リクルートスーツ

››HOME ››Original Collection ››リクルートスーツ

「リクルートスーツ」
リクルートスーツは就職活動の必須アイテム。
就職活動において、これが決まらなきゃ始まらない!といっても過言ではありません。
『リクルートスーツは、やはり紺色がいいの???』
『面接の時はスカートの方が良いって聞いたけど本当?』

学校や就職セミナーでは教えてもらっても、実際自分で用意するとなると
迷うことだらけのリクルートスーツ選びについて、
当店からのアドバイスは次の通りです。どうぞ参考にしてください。


リクルートスーツの基本(服装の心得)は3つ
▼▽▼

 ■□■ 1:面接時いかに印象よくするか? ■□■
   
◆◇(1)清潔感・若々しさをできるだけアピールする ◇◆

面接時の印象はとても大事です。
「あっ、この人うちの会社にほしい!」と瞬時に思ってもらうためには、「知的」「誠実さ」「清潔感」「活動的」などの若くてエネルギッシュな印象を何としてもアピールしたいものです。
一般論として、面接の合否は会場に入ってから着席するまでに決まると言われ、それは面接官がパッと見た瞬間にいだく印象、つまり第一印象は2〜7秒でほぼ決まっているということになります。
もちろん、第一印象だけが合否の判断基準ではありませんし、それだけで全ての本質を見抜かれてしまうわけでもありません。
ですが、このわずかな間に自分を最大限アピールするにこしたことはありませんね。


◆◇(2)身だしなみも大事 ◇◆

筆記試験の出来や自己分析ももちろん大事ですが、企業の担当者や面接官への第一印象を良くする事も同じぐらい大切です。
第一印象をきめる大きな要素、これは言うまでもなく「外見」つまり身だしなみです。
面接本には「清潔で整った服装」とありますが、これらはもちろん必要な条件とはいえもはや誰もが実行している当たり前のことです。
ですから、自分の身体にピッタリ合ったスーツを選ぶことが一番大切なことだと言えます。
それに、スーツがビシッとキマれば自身の気持ちだって引き締まってゆくものです。


 ■□■ 2:スーツの素材はどんなものが良いか? ■□■
   
◆◇(1)スーツの色柄は? ◇◆


リクルートスーツの代表色はブラック紺、グレーです。
以前はリクルートスーツというと圧倒的に紺が多かったですが、ここ数年レディースではブラックが一番人気色です。
   
●ブラック
女性のリクルートは、今や黒が主流です。
黒はシャープでキリッとした印象を与えますのでしっかりとした自分をアピールできます。
また、リクルートスーツは新卒の人だけに限られているわけではありませんが、すっかり大人の女性が学生に混じって黒というのは、返ってしっくりこない場合だってありますよね。
それでしたら、紺やグレーを選ぶ方がとても賢い選択です。

また、柄については無地でなければダメかというと決してそうでもなく、目立たないピンストライプ・ヘリンボーン、その他織り柄入りの物でもOKです。
ちなみにNGの柄はというと、ウインドペーンやグレンチェックなどの大柄なものです。

●紺
紺は日本人の肌色に最も合う色目です。
また、それにプラスして真面目な印象も与えますので、グレーと並んで新卒以外のリクルートには最適な色目です。
ちなみに、紺が人にアピールする色として最適な色だと言うことを証明する良い例が、各国元首のサミット等でのスーツです。
サミット後などで演台に立ってスピーチする人たちは、だいたい紺系のスーツを着ていますね。
これこそまさに、いかに紺色がアピール力のある色かという証明=世間の認識と言えるのです。

●グレー
グレーは知的かつ落ち着いた印象を相手に与えます。
また、グレーには他の色を引き立たせるベーシックカラーでもありますので、リクルートに必須の白のシャツはもちろん、就職してからのカラーシャツとのコーディネート性の点でもgoodです。
ただし、グレーは色目によって印象が大きく左右されてしまう色でもあります。
ライトグレーなどの薄めの色は顔まわりがぼやけて映ってしまいがちなので、なるべくシャープな濃い目を選ぶのがBESTです。




◆◇(2)スーツの素材は? ◇◆

素材としては、やはり着心地の良いウール素材がもっとも適しています。
ウールは保湿性・伸縮性・弾性に富み、手触りが柔らかくしわになりにくいことなどが特徴です。
それに、もしシワがよってしまった場合でも霧吹きを充分かけて一晩ハンガーで吊しておけばたいていのシワはとれてしまうという、驚きの復元力を持ち合わせた一番身近で一番頼りになる素材です。
また、ウール素材でストレッチ性があるものも、動きやすくて皺になりにくいので良いでしょう。


 ■□■ 3:デザインはどんなものが良いか? ■□■
   
リクルートスーツは決して制服ではありませんから、「絶対にこれでなければダメ」という決まりはありませんが、かといって個性的になりすぎるのもNGです。
スーツや服装に関する価値観は、業界・企業・部署・個人によってさまざまで、例えばアパレルやマスコミなどにおいては服装の自由度が高いと言えますが、一般的にリクルートと言えば、やはり標準的なスタイルを守りつつ、自分の印象を相手にいかに良く見せるかということがもっとも重要なポイントとなるのです。

