卒・入学スーツ

››HOME ››Original Collection ››卒・入学スーツ

「 卒・入学式用スーツ 」
毎年3月〜4月の卒業&入学式シーズンは、セレモニー用スーツを買い求める
お母様方がたくさんいらっしゃいます。
特に卒・入学式などの大勢のお母様方が揃うセレモニーの場合は
『自分の服装は周りの人と比較して浮いていないか 』
『他の人からどう見られているのか?』


...など人から見られる印象気が凄く気になりますが、このようなセレモニー用のスタイルにはやっぱり華やかさエレガントさ最大のポイントとなります。
 一般的にそのようなシーンではフェミニンなデザインやパステル系の綺麗な色目の洋服が多いですが、皆さんはどのようなことに基準をおいてスーツを購入しているのでしょうか?

『 なかなか他に着ていくような場所もなく、結局1回ポッキリの出番となってしまいそう。。。 』
『 そもそも入学式と卒業式では服装も違ってくるの? 』


 ...このようにいざ用意するとなっても迷うことが多いセレモニースーツですが、当店でもこのようなご注文(ご相談)をされるお客様はとても多いです。
そこで、卒業式・入学式とそれぞれどのような服装が最適か?
当社がおすすめするスーツスタイルを早速ご紹介します。
▼▽▼

 ■□■ 卒業式用スーツと入学式用スーツの違いは? ■□■
   
 レディーススーツのスタイルには、ビジネス用のカチッとしたスーツからお洒落着、お子さんの学校行事用としての女性らしいフェミニンなスーツなど様々ですが、着用するシーンによって生地の素材、色柄、デザインがその場に適したスタイルかどうかが重要です。
比較的時期が近くどちらも学校行事という共通点を持った卒業式用スーツと入学式用スーツ。
近い存在でありながら、意外にもスタイルはそれぞれ違ってきます。
   
◆◇ 卒業式スーツ ◇◆

 卒業式と言うと厳粛なイメージがありますが、やはりスーツの印象も厳かでベーシックなものが好まれます。
色目は濃紺を主流とした落ち着いたカラーが一般的で、お受験スーツのような落ち着いた色目の濃紺やフォーマル感のブラックなど落ち着いた雰囲気のスーツが主流です。

【おすすめ素材】
卒業式は3月初旬〜中旬頃までですので季節的に朝晩はまだヒヤッとする陽気ですから素材は暖かみのあるウールがお勧めです。
その他は、長時間椅子に座ることからシワになりにくいポリエステル混紡も外せない素材の一つです。
また、色目も濃紺・グレー・黒とベーシックカラーの織り柄タイプも(表面変化のある生地)お洒落な雰囲気ですね。



◆◇ 入学式スーツ ◇◆

新しい門出とも言える晴れやかな場では誰もが爽やかで華やかな装いをしたくなるものです。
ということで、色目は春らしいパステル系のピンク、ブルー、オフホワイトなどの明るめのカラーが主流になります。

【おすすめ素材】
 素材も冬場のウールに代わりシルクコットンポリエステル軽い印象の素材が多くなります。
さすがにウールでは少し重くなりがちですので、春から初夏に掛けてお召しいただけるポリエステルを基調とした軽やか素材のサマーツィードや、普段では少々派手な印象になってしまいがちなラメ入りも入学式では華やかさが出てお勧めです。
卒業式から入学式まで日数的には1ヶ月も差はありませんが、やはり暦の上からも3月と4月とでは気温差もずいぶんとありますので、素材も微妙に違ってきますね。

また、卒業式と同様 ハッキリとした織り柄も高級感とお洒落を兼ね備えたスーツになるのでおすすめです。


 。。。とこのように、見た目の雰囲気も使用する素材も卒業式入学式とではこのように違いがありますが、生地に関しては毎シーズンそれぞれのおすすめ素材をご用意していますので、どうぞお気軽にご相談ください。
もちろん、生地はシーズン問わずいつでもご用意できますので、早い時期からのご相談も問題なくOKです。


 ■□■ デザインについて・・・ ■□■
   
◆◇(1)スーツの色柄は? ◇◆

 卒業式と入学式ではそれぞれの印象や使用する生地においてそれぞれ異なりましたが、デザインに関しては基本的に卒・入学式とも共通しています。

セレモニー用スーツの基本的なデザインは、女性らしいエレガント系のシングルラウンドネックのスカートスーツです。
全体的なイメージはお受験スーツに近い部分もありますが、基本的に卒・入学式ではデザインの細かな制約事はなく、エレガントであれば何の問題もありませんので、お好みに応じたアレンジの幅が広がります。

