バックナンバー集

››HOME ››バックナンバー集

 ハリスもレディースならこんな風に〜

 9月も後半になと、日中はともかく朝夕は涼しい風が吹くようになり日々一段と凌ぎやすくなってきました。
そうなるにつれ、そろそろ秋、冬本番に向けての厚手のアウターを皆さん意識し始めると思いますが、当社でも真冬もコレ1枚で楽勝!というジャケットやコートが徐々に動き出しています。
そこで今回はその中でも最も話題性のあるハリスツイードを使ったコートやジャケットをレディースならではのこだわり要素も含めながらご紹介したいと思います。

その前に、まずハリスツイードといえば言わずと知れたツイード発祥地英国スコットランド北部のハリス・ルイス島産の手織ツイードですが、ざっくりとした風合いで粗い手触りといったツイード本来の姿と、更に野生ぽく粗野な感じがプラスされた超カントリー風のツイードです。ご紹介はこちらでも!
一見白髪のような差し毛がチクチクした肌触りを更に強調するかのようなのですが、ハリスはざっくりとした羊毛と羊毛の間にたくさんの空気が入っているため、カシミヤ100%に引けを取らないほど暖かく、厳寒のスコットランドの気候にも耐えれる素材なのです。
更に、元々は狩猟の際に着る防寒着として使用されていた素材というだけあって防寒や保湿性にも優れていますが、雨にも強いです。 どうしてかって?
それは生地に油がのっているのでその分水分を弾き返してくれ、少々の雨なら生地に染み込んでくるからなのです。(さすがに狩猟の時に傘はさせませんものね〜。)
さすがはそういう厳しい気候の中で作り出された生地なだけあります。

さてさて、ツイードの中でも王様格とされるハリスツイードですが、レディースには少々ヘビーすぎていまいちウケないのでは?という私の予想を覆すほどで、メンズに負けじとレディースのお客さまにも意外と好感触のようでハリスを支援するこんな内容のメールを頂戴しました。
滋賀県のHさんの場合:
ハリスツイードについてBBSの書き込み思わずレスしてしまいました。
信楽の冬は厳しいのでこの前の冬に購入したハリスツイードの暖かさといったら!感動しました...
結局2着も購入してしまいこげ茶のヘリンボーンと細かいチェック(?)の定番を押さえてしまったので、黒やダークな紺・茶など、無地ベースなモノの入荷を密かに期待しています。
しかし、男性の日常仕事着としてはキツイかもしれませんね。むしろその辺は自由度の高い女性の方が受け入れ易いのではないでしょうか?(とっても貴重なご意見ありがとうございます!!by藤本)
昨冬に血眼になって探したハリスツイードだったので、思わずレスしてしまいました。
都内にお住いのMさんの場合:
ツイード生地でコートを作りたいと思っています。
サンプルを見て気に入れば手持ちのコートと同じものをお願いしたいのですが。。。
→やっぱりハリスツイードが一番気に入りました、是非BL1201でコートを作りたいと思います。
そしてお馴染み鳥取のTさんからも!
HP見ました!
ヒトのを見ると欲しくなる・・・。ハリスのジャケットいいですよね〜。 HarrisのジャケットにSONDRIOのコットンパンツっていいなと思っています。
(うんうん、とってもいい感じの組み合わせだと思います!ちなみに私もSONDRIOの焦げ茶で1着作っちゃいました。二人お揃いですね〜by藤本)
どうです、結構な人気でしょう!?他にもハリスに関するご意見をたくさん頂戴しました。

そんな訳で、レディースの方でも何か良い見本となるような物はないかと思案していたところに、WebでUPするには格好の1着が出来上がってきました。

それはと言うと・・・実は東京店のレディース担当をしている三谷さんがハリスでジャケットを作ったらしく、それが周囲からもとっても好評なようなのです。

ふ〜んどれどれ...
んっ、これってかなりいい感じじゃない!三谷さんもなかなかやるな!」 「えっ、でもこれって東京SHOPMASTERと同じ生地なのでは?わ〜いペアルックだ ペアルック!」 なんてちょっとふざけてみたりしながらも、この2着をペアルックで店頭に飾ったら素敵だろうな〜って画像に見入ってしまう大阪陣でした。(当分は東京店の方で飾っておくため大阪陣営はデジカメで撮った画像で我慢です。)

そんな大好評の三谷さんのジャケットはというと...
まず三谷さんの場合、ハリスに対して「チクチクするのはゴメン」というある種のマイナスイメージもあったのですが、産地直送のハリスを見た途端、一瞬にしてハリスの魅力に取り憑かれてしまったそうなんです。
もうコレしかないってね。
素材云々はもちろんですが、なんてったってシーズン性の強いツイードの中でも今年は特にハリスが注目されていますからね。さすがは三谷さん、トレンドに超敏感なだけあります。
しかも三谷さん曰く、今回のテーマは「カジュアルはカジュアルなんだけど、折角作るんだったら女の子らしいポイントも押さえて可愛いイメージで」という訳で、バリバリのノーフォーク仕様ではなくノーフォークを一部取り入れながら三谷さん流にアレンジです。

生地→BL1202
・・・ハリスのベージュ系(無地)でメンズにしてはとっても甘い雰囲気。
 女の子でも可愛く着こなせそうな感じです。
>>>前述の通り、東京SHOPMASTERとお揃いの生地なのですが。。。(ご夫婦お揃いでペアルックなんて話も出てたみたいだけど大丈夫なのかな?by藤本)
・・・東京SHOPMASTERより一言・・・
はい、お陰様で夫婦げんかの元となりました。(^_^;)


