しい織り柄の生地ですが、織りからなす光沢感がとてもクラシカル&高級感溢れる生地ですので、まさにお洒落なお母様という雰囲気です。

デザインは・・・
シングルのラウンドネックのスカートスーツ
>>>ラウンドネックでも、アクセサリーをつけることを前提に考え比翼仕立てに。

スプリングコート
生地は・・・スプリングコートは明るい色目が多い中、こちらもスーツと同様ブラック系で。
 >>>あまりカッチリとした雰囲気ではなく普段にも気軽に使えるようにということで、シルクデニムのブラック(1017-2)をお選びいただきました。

デザインは・・・ステンカラー
>>>基本のデザインはいたってシンプルですが、実はIさんならではのこだわりの仕様も色々と盛り込まれているんです。

さて、今回のご注文内容はざっとこんな感じでしたが、ブラックの比翼スーツとデニムのハーフコートの出来上がりはいったいどうなったのでしょうか???
どうぞご覧下さい。



まず、スーツ全体の出来上がりの雰囲気はこんな感じです。
画像では市松模様の織り柄が少し分かりづらいですが、生地全体の光沢感がとても綺麗で華やいだ雰囲気に。パールなどのアクセサリーがとても映えそうですね!
「シワになりにくいのも嬉しいですが、何よりも軽くてスーツを着せられている感じがまったくない」との感想も頂きました。

ところで、このジャケットの衿ですが見た目に少し小さく感じませんか?
実はこの衿の大きさも今回のポイントの一つで、ステンカラーの衿(スーツ)の上に更にステンカラーのコートでは首元が重くなりがちなので、中に着るスーツの方の衿は小さめにしたんです。
ちなみに、上の画像では標準の衿の大きさを黄色のラインで表してみましたが、こうして比較してみると今回のIさんの衿が小さめということがよく分かります。
ステンカラーでも、このように衿先が丸くなく真っすぐの小さめの衿だとシャープな雰囲気になりますが、これならコートの前を開けて着たときも元がスッキリしますね。

腰ポケットですが、ステンカラーの場合オーソドックスにフタツキポケット、もしくはポケットなしでスッキリさせる方が多いですが、これもIさんらしいこだわりで箱ポケットになりました。
箱ポケットも見た目にスッキリとしていますし、フタツキポケットに見慣れている私達からすればとても新鮮な雰囲気ですね。

次にスプリングコートですが、一見シンプルな仕上がりですがよく見ると身頃のボタンホールが全てブルーなんです。

そもそもデニム素材はブルーや赤などのビビットなカラーとの相性も良いですし、それに裏地のブルーと同色という点でも統一感があって正解だったと思います。
そして、コートの背中部分の作りはというと、両端をボタンで止めたバックベルトです。
ウエストベルトがあっても実際に使用しないけど、まったくなしでは何となくつまらないということで背中にバックベルトを選ばれたのですが、両サイドについた大きめのボタンが可愛らしくてgoodです。
☆★☆★レディース担当藤本より一言☆★☆★
このようにIさんの今回のご注文は全体をブラックでまとめたシックなスタイルとなりましたが、ブラック一色で決めてみるのもなかなか素敵ですね。
スーツの方は織り柄&光沢感とても華やかな雰囲気ですし、スプリングコートもシルクデニムの柔らかな風合いと光沢感カジュアルダウンしすぎない仕上がりで、Iさん自身にもとても喜んでいただけました。

が!実はコートのサイズを大きく作りすぎてしまって部分的にお直しすることになってしまいました。

スーツの上に着用するということをあまりにも意識しすぎた結果、ウエスト〜ヒップ周り、それに肩幅のゆとりを大きく持たせすぎたのが原因ですが、冬用の厚手のコートと違いスプリングコートの場合はスッキリとした軽快さが一番のポイントと言えるだけにこれは大きな計算間違いでした。
仕立て上がりそのものにはとてもご満足いただいていただけに、これには本当に申し訳なかったです。

そして、お嬢さんの卒業式が1週間後と日にちが押し迫っていることもあり、コートの方は早急にお直しをしてIさんのご自宅へお送りさせて頂きました。

このような理由もあり、今回はIさんにはご来店いただいたにも関わらずご本人のご試着姿の写真をほとんどご紹介できなかったのですが、(正確に言うと、その場でも何枚か写真を撮らせて頂いていたのですが、やはりサイズが大きすぎて綺麗なシルエットが出なかったのであえて掲載しませんでした。)コートが届いたIさんよりこのようなご感想を頂きました。
04.02.26 件名:コート届きました、感謝!
藤本さん
さっそく鏡の前でくるくる回って見てみました。
本当にシルエットがきれいになりましたね〜すっきり感が全然違います。
ボタンを上まで止めたところがとてもきれいでウェストの位置と絞り具合がとても良いです。
横から見てももっさりしていません。バックベルトがあっても、ベンツがあると横幅が分割されて細くみえるようです。
自転車のサドルにすそを敷き込まないのでしわにもならないというおまけ付き。
今まで後ろ裾のしわが気になることがあったので・・
コートの肩は下に着るもので微妙に違いますね。このコートはやはり先日のスーツに着ると一番肩のラインがきれいです。
コートやスーツは肩で着るんですねー。
いつも楽なニット類ばかりなので気づきませんでした。
送りをお願いしていたらそのまま着てそれなりに満足していたと思います。
試着を見ていただきぴったり直していただけるというところにオーダーの利点はあるのだとあらためて納得いたしました。

本当に着るのが楽しみなスーツやコートです。(コートはさっそく午後から出番です!)
先日は先客がいらっしゃるのにお世話かけて申し訳ありませんでした。
写真でもいろいろ注文言ったりして赤面しています。
webでもスーツやコートの良さが伝わるといいのですが、モデルが悪いのでもったいない。(いえいえそんなことないです、私こそピッタリのサイズで写真が撮れずスイマセンでした by藤本)
モニターで見るよりずーっと良いですよ、と声を大にして言いたいです。

花粉症とのこと、つらい季節がはじまったばかりですね。お大事になさってください。
また、機会がありましたらお願いいたします。(大阪市 I)
☆★☆★レディース担当藤本より一言☆★☆★
最終的には「着るのが楽しみになるコート」とお褒めの言葉を頂き私もホッと一安心です。
特にスプリングコートの方はこれからがまさに活躍の時期ですので、学校の行事に、普段のお出かけにとせいぜいご堪能下さい。

春先はどうしても明るい色目の洋服が多くなる中、時にはこのようにブラック一色でシックにまとめてみるのもかえって新鮮に映りますね。
ブラックは全体的に引き締まって見えるので私もよく好んで着ますが、洋服をブラックで統一する場合、バックや靴・スカーフなどにポイントをおいたお洒落が可能ですので、一見シンプルなように見えて実は着ている人のセンスの良さを最も引き立たせるカラーだと思います。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.