お客様ありがとう

››HOME ››お客様ありがとう

 お客様ありがとう!:この冬大人気!アンゴラコートの完成です。

先月ご紹介しましたSさんからのご注文『アンゴラコート』がようやく出来上がりました!

今年のコート素材はメンズ、レディースともにアンゴラが大人気なんですよ。
先月開催した共同購入でもアンゴラをご希望のお客さまが多くお陰様で30分程での完売となりました。ご入札いただいたみなさんありがとうございました!

Sさんもご注文当初はアンゴラorアルパカと悩まれていましたが、やっぱり今年人気のアンゴラでのご注文となりました。

今回Sさんがアンゴラを選ばれた理由ですが・・・
何でもSさんはかなりの肩こり症とのこと。
コートはスーツと違い着丈を長くするため仕上がりはどうしても重くなりますよね。
そこで、なるべく軽いコートが欲しいということで生地の軽さでは申し分ないアンゴラでのご注文となりました。
詳しいオーダー内容については前編「お客さまいらっしゃ〜い!アンゴラコートのご注文です。」 をご覧くださいね。
それでは早速出来上がりをご紹介しま〜す!

今回はご注文時に出来上がりのイメージとしてイラストをお持ち頂きましたので実際の出来上がりと併せてご覧ください。
※:ホントは画像を頂きましたが著作権の関係でイラストに落とし直しました。
イラスト

基本デザイン
シングルチェスターコート(比翼仕立て)
共布ベルト付き
腰ポケット・・・アウトポケットフタ付き
衿巾・・・広めに10センチ
着丈・・・膝丈

みなさん出来上がりはどうですか〜。
イラストと比べてかなりイメージ的に近い仕上がりになったと思いませんか?
デザイン的にはオーソドックスですが共布ベルトが今年風でなかなかお洒落ですよね。
雑誌やデパートなどで見るコートも今年はやっぱり共布ベルト付きが多いですね。
☆★☆★レディース担当三谷より一言☆★☆★
コートを見た瞬間...社内でも「デザイン画のコートぴったり〜!」と、思わず声が・・・
とっても素敵な仕上がりで私も欲しくなっちゃいました!
ご注文をお受けした私としては大変感激!思わず羽織ってしまいました。
Sさんより先に着てしまってゴメンナサイ

では次にディーテールについてご紹介したいと思います。
ポイント1 >>>ベルトのステッチ&アウトポケットフラップ付き
今回コートでは初仕様のベルトのステッチですが、画像でお分かりになりますでしょうか。
衿、前身頃(比翼部分)、腰ポケットと同様にハンドステッチ(手縫い調で目が粗めのステッチ)を入れてみました。
デザイン的にはオーソドックスなシングルチェスターをベースにお仕立てしましたのでどこかにアクセントを利かせて・・・と言うことでイラストのコートのように衿、前身頃、腰ポケット、ベルトにステッチを入れてみました。

また、元々チェスターコートはカチッとした印象になるため今回はパンツスタイルが多いSさんですのでカジュアル感を出すため敢えてアウトポケットのフラップ付きにしてみました。
アウトポケットもなかなか可愛いですよね。

★☆★ コートのステッチについて一言・・・ ★☆★
ステッチにはハンドステッチとミシンステッチがあり生地によってステッチの種類も使い分けしています。
ステッチの巾もスーツに入れるものより広目に入れるのがコートにはgoodですね。(際より7mm〜9mm内側に)
ハンドステッチ(AMFステッチ)・・・上記画像右側
イメージ >> 高級感が出る。
生地 >> 素材としてはコートの王道カシミヤやアンゴラのような無地に栄える。
デザイン >> チェスターコートのようなカッチとした印象にお薦め

ミシンステッチ・・・上記画像左側
イメージ >> カジュアル感が出る。
生地 >> 素材としては織りの甘い生地や当社で扱っているハリスツィードなど。
デザイン >> ラグランコートのようにカジュアルな印象にお薦め