基本デザイン
シングルテーラード3ツボタン
>>>ショルダーパッドやエルボーパッチもいいんだけど、レディースでそこまでするのは・・・?
というわけで今回あえてこれらの仕様は省きました。
その代わり、バックデザインはヨーク&背バンド付きでちょっぴりノーフォークの雰囲気も楽しんでみました。

>>>ちなみに肩や背中分等に使う切り替え部分のことをヨークと呼ぶのですが、ヨークには素材を体の曲線にピッタリと合わせる為の機能的な役割と、デザイン上の装飾的な役割とを兼ねているのです。(上画像/右)

三谷さん流こだわりポイント
その1.
襟とポケットのフラップ部分に茶色のスエード合皮を使用してよりカジュアル感UPです。
(三谷さん曰く、サファリをイメージしたんだそうです。)このディテールもレディースならではですね。
同色系でも少しダーク系の色の合皮をアクセントとして使用することで、全体的に引き締まって見えスッキリとした感じがします。

その2.
腰&胸の両方のポケットを蓋付きのアウトポケットにして、計4ツもつけちゃいました。
最初ゴチャゴチャしすぎるかな?なんてちょっと心配でしたが、これが意外と可愛かったりで今回のジャケットの1番のポイントとなりました。どうです、すごく可愛いでしょ!?

その3.
内側にもこだわりを!!
>>>今回はメンズの方でメインで縫製をお願いしている工場で縫製したので、内ポケットやペン差し、タバコポケット、更には汗留めまで付けてもらっちゃいました。
内ポケットに蓋が付いていて、しかも左右両方に付いているなんてとっても感激ですね!!!
しかも裏地を縫いつける糸は東京店オーダー担当の大橋氏の粋な計らいで、赤色になっていたんです。
こういうちょっとした部分へのこだわりも、これまた愛着が湧いてくるもんです。(画像がなくてゴメンナサイ!)
ちなみに、三谷さんのハリスのジャケットは当分の間、東京店で見本服として飾っているようなので、皆さん東京店へ行く機会があれば是非見てみて下さいね。

次に、同じくハリスでコートを作ったMさんはというと...

生地→BL1201
・・・ブラウンベースに小さめの格子柄でとってもハリスらしい生地です。

この柄も女の子が着るととっても可愛い感じになりそうですね。

基本デザイン
・シングルチェスターコート
>>>コートでは前ボタンは比翼仕立てが主流ですが、Mさんはコート用に大きいボタンを使用し、比翼ではなく打ち抜きタイプでボタンが見えるようにしました。

こだわりポイント
その1.
通勤にもプライベートにもどちらでも着回しが利くよう、着丈は膝よりも少し下ぐらいで。
>>>コートにしてはちょっと短かめの丈ですが、ボトムにジーンズを合わせることも頭に入れあえて短めにしました。
これならプライベートでもカジュアルに着こなせますよね。女性の場合ボトムはパンツとスカートと両方のコーディネートを想定しないといけないので何かと大変なんです。

その2.
ウエストラインはあまり絞らずに自然な感じに。
>>>流行にとらわれず末長く使用していただくことがハリスにとって本望ですが、あまり極端にウエストを絞りすぎると体型の変化や冬場の厚手のインナーに対応ができないので、ウエストのシェープ加減はあくまでも自然な感じが一番無難です。



どうです、レディースのハリスもなかなかのものでしょう!!!
ご夫婦や恋人同士でのペアルックも素敵ですし、親子でペアルックなんてのもとっても素敵だと思います。

また、ハリスツイード以外でのコートやジャケットのご注文も徐々に増え始め、つい先日はリピーターのNさんの奥様よりこんなご注文もお受けしました。
(まずはご主人からのお問い合わせのメールをご覧下さい)

<<ご参考>>Nさんはこちらでご登場!!
  こんにちは。川崎のNです。
今日は今週末にお願いするであろうカミさんのジャケットについてご相談です。
今回、カミさんは上襟とポケットフラップの生地を変更したものを作りたいようなのです。
この別生地にスエードを使いたいらしいのですが可能でしょうか?

... と、上記の様な内容だったのですが、これならピッタリの見本(もちろん、三谷さんのジャケットです)がありますよ〜とトントン拍子に話が進みました。
Nさんの奥さまは、ストレッチ素材の淡いブラウン系のヘリンボーン柄でジャケットをオーダーされたのですが、上襟やポケットの玉縁部分には少し濃い目の茶色の合皮を使用したり、背バンドをつけたりと、こだわりのオリジナルジャケットが出来てきそうな予感です。



レディースコーナーでは、ハリス以外にもコートやジャケット向きの生地を多数取り揃えていますので、皆さん是非チェックしてみて下さい!
今月末にはコートやジャケット向けの厚手の生地サンプルが完成予定ですので、それ以降秋冬物サンプルをお申し込みの方にはもれなくコートサンプルもお付けいたします。

 お・ま・け 
ハリスのジャケットもメンズを含めると随分ご注文頂いたので色んな画像が撮れました。
男性の皆さんのもそれぞれカッコイイですね。
登場人物のご紹介!
F谷さん>>>某一流企業人事部勤務。ハリスの黒無地ジャケット&SONDRIO社のコットンパンツ
Y田さん>>>先月メンズサイトでご登場、なんとドイツからのご注文
I澤先生>>>こちらも先月メンズサイトでご紹介!10/7にNews Stationへ当社のスーツでご出演!(久米宏にも負けないダンディーな先生)

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.