ビジネススーツ

››HOME ››Original Collection ››ビジネススーツ

「スタイルあれこれ ビジネススタイル」
働く女性にとって、スーツは仕事服の基本です。
しかしながら、通勤スタイルがカジュアルになっている今では仕事服の存在は社風や立場で
大きく異なってきています。
事務職&営業職 クリエイティブ 例えば、会社には制服があるのでスーツはまったく着ないという方、あるいはアパレル業界や飲食店勤務などでジーンズなど比較的カジュアルな装いでもOKな方など、ビジネススタイルは本当に様々です。
このような環境の中で働く人達にとってみれば、スーツはさほど重要なアイテムではないかも知れません。
ですが、やはりここぞという時にはジャケットやスーツのようなカチッとした装いが必要になりますので、比較的服装の自由度が高い業種の方もスーツ(ジャケット)の2〜3着は常に用意しておくにこしたことはありません。

ただし、一口にカチッとした格好と言っても、女性の場合は男性のスーツスタイルと比べて比較的スーツの自由度が高く、コレといったビジネススタイルが存在するわけでもありませんね。
だからこそ女性のワークファッションはデザインや色・柄も多種多様で、選べる選択肢が多い分日常のスーツ選びもなかなか大変だと言えるのです。

『通勤やオフィス内ではみんなどういう格好をしてるの〜??』
『どうせ仕事用だからと、つい無難なスタイルに走ってしまいがち...』
なんてお困りの方は、基本的にはこれから説明するようなカテゴリーに沿ってスーツを選べば良いでしょう。

 ■□■ 事務職&営業職の方 ■□■
 
◆◇スーツに求めるもの ◇◆

 オフィス内での業務が中心な方も、外回りの営業が主な方も基本的には比較的カチッとした服装が必要になってきます。
服装の規制自体こそはなくてもやはり一社会人としてだらしない格好はダメ!
緊張感を欠くスタイルは仕事にも支障をきたすのは当たり前ですもの。
もちろん、そんなに堅苦しく考えるほどでもなく、色柄などは季節感があれば基本的に何でもOKですが、でもあまり派手すぎるものや個性を主張しすぎるものは控えた方が良いです。

 例えば、企画・営業などの仕事をしている場合は展示会やセミナーなど人が集まる場に参加することも多いですが、あくまでも主役はクライアントということを意識して過度に目立ちすぎない服装が前提となってきます。

ただし、存在を消しすぎてしまっては次のビジネスにも繋がらず、この辺りのさじ加減は非常に微妙ですが、自分を素敵に魅せる効果もまたスーツ姿には必要なのです。

その点で言えば、カッチリ感と女性らしさを兼ね備えたテーラードスーツなんかはまさしく定番中の定番と言えるでしょう。
テーラードスタイルと言っても、女性らしい綺麗なシルエットの1ボタン〜カッチリ系の3ボタンまでバリエーションも豊富ですし、ボトムもパンツorスカートのどちらだってOKです。

画像のスーツは働く女性の姿をモチーフに、カッチリ感と(=テーラード)女性らしさ(=1ボタン&スカート)を取り入れて仕立てた物ですが、時にはこのような女性らしいスーツ姿だってOKなのです。


また、女性の場合素材もウールだけに限らずポリエステルなどの伸縮性や発色性に優れた合成繊維や、コットン・リネン・ツィード・ベルベットなど季節ごとの素材が豊富ですので、決してワンパターン化することもなくスーツスタイルを楽しむことが出来るのです。
画像のスーツはコットン素材にステッチをあしらったものですが、こういったスーツはジャケットとボトムそれぞれのコーディネートという部分でも十分威力を発揮できます。


 ■□■ 専門職の方(コンサルタント・金融・会計士等) ■□■
 
◆◇スーツに求めるもの ◇◆

 これらの職種の方たちにとって言えることは、質の高い仕事をしてクライアントの信頼を得ることがもっとも重要ということです。
その中で外見も誠意の内の一つと捉えスーツはクライアントの信頼を損なわないようにする相手への最低限の心遣いということを基準においている人がほとんどです。