基本はやっぱり、テーラードジャケット&タイトスカートの組み合わせがもっとも主流です。
テーラードスーツは「ハツラツとしていて行動的」な印象を与えるので、これから社会へ飛び立とうとするリクルートの方のやる気に満ちたフレッシュな印象を表すにはまさに最適です。
   
上着
ベーシックなテーラード1つor2つボタンでハツラツとした印象に
出来ればシングルタイプで、ダブルは避けた方が無難
›››ダブルは若い方がすっきりと着こなすのは難しいですし、それに「ダブルは偉い人向け」というイメージがあり、必要以上に貫禄がついてしまいますのでリクルートでは避けた方が良いでしょう。
腰ポケットやボタン、衿などはオーソドックスなタイプで。
着丈はヒップにかかる程度がBEST

ボトム
「リクルートの場合パンツではだめなの?」と迷う方も多いと思いますが、やはり一般的にはタイトスカートが圧倒的に多いです。
でも会社(銀行や会計事務所など)や職種(営業職など)によってはパンツでもOKですし、それこそ就職後はパンツでもまったく問題ないですので、パンツとスカートの両方を持ち合わせて使い分けるという方法も気分が変わって良いと思います。

タイトスカート
バックデザイン・・・中央ベンツ入り
›››動きやすさという点ではスリットでも良いですが、その場合極端に深いスリットや前や横のスリットは、面接で座った時など気になってしまうのでNGです。
スカート丈・・・膝上5cm〜10cm以内
›››面接で座った時に短くなり過ぎないことがチェックポイントです。
立った状態で膝上5cm、座った状態で膝上10cm以内が理想と言えるでしょう。

以上が、リクルートスーツの基本の形ですが、
その他サイズ面でのアドバイスや、金額、ご購入時期等は次の通りです。


 ■□■ 既製品ではなかなかサイズが合わず困る。。。 ■□■
   
人それぞれ体型も違いますし、また猫背だったり肩が下がっていたり....etcと身体の癖も人ぞれぞれです。
既製品の場合は、ジャケットとスカートのセットアップでの販売になるため、気に入ったデザインがあってもサイズが合わず諦めたり、もしくは仕方なく購入後お直しをしたりという方も実は結構多いのではないでしょうか?

そんなサイズ面での心配も当店なら大丈夫!当店では、採寸のプロによる直接採寸を積極的に取り入れておりますので、体型補正も含めお客さまお一人お一人の身体に合わせたスーツをお作りすることが可能なんです。

また、就職後体型が変わってしまったなんて言う場合には、有料になりますがサイズ調整もお受けしておりますので、どうぞお気軽にお申し付け下さい。
よくある例としては。。。リクルートスーツでは真面目さも重視されるためスカート丈は普段履く物に比べて長めなので、就職が決まってから丈を短くするというケースです。


 ■□■ リクルートスーツっていつ頃用意すればいいの? ■□■
   
世間一般のリクルートスーツ商戦は初秋に立ち上がりますが、それでは各種セミナーや面接に間に合わないケースも案外多いです。
説明会〜最終面接までまさに肌身はなさずの就職活動必須アイテムなだけに、できれば思い立った時にすぐに購入できれば良いのですが、デパートなどの場合9月後半以降からピークを迎えますのでその時期を逃すとリクルートスーツの種類もぐっと少なくなり、なかなか気に入った物が見つかりにくくなります。
でも、皆さんご安心下さい。当店なら、生地の在庫はシーズン問わずご用意出来ますので、お客さまが必要な時にいつでもご注文いただくことが可能です。
ただし、オーダーのためお仕立て期間として3週間程お時間が掛かりますので、くれぐれもご着用日をご確認の上、期間的に余裕をもってご注文下さいね。

 ■□■ お値段はどれくらい? ■□■
   
お値段については、お選びいただく生地によって違ってきますが、ウール系の無地のタイプで43,000円〜53,000円(税抜)ぐらいが平均価格になります。
当店が提案する生地の品質は上質の物ばかりですし、それに縫製も国内縫製でとてもしっかりしていますので、就職活動だけで捨ててしまうのはもったいないぐらいです。



以上が当店が推奨するリクルートスーツですが、
皆さん参考になりましたでしょうか?

今がまさにリクルートの時期にあたる方はもちろん、
来年から徐々に就職セミナーなどに参加する予定の方も、
是非一度当店スタッフまでご相談下さい。


最後に
はっきり言って皆さんが思っているほど企業側の人は、皆さんのスーツの細部までをしっかりとは見ていません。
ただし、服装とは私はこんな人間ですという情報を相手に与える最大のツールだと言うことはいうまでもなく、面接試験のように短時間で自分をアピールしなければならない場面では、特に外見の印象は大きな影響力を持ちます。
だからこそ、初対面で良い印象を残すためには、その人とスーツなどの装いが全体的に違和感なく調和しているかどうかという事と、爽やかさや清潔感を出す事が大きなポイントになるんです。
そして、最後はやっぱり皆さんの中身です。

Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.