バックナンバー集

››HOME ››バックナンバー集

 比翼スーツのデビューです!

 そろそろ本格的な梅雨のジメジメしたシーズンの到来ですが、皆さんいかがお過ごしですか?
もう既に5月に入った頃からは日中は初夏並の気温になる日もざらで、春先まで着ていたスーツもそろそろ厳しくなってきました。
そこで『この時期に新しいスーツを新調しよう!』と思い立った訳なのですが、初夏〜真夏用ということを考え極力薄手の生地で、それに袖は半袖or七分袖....と当初のテーマはざっとこんなところでした。
さ〜て、今回はどんなデザインにしようかな〜
 
 今回は夏物ということで「極力涼しげでそれでいて女の子らしいデザイン」と考えていたのですが、いつも同じようなのではつまらないし......という点で今回はかなり悩みました。
少し前までは女性のスーツスタイルと言えば、
ラウンドネック&タイトスカートの組み合わせがほとんどだったのですが、
俗にいうシャネルスーツ風のスタイルですね。)
時代の流れもあり、ここ数年は女性のスーツスタイルで一番人気は、メンズスタイルを意識したテーラードタイプのスーツという風になってきました。
もちろん基本のスタイルはメンズライクでも、シルエット面ではウエストをしっかり絞ぼった女性らしいタイトなものが人気なのですが。
(↑当社でいう、プリンセスラインがまさにそれにあたりますね)
メンズライクなスタイルを好みながらも、シルエットの面ではしっかりと女性らしさをアピール....私自身も実際そうなのですが、そう考えると女性は本当わがままですね〜。
その辺りが女性ならではと言えばそれまでなのですが、スーツであれほどピッタリとした感覚って、男性からみればあまりピンとこないと言うか、本当のところちょっと理解しがたいのではないでしょうか??

また、引き続きエレガント系のファッションが支持される一方で、スーツスタイルだけに限らず、テーラードのジャケットはこの秋もトレンドとして引き続き注目されているのですが、
テーラードの様な あぁいうカッチリ感のあるジャケットを女の子流にスカートと組み合わせたり、フリルの付いたドレッシーなシャツと組み合わせたりするのは色々お洒落が楽して良いですよね〜。
私もどちらかと言えばマニッシュなタイプの方が好きなので、スーツを新調するときは必ずと言って良いほど、テーラードタイプでした。

ちなみに、この春に私が仕立てたスーツもやっぱりテーラードのブラックスーツです。

が!!...好みを優先したい気持ちよりも『いつも同じじゃ つまんない!!』という気持ちの方が大きく、今回は思い切って今までとは全く違ったデザインに挑戦することにしました。
私自身だけでなく、多分皆さんにとっても新デザイン登場ということになりますので、皆さんも是非チェックしてみて下さい。
 
生地
「夏物で1着作るとなれば絶対にコットンのベージュ!」と前々より決めていたのですが、私の場合あまり薄すぎる色だと、ぼやけて映っちゃうし、(ようするに太って見えちゃうってことです....^_^;)
逆にブラウンがきつすぎるのも嫌だし....ということでシルクシャンブレーのカーキー色に決定です。
カーキー色と言っても、この生地はからし色とグレーの2種類の糸をシャンブレー織りしたもので、それにシルクの光沢感も加わって、光の加減でカーキーにもベージュにも見えるんです。
このシルクシャンブレーは他にオレンジ・焦げ茶・ブラックがあるのですが、どのカラーも光沢感がとても綺麗ですよ〜。


基本デザイン
シングルラウンドネックロールカラー付き
>>>私にとっては初めてのデザインだったのですが、一番上のボタンをハズして軽く襟を立てて着るのもさまになりそうですね。
ローライズパンツ
巻きスカート
>>>これも一度試してみたくって今回初めて挑戦してみたのですが....巻きスカートの生地の重なり具合や裾のカットがちょっと上手くいかず、出来上がり後 洋裁の得意なM女史にリフォームしてもらいました。

....と、まぁこれだけを見ていると何ら変わり映えのしないごく普通のデザインなのですが、ここからが注目ポイントなんです!(もったいぶってゴメンナサイ。)
ポイントその1・・・比翼仕立て
これが今回の一番の目玉なのですが、レディースでは今までは比翼をお受けできなかったのですが、このたびシングルのラウンドネックザインに限り、この比翼仕立てが可能になりました。(^_^)v
比翼ボタンはコートには多いのですが、最近は既製品のスーツでも良く見かけますね。
一番上以外は表からボタンやボタンホールが見えないので、見た目にスッキリとしていて、それがかえって新鮮なんですよね〜
ボタンホールが見えない代わりにジャケットの打ち合わせ部分にステッチが入るのですが、これもスタイリッシュで、尚かつ全体的に引き締まった雰囲気になります。
ポイントその2・・・7分袖
私自身が暑がりというのもあったのですが、真夏にいかにも暑くるしそうな長袖のジャケットを羽織るよりも、7分袖ぐらいの方が軽涼感もあって良いと思いあえて7分袖に。
袖先にほんのちょこっとスリットが入っていて、実際に着ていてもとても涼しく感じます。
ポイントその3・・・襟のデザイン
あまり可愛らしい雰囲気にはしたくなかったので、小さめの襟で襟先も丸くせずに、シャープ感を出しました。

ポイントその4・・・アウトポケット
比翼仕立てでフロント部分がスッキリとシンプルな分、腰ポケットはアウトポケットでアクセントを付けました。
意外に思うかも知れないですが、ラウンドネックのようなエレガントなデザインでも、カジュアルなアウトポケットがピッタリはまるものです。
 
...と、まぁこのような感じで今回のスーツを仕立ててみたのですが、
どうです〜ラウンドネックに比翼もなかなかお洒落なものでしょ!?

普段ビジネスでテーラードのスーツばっかり着ているって人にとっても、新鮮でそれにとてもお洒落な雰囲気ですので、テーラードスーツにちょっと飽きたって人は是非チャレンジしてみて下さい。

当分の間は大阪店にディスプレーしてありますので、ご来店の際には「比翼スーツ見せて」と是非声を掛けて下さいね。

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.