スタッフ紹介

››HOME ››スタッフ紹介

このコーナーは当社東京店・大阪店の各SHOPMASTERを含めたスタッフをご紹介するコーナーです。
将来的には仕入担当者や事務方などオーダー服に携わる者全員をご紹介できるようなページに
したいと思っていますが当面は直接皆さまと接する者だけご紹介いたします。

 代表取締役:吉村 雅隆(Masataka Yoshimura)
吉村
生年月日 昭和43年10月生まれ
経歴 平成3年大学卒業後某信託銀行へ勤務
平成7年実父の他界に伴い家業を継ぐ
平成10年代表取締役就任
趣味 釣り・スキー・ダイビング・テニス

実は中学からの生粋の慶応ボーイです。
若くして社長さんをしていますが仕事の内容は社長業+経理総務部長+紳士服営業部長etc...要は何でも屋です。

法律家の家に生まれたためか物を書くセンスはピカイチで社内一の「物書き」です。
当店の初代東京SHOPMASTERで、当時のHPのテキストはほとんど全て作成しておりました。
勉強家な性格ですが、やはり採寸スキルやキャリアとなるとどうしてもこの道20年以上のベテラン選手達にはかないませんので、お客様に対しては原則的には採寸しないようにしています。
最近はグループ会社の経営等に忙殺されているため店頭へ立つことは少なくなりましたが、会社にとって有益な情報はお客様が教えてくれる!が口癖ですので、ちょこちょこ顔を出すと思います。
その際は、是非気軽に声をかけてあげて下さい。
(以上社員某氏によるコメント)


 東京店レディース担当:三谷 一美(Kazumi Mitani)
三谷
生年月日 昭和4※年6月生まれ

当社在籍10ン年の三谷さんは大ベテラン。
これまでは事務方の仕事が多かったのですが、レディースの仕事が増えるにつき万の辞しての登場です。

レディースの採寸は女性ながらのデリケートなご相談も受けることがありますが、彼女でしたら安心です。
若い方からは良きお姉さん、年上の方からは可愛がられるタイプですのでどしどしご相談下さい。

 東京SHOPMASTER:佐野 雄一(Yuichi Sano)
高岡
生年月日 昭和57年4月生まれ
経歴 愛知県出身。
H20. 有限会社CLAMP入学
H22. 株式会社ユニクロ入社
H24. 株式会社BIG VISON入社
   Esola池袋店立ち上げを経てヨシムラへ

H29.5から、3代目SHOPMASTERとなりました、佐野です。
以前は、グループ会社のBIG VISION Esola池袋店で立ち上げからずっと店長として働いておりました。
その他のキャリアとしては、カジュアル服の販売から、一世風靡したDCブランドでの販売、ある時はカフェバー、はたまた不動産の営業、そしてバンドマンまで色々と経験してまいりましたので、色々なお話を皆さんとしながら楽しくオーダーしていただけたらと思います。
オーダースーツのヨシムラの良い所、そしてBIG VISION の良い所を掛け合わせた今までのSHOPMASTERとは違う、ハイブリッドなSHOPMASTERを目指し日々精進してまいりますので宜しくおねがいします。

 大阪SHOPMASTER:南浦 充好(Mitsuyoshi Minamiura)
南浦
生年月日 昭和45年9月生まれ
経歴 平成5年 株式会社ライカ 入社
その後、ジャンニヴェルサーチジャパン
某オーダーショップ勤務
平成18年 当社入社(平成21年一旦退社)
平成24年 当社再入社
趣味 ドライブ

南浦が武者修行を終えて当社ショップマスターへカムバックを果たしました。
以前の大阪店でSHOPMASTERを務めておりましたので、ご存じのお客様も多いと思いますがそのキャリアにより厚みが加わりましたので、どちらさまも以前にも増して、どうぞよろしくお願い致します。
また、そのキャリアはカジュアルの「ライカ」に始まりゴージャスな「ヴェルサーチ」そして幾多のオーダーショップを経て当社に至りましたが、その間に於ける経験や業界に於ける人脈の広がり、なによりも多くのお客様に愛されて現在に至っています。
現在進行形のオトコ、南浦をこれからもどうぞよろしくお願い致します。