やはり、デザイン的にはカッチリ感と女性らしさを兼ね備えたテーラードスーツが基本ですが、とにかく質にこだわった上質でかつ気品のあるベーシックスタイルがおすすめです。
この点では、上質なウールの物や夏場ならモヘア混、冬場ならカシミヤ混などが良いでしょう。
また、柄も無地よりもどちらかと言えばピンストライプ等の柄物に人気がありますが、マニッシュ感漂うピンストライプの中で特にネイビーはコンサバな印象が強くきちんと感が必須なキャリア女性には活用度が高い色柄と言えるでしょう。

ただし、着こなしによっては真面目すぎてしまうので、インナーには淡いピンクやブルーなどのシャツやボウブラウスなどのデザイン性のあるアイテムを選ぶと良いと思います。

また、これらの職種の方は休日以外毎日がスーツスタイルなので、日々のスーツスタイルもマンネリ化してしまいがちです。
ですので、マンネリ化を回避すべく、シャツの他靴やカバンなどワンポイントでさりげなく個性を主張することを心掛けると良いのではないでしょうか。


 ■□■ 美容業界(理美容・エステ関連) ■□■
 
◆◇スーツに求めるもの ◇◆

 エステを初めとする美容関係のように美に関わる仕事だからこそ、服装には大変気を遣うものです。
自分は何が似合う人間か?また人からはどう見られているか?を常に意識した服装は必須で、常に個性ある着こなしを心掛けているのです。
普段のスーツスタイルを通して自分にとっての仕事観とお洒落感が相手にも伝わっていくものですので、比較的明るめの色のスーツを着ていることが多いです。

いかに自分が綺麗に見えるかが最大のキーワードと言えますね。
ただし、会社の式典など改まった場所では、紺のコンサバなスーツなどを着ることだってあります。
行き着くところは、ビジネスにおいてスーツが人に会う礼儀の1つだとすれば、それはシーンに合ってこそ初めて敬意になるということなのです。

素材はラメ糸使いカラーネップが入ったファンシーツィードやシルク素材、そして色柄も白やモノトーンの他、パステル主体で季節感のあるカラフルな色の物が人気です。
デザインはラウンドネック&タイトスカートのような女性らしくエレガントなタイプが主流です。

個性をどれだけアピールするか、スーツは自分自身を華やげる道具でもあるので、着回しよりも1着でスタイルが完成するデザイン性の高さがもっとも求められます。
女性らしくエレガントで、なおかつ相手に失礼にならない程度にオリジナリティーを持ったスタイルを心掛けると良いでしょう。


 ■□■ クリエイティブ系(出版・広告・グラフィック等) ■□■
 
◆◇スーツに求めるもの ◇◆

 打ち合わせや取材などで大忙しなこの種のお仕事の場合はカッチリ感よりもむしろ活動的なスタイルがもっとも重要視されます。
服装の自由度はかなり高い反面、急なクライアントとの打ち合わせにもきちんと対応できるようジャケットは常に必需品です。

 そして、このような職種の人は、動きやすいジーンズなどのボトムにジャケットをラフに羽織るといった割合カジュアルなスタイルが好まれます。
素材はコットンなどのカジュアル度合いの濃い素材が何かと重宝しておすすめです。
それにデザインも、かなりカジュアルなタイプでもOKです。


 。。。と、このように女性のスーツスタイルを各業種別に分析してみましたが、その業種業種によって着こなし方こそ違いがあっても最終的には『1着のスーツを通して自分のパーソナリティーを表現する』そんな着こなし方が理想です。
自分自身が置かれている仕事の環境や、目指すワークスタイルに合ったスーツを選ぶことも大切ですが、その日の気分や仕事内容などによってある程度自由にコーディネートできるのも、女性ならではの嬉しい特権ですね。
働く姿勢がにじみ出るスーツスタイルだからこそ、皆さんにも自分らしくお洒落に着こなしてもらいたいものです。

Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.