ポイント2 >>>衿巾
ご注文時にSさんから「衿を大きく」とのご指示で今回は衿巾を10cmにてお仕立てしました。
胸元の開き具合も良い感じでしょう。どんなインナーとも併せやすい開き具合ですね。インナーにタートルを着てペンダントをしてもアクセサリーが隠れてしまうこともないですし襟元が寒い時にはマフラーを巻いたりとアレンジが利いて色々とお洒落が楽しめそうですね。


ポイント3 >>>着 丈
Sさんは普段お仕事ではあまりジャケットはお召しにならないとのことでしたのでニットのセーターにパンツスタイルが多いためコート丈は膝丈にしてカジュアルな雰囲気がでるようにしました。
Sさんの場合 身長約155cm(...だったかな?)でしたので膝丈89cmでお仕立てしました。
また、着丈を短めにしたことからウエスト位置も若干ハイウエストにして足長効果も狙って見ました。
どうですか〜、バッチリでしょ!
☆★☆★レディース担当三谷より一言 コートのゆとりについて☆★☆★
コートのご注文をいただく際必ず皆さんにお聞きしていることがあるのですが・・・
『コートを着るときはジャケットはお召しになりますか?
 それともニットのセーターの上からですか? 』
「なぜそんなことが必要なの・・・?」
....実は、レディースコートのお仕立てする時にはとっても重要なんです。

レディースの場合コート着用時のスタイルが2パターンあって
1.ビジネススタイルとして >>>スーツ着用の上にコートをお召しになる方
2.カジュアルスタイルとして >>>ニットのセーターの上からお召しになる方

スーツの場合インナーにはブラウス、カットソーetcと、あまり厚手の物は着ませんよね。でも、コートを着るときはどうですか?
前述した通りスーツを着る時とニットのセーターを着る時と、その日によって違ってきますよね。
そこで....洋服には必ず『ゆとり』が必要ですがインナーに何を着るかによってゆとり量が異なり仕上がりの寸法も変わってくるんです。

今回ご注文のSさんはニット着用ということでゆとり量はあまり多くせずお仕立てしました。

※ご参考までにコート(ジャケット着用時・ニット着用時)とスーツのゆとり量の違いをバストのゆとりを例にご説明しますね。(バストのヌード寸法にプラスするゆとりです。)
-
コート
スーツ
ジャケット着用 24〜25cm のゆとり 13〜14cm のゆとり
ニット着用 18〜19cm のゆとり -

比べてみるとゆとり量の違いもインナーによって差が出るのが分かりますよね。
それ故レディースコートのお仕立てにはジャケットを着用するか否かがポイントになるんです。

実は...今回Sさんからのご注文はニット着用ということでしたのでサイズの決定には苦労しました。

.... と、以上がSさんのアンゴラコートでしたがいかがでしたか?
さぁ〜、これからが冬本番、みなさんも是非オリジナルコートでお出かけされてみてはいかがでしょうか。

☆★☆★ 最後にお・ま・け・・・コート選びのポイント ☆★☆★
生地 ・・・長期着用と着用頻度を考え耐久性のある生地がベスト。
>>> 今年人気のアンゴラは柔らかい風合いを持ちながらも耐久面でも安心できる生地です。

デザイン・・・流行を追いすぎるのはNG!
>>> 流行を追ってしまったばかりにその年はトレンド先取り!なんて気分良く着ていても翌年にはもう着ている人がいなかったり・・なんてことのないようにシンプルの中にもちょっとだけトレンドを取り入れみてはいかがでしょうか?
さりげないお洒落が素敵ですよ。

価格 ・・・コートはカシミヤなど高級素材が多いことからスーツとは違ってお値段も高め。
お財布の中身と相談してから...なんてこともありますよね。
>>> 当社ではコートのお仕立て上がり価格は(生地によって異なってきますが)デパートなどと比べてもかなりリーズナブルでは・・・
ちなみに当社のレディース生地でのお仕立て上がりは45,000円〜88,000円位です。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.