 フルオーダー工場 工場長:吉井 久勝(Hisakatsu Yoshii)
吉井
出身 鹿児島県
丁稚奉公
修業時代
学校を卒業すると地元鹿児島の小さな個人テーラーで丁稚奉公をいたしました。
その後、宮崎で約2年勉強した後、昭和40年に上京。
英和時代 上京した後は、当時 英國屋加工部の看板を上げていた株式会社英和(英国屋系の縫製工場)へ勤務
英和時代には、政財界の要人の顧客が多く故田中角栄総理中曽根康弘元総理など数多くの著名人のスーツを縫製いたしました。
  英國屋と英和は直接的な資本関係はないものの創業者同士が親しかったため、英國屋と同一視する向きもあります。
英和ではその後 同社内において生産管理部に籍を移し、縫製の職人から工場管理者としての道を歩み、当社(三久服装)より乞われて出向(転籍)。

当社では、取締役工場長として工場管理の他、ノーベル賞受賞者小柴教授をはじめ著名人のお仕立てを引き続き担当し、現在に至る。


吉井工場長は当社でお受けするフルオーダー最終責任者
普段は工場で工場長として縫製作業に携わり、土曜日は東京店でフィッターを行なっています。(年に1〜2度は大阪店へも出向きます。)
頑固職人達の親分(=工場長)と聞くと声を掛けづらそうですが、実際はドスの効いた声で怒鳴るようなキャラクターではなく、甲高い声でニコニコしている方ですので、普通のオーダーの方も気軽に声を掛けてくださいね。
作り手の生の声を聞けるチャンスです

 東京店紳士服スタッフ:玉岡 一芳(Yoshikazu Tamaoka)
玉岡
生年月日 昭和29年8月生まれ
経歴 S53.3 立教大学経済学部卒業
S54年 大賀株式会社 入社
 数々のプレタブランド、
 百貨店を担当後オーダーセクションへ
 銀座のオーダー店 ワールドビスポーク立ち上げ
 (実は当社も協力!)
 仕入企画・営業開発担当部長等歴任後 退社
H21.10 当社入社

玉岡氏は輝かしい経歴の持ち主。
立教大学を卒業後、キングタイガーで一世を風靡したアパレル会社の大賀へ入社。
メンズプレタの担当から、百貨店渉外、オーダー部門、新ブランド立ち上げ、直営店立ち上げ等々華々しいキャリアです。
アパレルに長く在籍していただけあって、トレンドに追随するのではなくトレンドを作る側に立って仕事をしていましたので、この点はオーダー業界の弱点(トレンドに遅れる)をカバーする人材です。

入社はH21年ですが、三久服装を通じSHOPMASTERとは数年来親交を深めていた間柄ですので、即戦力として活躍が期待できます。


 東京店紳士服スタッフ:早藤 昇(Noboru Hayafuji)
早藤
生年月日 昭和22年12月生まれ
経歴 昭和41年 海城高校卒業
藤井毛織・フジイテキスタイル等を経てH19.5月より当社勤務。

早藤さんはちょっと不幸な(?)経歴をお持ちのスタッフ。
それは、前職である藤井毛織(カシミヤ製品のメーカーとして超有名!)が定年退職の数ヶ月前に倒産してしまい、それがきっかけで当社に入社したという経歴。
当時当社へ入社しても1月で定年になるのに大丈夫...という声もありましたが、持ち前の大声ポジティブ精神のお陰で今は他のスタッフを圧倒する存在感になっています。
お世辞にもファッションセンスが良いとは言えませんが(早藤さん怒らないで!)お客様へのサービス精神はSHOPMASTER以上と言っても過言ではありませんので是非皆さんご贔屓下さい。
今では超有名受験校となった海城高校卒という事、新宿3丁目がホームグラウンドという事、野球好き前立腺肥大でちょっと難儀した事などを話題にすると盛り上がることでしょう。

