スタイルセレクション

››HOME ››オーダー前の予備知識 ››レディース スタイルセレクション

  スーツには様々なスタイルが存在しますが、レディースの場合大きく分けると、
 「リクルート&フレッシャー」「キャリア」「ミセス
  の3タイプに分類されます。
  そこで、このページではその代表的な3つのカテゴリーを 
  それぞれ解りやすく簡単に検証してみたい思います。

リクルート&フレッシャー

 一般的なリクルート&フレッシャーのイメージとは?

  ○若々しい
  ○ハツラツとして活動的
  ○まじめそう
  ○没個性的

リクルートやフレッシャーの場合は、お洒落すぎても地味すぎてもNG!
若々しくハツラツとした印象や清潔感を保ちながら、控えめでいてどことなくお洒落というイメージがgoodですね。

真面目そうに見えながら女性らしさも忘れない、そんなラインのスーツがBestですが、例えばメンズのカッチリした生地でシルエットの綺麗な女性らしさをアピールしたスーツを着るのも良いですし、動きやすくシワになりにくいストレッチ素材でアクティブに見せるのも良いです。
色柄は紺やグレーの無地か控えめな織り柄が無難ですが、その分裏地には女の子らしくピンクパープルなどの個性を密かに取り入れてみてはいかがでしょうか?

リクルート&フレッシャー向けの色柄は?
黒・紺・グレーのベーシックカラー
無地じゃつまらない人には織り柄の入った生地がおすすめ
柄の場合はピンストライプやオルターネートストライプなどトレンドとシャープさの両方を兼ね備えた柄がおすすめ
   
リクルート&フレッシャー向けのデザインは?
カッチリ感のあるテーラードスーツ
シングルの2or3ボタンのベーシックスタイル
もちろんスカートでもパンツでもOK!

※リクルートスタイルについてはこちらのページで詳しく説明していますのでご覧下さい。


キャリア

 一般的なキャリアのイメージとは?

  ○仕事が出来きて自分なりの主張を持っている
  ○落ち着いた大人の女性の雰囲気
  ○日々のコーディネートは必須
  ○自分に似合う物をしっかりと把握できている(物を見る目も確か)

  比較的スーツの自由度の高いキャリアスタイル。
最近は営業職の女性もとても多くなってきただけに、女性のファッション誌でもっとも取り上げられているのが、「キャリア」のためのスーツスタイルです。
「オフィスや通勤ではもちろん、普段着としても着回したい!」
「人と会う仕事だけに清潔感とお洒落を心掛けたい」
このような様々なリクエストに応えられるよう、当店ではレディース向けの素材をたくさんご用意していますが、例えばこんな風に光沢感が綺麗な生地でテーラードスーツを作るのも周囲のみんなとグッと差が付いて良いと思います。(画像のスーツはシルクシャンタン風の光沢のある生地を使用しました!)


キャリア向けの素材は?
色柄は季節感があれば基本的に何でもOKです。でもあんまり大きな柄や派手すぎる色はNGですね。
リクルートではあまり着なかった、ベージュやブラウン系にもチャレンジ
柄はストライプの他、ウインドペーンや千鳥格子などトレンド性が強く目立つ柄でもOK
素材も基本的には何でもあり!ウールやポリエステルはもちろん、コットンやリネン、ツィードなどの季節感のある素材にもチャレンジ
   
キャリア向けのデザインは?
カッチリ感と女性らしさを兼ね備えたテーラードスーツ
プリンセスライン付きの、女性らしくウエストをギュッと絞ったシルエット
もちろんスカートでもパンツでもどちらでもOK!
ジャケットとボトムそれぞれ単品でのコーディネートも楽しめるよう、デザインにも一工夫

※キャリアスタイルについてはこちらのページで詳しく説明していますのでご覧下さい。


ミセス

 一般的なミセスのイメージとは?

  ○上品でエレガント
  ○高級感溢れるスーツ
  ○落ち着きがあって優しい

  リクルート・キャリア・ミセスの3つのカテゴリーの中で、年齢の幅が一番大きいのがミセスのジャンル!
当然のことながら用途もまちまち、しかも毎日は着ないスーツという見方で考えてみると。。。


ミセス向けの素材は?
ラメ糸使いやカラーネップが入ったツィード
シルク素材
パステル主体で季節感のあるカラフルな色使い
春は淡いサーモンピンク、初夏はさわやかにブルーやホワイト系、秋はベージュやブラウン、冬はモノトーン。。。トレンドに流されず季節感で主張するのが本流です。
   
ミセス向けのデザインは?
やっぱり「シャネルスーツ!」イメージとしては卒入学式を初めとする学校行事です。
デザインはラウンドネック&タイトスカートがエレガントで最適です!
ここぞ!という時のお洒落こそ、一点物のオーダーでバッチリきめましょう!

Copyright(C)2000〜Yoshimura co.,Ltd. All Rights Reserved.