基本デザイン・・・ シングルラウンドネック
ボ タ ン ・・・ ボタンの数も4or5つからお選びいただけますが、ボタンの間隔が狭くなる5つボタンの方がボタンの間からインナーが見えてしまうこともなく胸元が綺麗に収まりますのでお勧めです。

またその他にも、衿のないタイプで前身頃のボタンは全くなしにして更に胸・腰ポケットも付けずカーティガンのように羽織るタイプのジャケットもエレガントでお勧めです。




   
◆◇ 衿付きタイプ ◇◆

衿先を丸くして優しい雰囲気を出すのも良いですし、逆にシャープさを出したいときには衿先を角にしてお仕立てすることも可能です。
首元にはネックレスなどアクセサリーを付けて華やかさを取り入れると良いですね。


◆◇ 衿なしタイプ ◇◆

首周りをすっきりさせたいという方にはこちらのタイプがお勧めです。 3〜4月は時期的に「ちょっと肌寒いかな?」という日もありますのでそのような日にはスカーフを巻けば、寒さ対策&スーツのアクセントにもなってgoodです。








胸ポケット・・・
すっきりとした印象にはポケットなしがお勧めです。

 ←← またアレンジという点では、画像のスーツのようにフタ付きのポケットを左右に付けるのもアクセントになって良いと思います。
胸にポケットを付けた分腰ポケットはあえて付けず、着丈をショート丈にしたシャネルスーツ風でセレブな印象です。


腰ポケット・・・
すっきりとした印象にはポケットなしが一番です。
でも、ハンカチなどちょっとした物を入れたいという時には、フタなしのポケットを付けると見た目にすっきりするだけではなくシルエットにも影響がなくて良いです。
ちなみに、画像のスーツは胸ポケットはなしで腰ポケットはフタなしタイプのデザインですが、プリンセスラインが入っているためバストからウエストにかけてのライン(くびれ)が綺麗に出ていますね。
 

着丈・・・
フェミニンな印象のスーツでは着丈をショート丈(ミドルヒップくらい)にする方が全体のバランスがよく腰周りがすっきりと見えて良いです。

上述の通り、デザインについては基本的にはラウンドネックがお勧めですが、エレガント路線のバリエーションとして←左の写真のようなちょっと変わったテーラードスーツもご用意しています。

もともとテーラードスーツはどんなシーンにも着用可能な万能スタイルですので、入学式用のようなセレモニースーツはもちろん、ビジネス用としても着回しできます。
 ←↓
画像のスーツは5つボタンということで通常のテーラードと比べVゾーンが狭くなっていますので、衿も細く(5センチ)してみました。
また、5つボタンの特徴としてはVゾーンが狭いためインナーを気にすることなく着用できるのも優れた点です。
テーラードスーツの場合、着用時には必ずインナーにはブラウスorキャミソールなど何を合わせたら良いかしら?と悩んでしまいますが、5つボタンではそのような悩みもなく気軽に着用していただけます。
   
。。。と、このようにデザインに関しては衿の有無やポケットの形なども含め、 有る程度お好みでアレンジを加えることも可能です。
自分の好みでアレンジ出来るのもオーダーならではの醍醐味ですね。


 ■□■ アクセントとして・・・ ■□■
   
アレンジとして比翼ボタンにしたり共布ベルトを付けたりするのもアクセントになって素敵ですね。
色目が紺などの場合は、お受験スーツと差別化させる方法として、スーツと共布で胸元にコサージュを付けるとセレモニー用スーツに早変わりです。

※コサージュを作りたいという方は生地のみ別販売もいたしますので、ご注文の際にお気軽にお申し付け下さい。
ちなみに、用尺は生地巾140センチ以上の場合は10センチもあればOKです。


以上が当社でお勧めする卒業・入学式スーツになりますが、これから先卒入学式用のスーツをお考えの方は是非ご参考にしてみて下さい。


おまけ
 卒業式スーツについて、読者の皆さんの中では『えぇ〜!?私のところの卒業式は違うわ〜』とか『卒業式も入学式同様パ〜と派手にしないと!』という方もいらっしゃるのでは?
と言うのも、ここでご紹介した卒業式スーツは関東圏では一般的なお勧めスタイルとしてご紹介しましたが、どうも関西圏の方は派手な方が多いのか、卒業式でもかなり派手な服装だそうです。
ちなみに大阪店の清水&藤本コンビ曰わく『卒業後の進路は人それぞれだし、それにそもそもお目出度いシーンなわけだからぱ〜と華やかでもいいんじゃない』とコメントしていました。
関西の場合は、スーツの色もパステル系だったりラメが入っていたりと、このように女性の服装は地域性によっても大きく違うものなんですね。

Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.