バックナンバー集

››HOME ››バックナンバー集

 高級&大切衣類のケア方法

 1年を通して、秋・冬ってお洒落を楽しむにはもってこいのシーズンですよね。
ウールカシミヤレザーにファーとついつい色んな物に目移りしちゃって、あれもこれも欲しくなちゃうぐらいに素材も豊富!
実際、夏場に比べると上質素材が多い分、取り扱いに「う〜ん・・・」と頭を抱えちゃったりなんてことありませんか?
そこで自分でも簡単に出来てしまう上質&大切衣類のケア方法を素材別にトクと紹介しちゃいます。

■□■ カシミヤ衣類 ■□■
ニットにコート、マフラーとカシミヤ製のアイテムは誰もが認める冬場の王様的存在。
カシミヤならではの柔らかな手触りと優れた暖かみはまさに絶妙で一度知ってしまうともうやめられません。
そんな上質な素材だからこそ、日々のケアも欠かせません!ではいったいどうすれば・・・

まずは着用前→汚れ防止対策の為に防水スプレーを一拭き。
水はもちろんのこと、ハネや食べこぼし(虫食いの最大の原因)もはじくのでそういった汚れを未然に防ぐことが出来ます。
防水スプレーといっても革用・布用等があるので素材に合った物をチョイスしましょう。
ただし色落ちや風合いが若干変化する場合もあるので目立たないの裏の部分とかを使って1度テストするのもお忘れなく。

★着用時にもちょっと一工夫を
→カシミヤニットの場合、たとえノースリーブであってもインナーは不可欠
中に何か一枚着るだけで汗ジミや皮脂の付着が防げます。
コートの場合、バッグを脇に抱えるのはタブーです。せっかくのコートが毛玉だらけになんてことにならない為にも他の物との接触は極力避けましょう!

→着ているときにもし食べ物が付いたら・・・すぐふき取って!必ずこの場所から虫食いが始まります

★そして着用後
→「使ったらすぐにその日の汚れを落とす」これが基本です。
着用後はすぐにハンガーにかけて、形を整えてからブラッシング
カシミヤの風合いを保ち日々の汚れを落とすためにもブラッシングは不可欠です。
厚手のハンガーにかけ裾を持ちながら軽くふるって毛並みに添いながら上から下へブラッシングするだけといたって簡単。
出来れば次の順番でやってみて。
表衿裏衿前身頃後身頃
ただしブラシによってはかえってトラブルの原因になる物もありますので要注意。
・エチケットブラシ→毛玉を作る原因になるので絶対NG
・ナイロン製→静電気が起きやすい
ブラシは豚毛などの天然毛の物がおすすめです。

衣類についた臭いが気になったら、蒸気で簡単にとることができます。お風呂場に吊すのも良し、スチームアイロンの蒸気を利用するのも良し。
また最近よく市販されている衣類用の消臭スプレーも便利だと思います。
大事な衣類だからこそ日々のケアで長持ち度をUPさせましょう!

★シーズンオフは不織布等の空気が通りやすいカバーをかけて防虫剤を入れて保管を。

自称カリスマ店員貴子よりちょっと一言・・・
カシミヤのコートをクリーニングに出しちゃうと、どうしてもカシミヤ独特の毛並みや風合いが薄れてしまいがちなります。
だからこそ日々のケアで汚れを取り除き、過度なクリーニングは極力避けましょう

ほら!こうすれば写真のカシミヤコートのように5年経っても大丈夫!(写真は東京SHOPMASTERのコートでイタリア ピアツェンザ製、何と!SHOPMASTERいわく末端価格50万円相当だそうです。(怪しい?))
■□■ レザー服 ■□■
今年も目が離せない革素材のコートにジャケット、パンツ。
私も学生時代すごく大人な感じに憧れてがんばってお金を貯めて買ったこともありました。
あの時のコートはいったいどこに・・・?
私の昔話はさておき、革といっても色々な革がありますが基本的なケア方法は同じです。

★着用前(おろしたて)には必ず革用の乳化クリーム&防水スプレーを塗ります。
こうすることで革の柔軟性が増して傷がつきにくくなります。

★着用時→雨の日などはなるべく着ない方が無難かも。

水分は革を固くしたりカビの原因になったりと何かとトラブルの原因に。
もしカビが生えてしまったら、乾いた布でカビを拭き取りその後で革用クリーナーを十分に馴染ませた布で拭いていく。
だいたいの汚れが落ちれば後は革の色に合ったクリームを擦りこんで磨く。これを数回繰り返せばOK!

★着用後→まず乾いた布で全体を拭き風通しの良い所に一晩吊して湿気をとります。
もしこの時軽い傷や汚れを発見したら→消しゴムタイプのクリーナーを使えばほとんど目立たなくなります。
シーズンオフ→不織布(その名の通り織らない布の事で繊維を糸にせず繊維のままで布状にしたもの。)のカバーを掛けて、除湿剤とともに収納しましょう。
また保管する場所はカビを防ぐ為にもなるべく風通しの良い所がおすすめです。

☆★☆ 自称カリスマ店員(?)藤本より一言・・・革の種類って?☆★☆
革といっても種類は様々。いったいどんな物があるかというと・・・
○合成皮革  織物や不織布などを基布にして表面にポリウレタンやポリ塩化ビニールなどの合成樹脂を塗布し、天然皮革に似せて仕上げた物。
比較的安価で軽く、耐久性、耐水性もあり外観や風合いもビニールレザーよりも革に近い。
ちなみに不織布を基布にポリエステルやナイロンなどの合成繊維とポリウレタン樹脂との三次元構造からなっている物は人工皮革と言いこちらの方が通気性の面で優れています。
写真は合皮の典型例です。皮の風合いを出しつつ自然界にはない色合いが出来るのが良いですね。
ちなみにモデルは東京店のレディース担当三谷さんで〜す。
  • 牛革
     強革で緻密な皮質。動物革の中でも最も使用量が多く、中でもカーフと呼ばれる生後6ヶ月以内の子牛の革はキメも細かくよりしなやか。
  • 豚革
     摩擦に強く傷が付きにくいことが特徴。
    通気性も良く加工がしやすいので型押しやプリントにも多く使われている。牛革に比べると若干重く、固め。
  • 羊革
     薄くなめらかで柔軟性にも優れているがその分、他の革に比べてやや弱め。
    ラムスキンと呼ばれる生後2ヶ月内の子羊のなめし革はとても軽く柔らかで、主に高級な衣類や小物に使用されることが多い。
  • 山羊革
     山羊は革が薄く柔らかながらとても丈夫で形崩れがしにくく、耐摩擦性にも優れています。
■□■ ウールジャケット ■□■
働く女性にとってまさになくてはならないのがウールのジャケット。
襟元などの型くずれを防ぐ為にも着用後にはクリーニングをおすすめします。
でも日頃のちょっとした汚れなどは自宅で簡単に取り除くことができます。
最も汚れやすい襟元や袖周り。汗や皮脂の汚れは中性洗剤をぬるま湯で薄めて布やタオルに浸した後に固く絞ってたたくようににながら落としましょう。

★シーズンオフ→ウールは虫が付きやすいので、クリーニングで虫食いの原因となる汚れを取り除いてから保管します。
ハンガーにかけ不織布のカバーを掛け防虫剤と共に収納しましょう。
この時襟を立てておく事で折り目にほこりがたまるのを防げます。

お気に入りの衣類だからこそ、永く愛用したいもんですよね。
だからこそ大切にしようという心がけや日々のケアをこまめにし、常にきれいな状態で愛用しましょう!

▲バックナンバーに戻る
Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.