 東京店紳士服スタッフ:福田 直樹(Naoki Fukuda)
早藤
生年月日 昭和38年10月生まれ
経歴 S60.4 壱番館洋服店 入社
約18年の勤務中、上衣・ベスト・パンツの縫製技術を取得。
その後、ホテルオークラ店で裁断・接客を担当。イタリアミラノへ留学経験あり。
H15.11 スタンロード入社
ナポリスタイルを日本へ紹介する一助を行う。
H17.07 銀座テーラー入社
H23.09 当社入社

福田氏は若手技術者のホープ
何故なら、高齢化が進むテーラー業界の中で、型紙が引けて縫うことができ、仮縫いまで出来る技術者は、40代ではそうはおりません。
でも、そんなこと言ったって、出来るのと技術があるのとは違うでしょ?という厳しい声もあるかも知れませんが、彼の履歴を見れば納得のはずです。何が凄いって? それは福田氏のキャリア。
銀座の壱番館で約18年。
縫いの見習いから、カッター、営業、までこなし...
その後はスタンロードでナポリスタイルを学び、直近では銀座テーラー。
技術者としては、王道ど真ん中を歩いてきたキャリアです。
でも、人柄は非常に温厚で、どちらかというと言葉数は少ない方ですが、技術・接客・人柄どれをとっても申し分ない人ですから気軽に声をかけて下さいね。

 東京店紳士服スタッフ:安藤 智彦(Tomoihko Ando)
玉岡
生年月日 昭和59年12月生まれ
経歴 埼玉県出身。
H19.3 明海大学経済学部経済学科卒業
H19.4 ユザワヤ商事株式会社 入社
H25.3 当社入社

安藤氏は、特殊?な経歴の持ち主。
以前は、俳優を目指していたようで、エキストラ等ではなく、セリフ有りの役で出ていたようです。
ただ、現状は厳しくきっぱり割り切って当社へ入社してきた安藤氏。
実は、大学卒業後紳士服オーダーの世界に数年いたということもあり、ブランクはあるものの、どんどん知識や技術を吸収して行っており、今後が楽しみです。

そのやさしい性格から、お客さんの子供にも気に入られ、外に出ても小さい子に懐かれる人柄と、やることをしっかりやるという姿勢は皆さんのお力になれると思いますから、是非お声かけください。


 東京店紳士服スタッフ:渡辺 義隆(Yoshitaka Watanabe)
渡辺
生年月日 昭和61年3月生まれ
経歴 2010年3月 東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科 卒業
2012年3月 東京医科歯科大学大学院 生命情報科学教育部 バイオ情報学 卒業
2012年4月 株式会社CACエクシケア(2016年8月現在:CACクロア)入社
2016年5月 当社入社

一つ一つしっかりと、着々と物事をこなす渡辺君。
異業種より服飾業界への思いをどうしても捨てきれずに、当社へやってまいりました。
ファッション業界は学生時代にユニクロでアルバイトをしていたようですが、スーツについても知識は少なかったものの、今では大分板についており、急成長を遂げている渡辺君の経歴は、おもしろいものです。

・6歳にリウマチに罹患したことで、医療業界にもともと興味 ・音大卒の父の影響でヴァイオリンを習い、母がファッション好きということもあり、芸術系への興味を持つ

  ↓
・バイオ、医療関係の勉強を大学、大学院でしていたこともあり、医薬品開発を行う臨床開発職として入社
  ↓
・医薬品開発業務に従事でき有意義な日々を送ることができていたがもともと強い興味があったアパレル業界への思いが捨てきれず、当社へ。
豊かな感性と精密な思考力、そして何より洋服への熱意でどのように成長していくか。 こうご期待です!

Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.